代官山はお洒落なスイーツの宝庫。ちょっと背伸びして食べてみたい、高級感あふれるスイーツたちが迎えてくれます。狭い間隔でたくさんのスイーツ店が並んでいるので、一日にたくさん巡ることができるのもうれしいポイント。


今回はフードアナリスト/焼き菓子ブランド「夢見菓子」のオーナーである山本蓮理が代官山のおすすめスイーツを紹介します。代官山には大好きなスイーツ店がたくさんあります。

  • Google Tag
  • Google Tag
  • 本物のフランス菓子が味わえる「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」


    本物のフランス菓子が味わえる「イル・プル。シュル・ラ・セーヌ」。本場フランスで修行し、様々な著書でも知られる弓田亨さんがオーナーシェフを務めています。「日本一おいしいフランス菓子店」という看板に、自信がみなぎっています。


    「代官山FORUM」という建物の中にあり、同じ敷地内にエピスリー(材料店)や製菓教室もあります。フランス菓子のレシピをそのまま日本の材料で作っても本場の味わいにはならないため、日本の材料に合わせたレシピになるよう緻密な改良を重ねているそうです。


    プリンやシュークリームの他、たくさんのケーキがあります。リーフパイをはじめとする焼き菓子も人気で、ワンランク上の手土産におすすめです。  


    購入したお菓子にはこのような表示が。お菓子に貼ってあるシールの色で、一番おいしい食べ方が分かるようになっているのです。お客様の口に入る最後のときまで気を抜かないお店の姿勢を感じます。   
    左側が「タルトゥ・サンチャゴ 365円」、右側が「ガトーバスク 475円」です。

    「タルトゥサンチャゴ」はスペイン産の松の実とマルコナ種のアーモンドを使用したタルトです。生ケーキのようですが、20度以下なら冷蔵しなくても良いとのこと。乾燥してもパサついても10日間は美味しさが失われないそうで、見た目に反して強いお菓子です。アーモンドの素材を最大限生かし、上品な甘みでまとめています。表面のバリバリと心地よい歯ごたえが癖になります。

    「ガトーバスク」はクッキー生地にカスタードクリームを挟んだ焼き菓子。11月~5月の期間限定で食べられる名物商品です。スペイン・カタルーニャ地方、内陸レリダの味わい豊かなアーモンドを自ら輸入して作っているそうです。さっくりとした表面と、しっとりした中心。カスタードのバニラの風味と、香り高いアーモンドが溶け合う大人のケーキです。

    パティスリー イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ
    営業時間:10:30~19:30
    定休日:毎週火曜日、第2・第4水曜日
    電話番号:03-3476-5211
    住所:東京都渋谷区猿楽町17-16 代官山フォーラム2F ⇒Google map
    アクセス:東急東横線「代官山」駅 徒歩8分(代官山駅から477m)
         東急東横線・地下鉄日比谷線「中目黒」駅 徒歩7分
         JR山手線・JR埼京線・地下鉄日比谷線「恵比寿」駅 徒歩17分
         渋谷西口バスターミナル35番乗り場から、東急トランセバス 代官山Tサイト下車
    公式サイトhttp://www.ilpleut.co.jp/boutique/index.html

    チョコレート好きなら「ハイカカオ チョコレートスタンド 代官山店」

     
    2018年5月にオープンした「ハイカカオチョコレートスタンド 代官山店」カカオ豆からチョコレートになるまで同じ場所で一貫して製造した、という意味の「ビーントゥバーチョコレート」を使用したスイーツが食べられます。

     
    ショーケースに並ぶチョコレートスイーツの数々。「ダンデライオン・チョコレート」のシングルオリジンチョコレートを使用し、メニューに合わせてカカオの産地を選定しています。

    上段はイートイン限定メニューの「焼きたてフォンダンショコラ」、「カカオクレームキャラメル」(プリン)など。「チーズケーキチョコラータ」もあります。下段は「チョコカヌレフォンダン」シリーズ。

         
    「チョコカヌレフォンダン」は、カヌレの形のフォンダンショコラ。ミニサイズがかわいくて、ついつい3個買ってしまいました。

      
    左から「ゆず&ジンジャー 220円 」、「抹茶マスカルポーネ 220円」、「ノワゼット 200円」。 

    「ゆず&ジンジャー 」は甘酸っぱい柚子のソースとジンジャー風味のクランブルがトッピング。「抹茶マスカルポーネ 」はほろ苦い抹茶にまろやかなマスカルポーネクリーム、存在感のある黒豆がのっています。「ノワゼット」はイタリア産のヘーゼルナッツを使用したクリームにローストしたヘーゼルナッツがトッピングされています。様々に彩られた濃厚なチョコレートが、口の中で溶けていく感覚がたまりません。

    ハイカカオ チョコレートスタンド 代官山店
    営業時間:11:00-20:00
    定休日:不定休
    電話番号:03-5784-6441
    住所:東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山&NEXT 1F ⇒Google map
    アクセス: 東急東横線「代官山」駅 徒歩1分(代官山駅から140m)
    公式サイトhttp://hicacao.baycrews.co.jp/

     

    アメリカ仕込みのパイ「松之助 N.Y. 東京・代官山店」


    ニューヨークスタイルのカフェ&パティスリー「松之助 N.Y. 東京・代官山店」。アメリカのニューイングランド地方の伝統的なお菓子作りを学んだ平野顕子さんがプロデュースするお店です。


