1. TOP
  2. 東京の極上食パン専門店6選|全店舗を食べ比べレポート

東京の極上食パン専門店6選|全店舗を食べ比べレポート


日々の食卓で大活躍する食パン。朝は一枚のトーストから始まる、という方も多いのではないでしょうか。小麦の香るパンは活力の源。今日一日がんばろう!という気にさせてくれますよね。


毎日食べるからこそ、自分好みで美味しい食パンに出会いたい!というあなたに、今回は東京都内の極上食パン専門店を紹介します。

紹介するのは、「あずきを使った高級食パン」「宮家献上食パンにも選ばれたデニッシュ食パン」「行列店の1日に3本しか買えない食パン」「290円で買える絶品食パン」など6選。

全店舗に実際に足を運び食べ比べしましたよ。

蓮理
ナビゲーターは「夢見菓子」オーナー・焼き菓子作家の山本蓮理です。子供の頃から朝ごはんは食パン派でした。

ニコタマダムが注目!1日650本売れる本格派【高級食パン専門店あずき】


まず紹介するのは、二子玉川にある「高級食パン専門店あずき」。2018年7月の開店から様々なメディアに取り上げられている話題のお店です。店名の通り小豆を使った「AZUKI」と、プレーンの「SHIRO」という2種類の食パンが販売されています。


こちらが「AZUKI 1.5斤 850円」「SHIRO 1.5斤 1,200円」。

写真の「AZUKI」はラベルが赤のものと紺のものがありますが、単品で購入すると紺のラベル。「SHIRO」とセットになった「紅白食パン 1,900円」を購入すると赤いラベルのものになります。

蓮理
縁起物の小豆を使ったパンと紅白の組み合わせ。結婚式の引き出物としてもおすすめです。

「AZUKI」の小豆が入っていないバージョンが「SHIRO」なのかと思いきや、生地の配合から違うそうです。王道のプレーンな食パンを作るため試行錯誤して作られた「SHIRO」。「AZUKI」は生地に甘味料を使用せず小豆の甘みが際立つのが特徴ですが、「SHIRO」は生地自体にほのかな甘みがあります。

店内には「1枚入り」「2枚入り」「3枚入り」で販売されているものもありました。味見用かな?と思っていたのですが、これにはいくつかの深い理由が。

  • 本格的なパン切りナイフを持っていない一人暮らしの方にも綺麗なスライスで食べてほしい
  • 家族で食べると綺麗に切れなかった部分をママが食べることになりがちなので全部綺麗なスライスで提供したい
  • 近隣に住む一人暮らしのお年寄りの方にも毎日できたてを食べてほしい

細かい心配りからこのような販売方法が生まれたのですね。もちろん1.5斤のものをお店でスライスしてもらうこともできます。その場合、「耳を残して6枚切り」にするのがお店のおすすめです。

特別に見せていただいた製造室の中。焼きたての食パンが次々と並んでいきます。

「AZUKI」の食パンは卵を使わず、手間暇かけた独自の製法で作られます。小麦粉はあずきとの相性を追求した独自のブレンドを使用。さらにヨーグルトでパンの柔らかさを演出し、マスカルポーネで天然の甘みと上品なコク、もっちり食感をプラスしています。


こちらが焼く前の「AZUKI」の生地。小豆は北海道産の小粒のものを厳選し、邪魔にならない食感を実現。食べたときにちょうど良い甘味に炊いてあります。


焼きあがった「AZUKI」を実食しました。購入した初日は、生で味わうのが絶対おすすめ!「あんぱん」ではなく「小豆を使った食パン」は、初めて食べたかも。

写真で見ると小豆の量が少ないと思うかもしれませんが、食べてみると分かります。これが小豆の甘みとパンの絶妙なバランスを実現する量なのです。朝食として、卵料理と一緒に食べても違和感のない甘さ。そして驚きなのが、全く口が乾かないこと!

