町中華好きのみなさまこんにちは!町中華に乾杯」のシリーズがやってきました。

「町中華に乾杯」シリーズとは…

味わい深い町中華で、お酒が大好きな筆者(Mr.tsubaking)が「ただただ美味しいものを食べ酔いしれていこうではないか!」というシリーズです。

(シリーズの一覧はこちらからご覧いただけます)

第5回目の舞台となるのは、サラリーマンの聖地といわれる港区新橋。ランチタイムには、近隣オフィスで働く人々が一斉にお昼ご飯を求めて街に繰り出す、ランチ激戦区とも言われています。

ここに、新橋サラリーマンの胃袋を掴んで離さない”予想を裏切る”チャーハンが食べられる町中華があります。

お邪魔したのは、JR新橋駅から徒歩4分の場所にある中華料理店「三陽」です。

今回は、後ろに予定があったためお酒には手を出さず、新橋ワーカーの皆様に混ざって町中華をいただいてきました。

黄色い三角シェードが特徴的な「三陽」

ランチ激戦区の中でも生き残り続けている町中華

中央が三角形に飛び出した、特徴的な形のシェードがお店の目印。いい感じに古びた外観が、歴史を物語っていますね

11時からの通し営業が嬉しい

猫も杓子も正午にランチなんていう時代は今は昔。テレワークや時差通勤なども増え、それぞれに合ったランチの時間とスタイルが広がりつつあります。

近隣では、ランチとディナーの間に休憩時間を設けるお店も多い中、三陽は、11時に開店してディナーまで通し営業。ズレた時間にランチをとる人にも嬉しいですね。

店内には真っ赤なイスが並んで、ノスタルジックな町中華の風情を高めています。

「チャーシューチャーハン」は予想を裏切るビジュアル!

さっそく人気メニューの「チャーシューチャーハン 800円(税込)」を注文。

角切りになったチャーシューがゴロゴロと入ったチャーハンを想像していましたが、完全に裏切られました!

大判のチャーシュー4枚で覆われて、チャーハンが見えないほど。

ほんのりとピンク色が残るくらいのこだわった火の通し具合で、肉は固くなっておらず、絶妙な食べ応え。

このチャーシュー、よくある豚バラではなく、おそらく豚のもも肉か股肉。

脂控えめでサッパリしているうえに、肉質もきめ細やかで口当たりが個人的に好みです。

昔ながらの「しっとり系」チャーハン

チャーハンはというと、最近流行りのパラパラ系というよりは、昔ながらのしっとり系

だけど、口の中でのほどけ具合が心地よく、長年にわたる鍋振りの技術の高さが伺えます

具材は、玉子・ネギ・刻みナルト・グリーンピース。さらに、チャーハンにもチャーシューが入っています!

頂点にのせられているのはメンマと青菜。

味がしっかり染み込んだメンマと、薄めに味付けされた青菜は、要所要所に食べると食感や味に変化をつけてくれます。

チャーハンには中華スープがついてきます。

具はネギだけという至ってシンプルなものですが、毎日大きな寸胴で炊き出す鶏ガラベースのラーメンスープなので、旨みがしっかり詰まっていて、あなどれません!

他メニューも安い!「三陽」は新橋ランチの穴場

他のメニューを見ると、ラーメンが480円!他の地域に比べ少しだけ割高な新橋のランチ事情の中にあって、この安さは白眉!

私が来店したのは平日の11:40頃だったのですが、先客はおひとり。

そのため、注文から5〜6分で出てきました。駅からほんの少しだけ歩くのと、路地にひっそりと建っているので、どこも混み合う新橋で、ランチの穴場とも言える存在です

三陽
営業時間 17:00~21:00
定休日 日祝
電話番号 03-3591-5957
席数 13席
個室 なし
住所 東京都港区新橋2-13-13-4
地図 Googleマップ
アクセス JR新橋駅から徒歩4分
公式サイト なし
▼▼予約&クーポン確認▼▼
食べログ予約

さあ、次回の「町中華に乾杯」シリーズは!?

・・・

東京都の下町、浅草にある”個性的”な麻婆豆腐と”地名にちなんだ”名物ドリンクで乾杯です。
毎週土曜日午前7:00に公開予定です!

 

▼「町中華に乾杯」第一話の記事はこちら

【町中華に乾杯】~vol.1~:サイズ感が完全にバグってる!阿佐ヶ谷「開々亭」へ訪問

▼「町中華に乾杯」シリーズ全話はこちら

「町中華に乾杯シリーズ」

  • 問い合わせ

  • 記事修正リクエスト

    ※「価格が違っている」「閉店している」等、記載内容に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • ISE
  • UZOU