    店内ではパンケーキも食べられます。ケーキはアップルパイが数種類、チェリーやバナナのパイや人気のチーズケーキもありました。日によっておすすめの商品があり、この日は「カスタードアップルパイ」でした。バニラの香り豊かなカスタードとりんごの相性が抜群です。アップルパイに使われるりんごはすべて紅玉だそうです。

      
    こちらは定番の「サワークリームアップルパイ 520円」。りんごのさわやかさにサワークリームの酸味とまろやかさを加えた逸品です。


    さすがアメリカ、豪快かつボリュームもたっぷり。上に大胆にトッピングされたクランブルはシナモンが香ります。サワークリームがジュワッと染みてりんごから滲み出る甘さを引き立てます。一度食べたら忘れられないジューシーなアップルパイでした。

    松之助 N.Y. 東京・代官山店
    営業時間:[月~金]9:00~18:00/[土日祝]9:00~19:00
    定休日:月曜日
    電話番号:03-5728-3868
    住所:東京都渋谷区猿楽町29-9 ヒルサイドテラスD-11 ⇒Google map
    アクセス:東急東横線「代官山駅」正面口 徒歩約4分(代官山駅から306m)
    公式サイトhttp://www.matsunosukepie.com/

    あのレーズンウィッチでお馴染みの「洋菓子 代官山小川軒」


    都内近郊にある4つの小川軒のひとつ「洋菓子 代官山小川軒」。「レーズンウィッチ」は手土産としても有名ですが、代官山のものが最も商品が手に入りづらいと言われています。店内のショーケースには定番商品の「レーズンウィッチ」の他、シュークリームなどの洋菓子も並んでいました。

    View this post on Instagram

    R.S.Fさん(@peko_rsf)がシェアした投稿

    「レーズンウィッチ」は10個入りが1,200円、20個入りが2,400円。バラでの販売はしていません。午前中に売り切れてしまうこともあるそうなので、要予約。みずみずしいレーズンがぎっしりと詰まっていて、ほんのり香るラムが大人の味です。

    洋菓子 代官山小川軒
    営業時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日
    電話番号:03-3463-3660
    住所:東京都渋谷区代官山町10-13 ⇒Google map
    アクセス: 東急東横線「代官山」駅 徒歩5分 ※代官山駅から335m
    公式サイトhttp://daikanyama-ogawaken.com/patisserie.html

    ワインと合う高級パウンドケーキ「エニスモアガーデン」


    パウンドケーキ専門店「エニスモアガーデン」。パウンドケーキというと家庭的で素朴なイメージがありますが、ここのケーキは少し違います。ベーキングパウダーを使用せず、砂糖も三温糖。こだわりの素材を使用し、しっとりなめらかで洗練された深い味わいを実現しています。


    ショーケースに並ぶパウンドケーキ。レギュラーサイズとハーフサイズがあります。包装もかわいらしく高級感があるのでプレゼント向けです。

    View this post on Instagram

    エニスモアガーデンさん(@ennismore_cake)がシェアした投稿

    不動の一番人気がこちらの「チーズ」レギュラーサイズは2,484円、ハーフサイズは1,296円です。
    甘いものが苦手な人にこそ食べてほしい、フランス産の2種類のクリームチーズを使用した本格的な味わい。白ワインやシャンパンとも相性の良いケーキです。

    エニスモアガーデン
    営業時間:10:00-19:00
    定休日:無休
    電話番号:03-5728-4737
    住所:東京都渋谷区代官山町10-10 ⇒Google map
    アクセス: 東急東横線「代官山」駅 徒歩5分(代官山駅から307m)
    公式サイトhttp://www.ennismore.jp/t/

    FLIPPER’S 代官山店


    代官山駅の西口を出てすぐの「FLIPPER’S 代官山店」

    View this post on Instagram

    mayuさん(@mayumorry)がシェアした投稿

    こちらはパンケーキで人気のお店ですが、新感覚のオリジナルスイーツがテイクアウトできるんです。

     
    それがこちら、「パンケーキパイ」です!「プレーン 300円」、「ショコラ 380円」、「レモンクリームチーズ 380円」の3種類があります。夕方に行くとプレーンとショコラは売り切れ。レモンクリームチーズを手に入れました。


    パンケーキパイは、パイとパンケーキのハイブリッドスイーツ。上からパイ→クリーム→パンケーキ→クリーム→パイの5層になっています。全く違う食感のパイとパンケーキ、レモンの爽やかな酸味を感じるクリームの組み合わせが斬新。かわいいもの好きさんへのプレゼントにも喜ばれること間違いなしです。

    FLIPPER’S 代官山店
    営業時間:11:00~20:00
    定休日:不定休
    電話番号:03-5784-1710
    住所:東京都渋谷区恵比寿西1-35-16 1F ⇒Google map
    アクセス 東急東横線 「代官山駅」徒歩1分(代官山駅から101m)
    公式サイトhttp://flippers-pancake.jp/

    まとめ

    伝統あるスイーツから、最新のスイーツまで。代官山には思わず誰かにプレゼントしたくなるスイーツが揃っています。手土産として購入しつつ、自分へのご褒美にもひとつ。各店こだわりの逸品をぜひ堪能してみてくださいね。

    【関連記事】
    👉代官山のパン屋6選|洗練された都会の洗練されたパンの数々【実食レポ】

    👉代官山のパンケーキ6選|唯一無二のアイデアと個性が堪能できるお店

  • 記事修正リクエスト

    ※「価格が違っている」「閉店している」等、記載内容に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • ISE
  • UZOU
  • PopIn