蓮理
丸々一枚、飲み物なしで食べることができます。

この「AZUKI」は、はちみつを使用していないため離乳食としても安心して食べさせることができます。何もつけなくてもおいしいので、小さなお子様にも。バターやジャムなどは油や糖分が気になりますが、小豆は健康食品なので安心です。本当に子供から大人までおいしく食べられる、うれしい食パンです。


2日目はバタートーストでいただきました。バターを塗っても重くなりすぎない、ふんわり軽い生地。バターを殺さず、うまく調和する小豆の甘みが食欲を掻き立てて、何枚でも食べられそうです。厚めに切って、パリっと焼けた表面と中のふわふわ感の食感の違いを楽しみながら食べるのがおすすめ。

3日目以降は冷凍保存しておき、トーストするとおいしく召し上がれます。家族全員が朝から笑顔になる食パンです。

《高級食パン専門店あずき 二子玉川店》
営業時間:10:00 ~ 20:00 (日曜日のみ19:00まで)
定休日:無休(正月三が日のみ)
電話番号03-6431-0302
住所:東京都世田谷区玉川3-9-3 ストリーム タマガワ1階B号室 ⇒Google map
アクセス:東急田園都市線・東急大井町線 「二子玉川駅」徒歩2分
公式サイト高級食パン専門店あずき

焼きたてを待つ幸せ【セントル ザ・ベーカリー】

銀座にある「セントル・ザ・ベーカリー」。言わずと知れた名店で、いつ見ても店の前には人だかり。行列の絶えない人気店です。

この日は月曜日でカフェがお休みでしたが、火曜日~日曜日はイートインも可能です。家具と照明がお洒落で、パンに関する本なども置いてあります。イートインメニューは季節の果物を使った高級フルーツサンドやパフェなどがあります。


食パンは3種類。国産小麦の「角食パン 800円」、北米産小麦の角食パン「プルマン 800円」、山型のイギリス食パン「イギリスパン 700円」。いずれも1本は2斤です。

蓮理
平日の15時半過ぎに行ったのですが、「プルマン」と「イギリスパン」は売り切れでした。「イギリスパン」は、一日1回のみ製造され、10時から販売されるそうです。

残る「角食パン」は30分に一度くらい焼きあがるとのことで、次に焼けるのは16時頃。店員さんに「角食パン1本」と伝えると、購入商品・本数・受付番号を書いたカードを渡されました。

ちなみに一日に購入できるのは3本まで。全種類買いたい場合は1本ずつになります。

紙袋からは、まさに焼きたて!!の香りが溢れ出していました。今すぐちぎってこの場で食べてしまいたい。そんな衝動を抑えながら持ち帰ります。本当に焼きたてなので食パンは保存用袋には入っていません。家に帰りつくまでの間、紙袋からは焼きたて食パンの香りがダダ漏れ状態でした。

蓮理
お店をあとにしてから家まで1時間以上かかりましたが、「角食パン」 にはまだまだ温かさが残っていました!


とにかく最初は生のままをいただきましょう。中は溶けそうなくらいふわふわで、何もつけなくてもミルクの風味が口いっぱいに広がります。この生感を味わうために、何度でも人は並んでしまうのだろう…と悟りの境地に佇んでしまうほど、五感のすべてで喜びを感じているのが分かりました。こんなにふわふわなのに、噛むほどに弾力を感じるから不思議です。
そして、外側の耳の部分。カリカリに焼けていて、ぎゅっぎゅっという歯ごたえがたまりません。端の端まで風味が豊かで、小麦のほんのりした甘みを感じます。

蓮理
綺麗にスライスするのも忘れ、無心で食べ続けてしまいました…。

食パンを購入すると、「食パンを美味しくお召し上がりいただくために」という紙が添えられています。初日・翌日に食べる場合は付属のビニール袋に入れて保存、それ以降に食べる場合は一枚ずつラップをし、フリーザーバッグ等に入れて冷凍すること。

指南の通り冷凍した食パン。今度はトーストして、バターとジャムをのせていただきました。バターの塩気といちごジャムのとろりとした甘みという禁断のコラボレーション。強い味が最初にきて、少しパンの味が薄れたかな?と思いましたが、さすがセントル・ザ・ベーカリー。噛んでいくと徐々に小麦の味が存在感を増してきたのでした。

《セントル ザ・ベーカリー》
営業時間:パン販売 10:00~19:00 売り切れ次第終了/カフェ 10:00〜20:00
定休日パン販売 無休/カフェ 月曜日
電話番号03-3562-101
住所:東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル 1F ⇒Google map
アクセス:東京メトロ・銀座1丁目駅から徒歩3分
JR有楽町駅から徒歩3分
公式サイトセントル ザ・ベーカリー

こだわりミルクと小麦【俺のBakery&Cafe】


俺の株式会社が運営する「俺のBakery&Cafe」。恵比寿店の登場以降、順調にファンを増やし、新宿店・銀座店などがオープンしています。写真は2018年9月にできたばかりの東銀座歌舞伎座前銀座店です。店舗や時期によって限定食パンがあるので事前のチェックをおすすめします。


定番は「銀座の食パン~香~ 1,000円」「銀座の食パン~夢~ 900円」。トーストのためのイギリスパン「山型の食パン 900円」もあります。当日焼けたものは1個2斤の販売です。前日に焼けたものであれば、1斤サイズでスライスして購入することもできます。

蓮理
「銀座の食パン~香~ 1,000円」と「銀座の食パン~夢~ 900円」はいずれも岩手県「なかほら牧場」の自然放牧牛のミルクを使用。違いは配合されたミルクの量と、使用されている小麦の種類!

「香」はミルクが多めで、国産小麦「キタノカオリ」を使用しています。甘みが強く、ミルクの風味をしっかり味わえるのが特徴。2階のカフェの人気メニュー「厚焼きたまごサンドイッチ」に使用されているのも「香」です。
「夢」は国産小麦「ゆめちから」を使用。すっきりとした甘みで、小麦本来の味を楽しめます。あっさりとしていて、「香」に比べて生地は固めです。


「銀座の食パン~香~」を購入しました。上部の真ん中がへこんでいるのは、ミルクの量が多く柔らかいからです。触ってみてもこれが食パン?と思うような柔らかさ。同梱されている注意書きには「まずは焼かずにそのままお召し上がりください」と書かれていました。


一口食べるとミルクの甘みが口いっぱいに広がります。噛むほどに香ばしい小麦の味が出てきて、最後にバターのマイルドな風味がふわりと登場。焼かなくても、何もつけなくても次々いろんな味が現れて食べ飽きることがありません。内側の柔らかさはもちろん、耳までしっとりとしているのも特徴です。これは生食でしか感じられないおいしさです。


翌々日以降に食べる場合は、スライスしてラップまたはアルミホイルで包んで冷凍すること。予熱設定のできるオーブントースターで半解凍してからお好みの焼き加減で焼くのがお店のおすすめの食べ方です。

蓮理
外だけカリカリ、中はふわふわなままの、理想のトーストが完成!

パンの甘さにバターの塩気が合いそう、いうことでバターをのせていただきます。染み込んだバターがじゅわーっと滲み出て、塩気がパンの甘みを引き立てていました。こんなトーストから一日をはじめたい!


変わり種の「クワトロフォルマッジ 900円」も食べてみました。こちらは1斤で販売されています。

レッドチェダー、グリュイエール、グラナバターノ、ゴルゴンゾーラの4種類のチーズを贅沢に使用。生で食べるとチーズそのものの味を楽しめ、トーストするとチーズがとろけだします。まさにチーズ好きのための食パンでした。

《俺のBakery&Cafe 東銀座歌舞伎座前》
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休
電話番号03-6264-2602
住所:東京都中央区銀座5丁目13-19 デュープレックスタワー5/13 1・2階 ⇒Google map
アクセス:東銀座駅4番出口からすぐ
公式サイト俺のBakery&Cafe 東銀座歌舞伎座前

ファンを増やし続ける老舗の味【ペリカン】


知る人ぞ知る1942年創業の老舗パン屋さん「パンのペリカン」。食パンとロールパンのみの販売という潔さですが、いつも行列が絶えず予約していないと買えないこともあります。


こちらは「1斤 380円」。1斤は正方対に近い形で販売されていることが多いですが、ペリカンの食パンはこの形です。断面が小さめで、厚切りしやすい形。

蓮理
1斤ってこんなに重みがあるものだっけ?と思わず疑ってしまうほど、ずっしりとした重みを感じます。

密度が高く、とてもしっかりした生地なのが手に持った感触で分かります。


切ってみると、中までぎっしり詰まっていました。目が細かいので、手ではなかなかちぎれません。中を触ってみるとしっとり弾力があります。

蓮理
食感は軽く、余分な甘みのないシンプルな味。小麦の香ばしさが深い味わいを醸し出しています。噛んでいくとどんどん甘みが増していくので、とても贅沢な気分!


「パンのペリカン」と同じ国際通り沿いにあるペリカンカフェでは、ペリカンのパンを使ったトーストなどのスペシャルメニューが食べられます。

写真は「炭火焼トースト」単品は320円、ドリンク付きで540円です。普通の食パンよりも小さめですが、厚切りです。提供された時点でバターがのっており、少しずつ溶けていきます。ジャムはお店で数種類のジャムをブレンドして作っているそうで、毎日違う味になっています。

蓮理
ざくり、と音を立てて噛むとさすがの「詰まってる」感じ!これがペリカンの食パンの真骨頂!ギシギシとした歯ごたえをしっかり感じながら食べました。バターが溶け出しているゾーンはパンに染み込んだバターが口の中にじゅわっと広がってきます


こちらも「ペリカンカフェ」の人気メニュー「白いチーズトースト 680円」。「炭火焼トースト」よりも大き目で、普通の食パンサイズ。

表面にたっぷりとのっているのは、とろりとろけるチーズ。モッツァレラ・フロマージュブラン・パルメザンの3種類を使っています。あふれんばかりのチーズが口の中に広がっていく感じがたまりません。こってりとした味を想像するかもしれませんが、モッツァレラがあっさりとしてしつこさがありません。ブラックペッパーのアクセントもきいています。トロトロの内側に比べて耳の部分はカリカリ。味にも食感にも、飽きさせない工夫が光る一品でした。

《パンのペリカン》
営業時間:8:00~17:00 売り切れ次第終了
定休日:日曜日・祭日・特別休業日(夏季・年始)
電話番号03-3841-4686
住所:東京都台東区寿4-7-4 ⇒Google map
アクセス:東京メトロ銀座線田原町駅徒歩3分
都営浅草線浅草駅徒歩5分
公式サイトパンのペリカン

ふわふわ甘い食パンなら【MIYABI】


京都発祥の個性派食パンの店「MIYABI」。神保町店は水道橋からも徒歩圏内です。ここの食パンはなんとデニッシュ食パンです。宮家献上食パンにも選ばれている人気商品です。


店内に入ると、甘い香りが漂っていました。棚には焼きたてのデニッシュ食パンが並びます。お店の看板によると、焼き上がり時間は8時、11時、15時、17時、18時の一日5回。平日の11時頃行ったので、まさに今焼きたてのものを購入することができました。デニッシュ食パンは焼き上げるまでに約11時間かかるとのことで、一日に焼ける本数も限定されています。

店の奥はカフェになっており、トーストの他メインディッシュが選べるトーストセットなどを食べることができます。特製シチューハンバーグやグラタンなど、しっかり食べられる料理もたくさんありました。MIYABIという店名だけあって、ぜんざいや抹茶を使った和のスイーツも充実しています。


焼きたてのデニッシュ食パンを購入!袋から隠しきれないバターの香りが溢れ出しています。袋を触ると温かくて、わくわく感は最高潮。


こちらが定番のデニッシュ食パン「MIYABI 800円」。1本は1.5斤です。

蓮理
我慢しきれずお店を出てすぐに一口食べてしまいました!

パンをちぎるとバターと砂糖の焦げた香りが爆発したように湧きあがります。外側はサクサク。中はしっとりとして、バターの風味が染み出します。甘いのでおやつにもいいですね。


断面はこちら。目が詰まっておらず、空洞があるのがデニッシュ食パンの特徴です。空洞がたくさんあることで、軽い食感を生み出しています。

《CAFE&BAKERY MIYABI 神保町店》
営業時間:7:15~20:00
定休日:年中無休
電話番号03-5212-6286
住所:東京都千代田区西神田2-1-13 ⇒Google map
アクセス:神保町駅・JR水道橋駅から徒歩6分
公式サイトCAFE&BAKERY MIYABI 神保町店

最強の日常使い【食ぱん道 新宿本店】


焼きたて食パン専門店食ぱん道」。高級ではありませんが、日常使いに最適な食パンが販売されています。本店は新宿の外れ、東新宿にあります。


メニューは定番商品の「ぷれーん 290円」、山型食パンの「ぷれーんとっぷ 290円」を始め、こだわりの国産小麦粉を使用した「ゆたか 380円」、全体にレーズンが散りばめられた「れーずん 400円」、北海道産チーズの「ちーずゆたか 520円」など。いずれも1斤で販売されています。店頭でお好みの枚数にスライスしてもらうことも可能です。

外の看板にはパンの焼きあがり時間が書かれていました。

この日は、

9:00・11:00・13:00 ぷれーん、れーずん
10:00・12:00 ゆたか、ちーずゆたか

という焼き上がり予定。一時間おきに焼きたて食パンが並ぶということですね。


「ゆたか」を実食。目がしっかり詰まっている感じがして、食べごたえがあります。甘さは控えめで、ジャムをぬっても食事系の具材に合わせても合いそうです。毎日食べても飽きない、ちょうどいいバランスを体現している食パン。


ピザトーストにしてみました。チーズのなめらかさで、パンのザクザクが際立ちます。子供から大人まで喜ばれること間違いなしの美味しさです。

《食ぱん道 新宿本店》
営業時間:9:00~19:00 売り切れ次第終了
定休日:木曜日
電話番号03-3204-8141
住所:東京都新宿区新宿7-2-3 レザンビル 1F ⇒Google map
アクセス:都営大江戸線・メトロ副都心線の【東新宿】A2番出口から徒歩7分
公式サイト食ぱん道

まとめ


いかがでしたか?食パンブームはますます盛り上がりをみせており、都内にも多様な食パン専門店が生まれています。「生食」できる食パン、変わり種の食パンなど、新しい食パンも日々登場していますね。ぜひ自分好みの食パンを見つけて、毎食ごとに小さな幸せを積み上げていきましょう。

東京のおすすめパン屋さんの記事はこちら!
👉東京のおすすめパン屋さん15選|専門家が100店以上から厳選!

\ SNSでシェアしよう! /

東京ルッチの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京ルッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

山本蓮理

山本蓮理

ミュージシャン、ライター、イベンターなどの側面を持ち、夢見がちなエッセンスを取り込んで独自の焼き菓子を創り出す焼き菓子作家。これまでに「深夜の焼き菓子シリーズ」や「女神からの贈り物クッキー」などの商品を発表している。

「夢見菓子」という焼き菓子屋さんをやってます。お菓子作りの知識を活かして、東京のおすすめスイーツを中心に紹介していきます!

【夢見菓子HP】http://yumemigashi.com/
【Instagram】renlie0410

この人が書いた記事  記事一覧

  • 代官山の高級感あふれるスイーツ7選|大人の手土産におすすめ!

  • 新宿の美味しいパン屋さん14選|パン好きライターが実食レポ!

  • 代官山のパンケーキ6選|唯一無二のアイデアと個性が堪能できるお店

  • 新宿で美味しい日本酒と料理が楽しめるお店6選【はしご酒レポ】

関連記事

  • 赤坂のランチ|全店舗実食して選んだおすすめお昼ごはん10選!

  • 表参道のランチ16選|おしゃれでコスパ抜群のお店【実食レポ】

  • 新宿駅から徒歩60秒の駅近カフェまとめ!

  • 雨でも安心!和牛4種が勢ぞろいした「東京和牛ショー2017」が駒沢公園で開催中!

  • 六本木の暇つぶしスポットを60分・30分・10分と時間毎に完全ナビ!

  • ゆったりとお散歩しながら巡りたい!神楽坂のパン屋さん10選!