みなさんこんにちは。東京ルッチ編集部のゆかりごはんです。

最近Googleマップで新宿グルメについて調べることが多く、その中で気になりすぎるお店を見つけてしまいました。

その名も「愚羅奈陀(グラナダ)」。ヤンキー用語の“四露死苦”に通ずる何かを感じますね。西新宿にある西洋料理のお店らしいんですが、なんでもハンバーグがめっちゃおいしいんだとか。

さらに口コミを見ていると、独特な内装にも感動する方が多い様子。いや~絶対好きだわこのお店。こんなの行かねば分かるまいて!

というわけで仕事の合間に食べに行ってきちゃいました!

  • Google Tag
  • Google Tag
  • 渋すぎる外観!西新宿五丁目の「愚羅奈陀」

    平日13時頃、お店の最寄り駅である西新宿五丁目にやってきました。目的がないとなかなか来ないエリアですね~。

    駅前にはお店がたくさんありますが、新宿駅周辺とは全く異なる、庶民的で落ち着いた雰囲気。まさに下町です。

    大通りから少し外れると、そこはもう住宅街。人の気配があまりない、本当に静かな地域です。お店はこの辺にあるそうですが、お客さん来るのかな…?

    などと考えながら歩いていたら、ありました。

    しっっっっっっっっっぶ。

    細い階段にくっついている看板が、なんだか頼りなく見えます。

    これ、入るんですか???というか営業していますか???

    階段脇には、とてつもなく年季が入った手作りのメニュー表が。一部は色が薄すぎて、凝視してなんとか読めるレベルです。

    ラインナップはお目当てのハンバーグに、カレーハヤシライスお肉のオイスターソース海鮮(であってる?)のトマト煮ビーフシチューなどなど。ちゃんと洋食屋さんのようです。

    少し急な階段を上がると、すでに独特な雰囲気を放つ入り口で、アンティークな人形がお出迎え。

    「『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』ってゲームで、こんな敵キャラ出てきたな…」なんてくだらないことを考えながら、恐る恐る扉を開けます。

    「いらっしゃいませ」とエプロンを付けたおかみさんが迎え入れてくれました。

    入って驚き!アンティークな素敵空間

    で、ウワサの店内がこちら。

    もはやジブリの世界でしょ!!!

    アンティーク品が壁に、棚に、天井にまで、ところ狭しと飾られています!!

    音楽もかかっていないこれまた静かな店内。ここだけ時が止まっているかのような非日常感を、一人噛み締めました…!!!

    私の他には、サラリーマンの方が一人。やはりハンバーグを食べていました。

    メニューはこちら。水を出していただいたタイミングで、間髪入れずに「煮込みハンバーグ」を注文します。

    金額は全て税込全てのメニューにライスとサラダがついてくるのは嬉しいですね。

    よくよく見るとメニュー表の上部に、“POST CARD”の文字が。この内装だから、きっとどこぞの国の素敵な風景画とかなんだろうな~~などと勝手に期待してめくると、

    そうだ、ここは下町の一角だった。

    全然存じ上げないシンガーさん(ごめんなさい)のライブ告知でした。こういうのにメニューを書いちゃうのも、少し気の抜けた感じがあってほっこりします。

    誰もがこぞって注文する「煮込みハンバーグ」

    注文してから1~2分、「煮込みハンバーグ」が到着しました。爆速過ぎて女将さんの前で「早っ」とか言っちゃいました。反応はありませんでした(そりゃそうよ)。

    「愚羅奈陀」ではこれが普通なんだろうな…。というか人気過ぎて、事前にあらかた準備してあるやつですね、これは。仕事の合間で来たので、このスピード感は嬉しい誤算です!

    煮込まれているのは、こぶし大のハンバーグのほか、大ぶりカットのジャガイモピーマン豚肉です。

    まずはハンバーグを一口!すごく柔らかくて、お口に入れるとトロトロっと消えていきます

    挽肉の粒がほどけていくよう。ジュワッと旨味が広がっておいしい~~!

    甘めのデミグラスソースは、サラサラしているのに濃厚。飲み干した途端に、その存在感がスッと消えていきます。

    少し垂らした生クリームが、贅沢感を感じさせますね。

    これはご飯と合うはず、というかご飯と食べるために生まれてきただろコレ。一緒に食べてみると、やっぱり相性抜群でした!

    よく見たら、隣のお客さんもご飯とデミグラスソースでもぐもぐされています。みんな考えることは同じですね。

    ちなみにごはんは1回おかわり無料。私はそこまで食べる方ではないので、1杯でちょうどよかったです。大食いの方、男性の方なら、2杯は余裕かもしれません。

    パクパク食べ進めている間、女将さんとキッチンにいらっしゃるであろうオーナーさんの「梅雨明けたね~」なんて会話が聞こえてきます。

    素敵なアンティークに囲まれて、他人の日常会話をBGMに食べるランチ。地元でご飯を食べているような錯覚に陥りました。心がデトックスされていくようです。

    およそ15分で完食!デミグラスソースまで完飲!!ごちそうさまでした~。

    ハンバーグだけど重さはなく、程よい満腹感です。

    この後、私と同じく女性が1人で来店されていました。頼んでいたのはやはり「煮込みハンバーグ」。この界隈におけるひとりランチ勢の拠り所なのかな~~なんて、一人でニヤニヤしてしまいました(笑)。

    「愚羅奈陀」のランチでほどよくガス抜きを

    実際に行ってみたら、大当たりでしたよ「愚羅奈陀」!!

    料理の味もさることながら、雰囲気が抜群すぎて入場料を払いたくなるレベルでした(笑)!

    私が行ったときは一人で来店している方が多く、外観の入りづらさに躊躇しなければ、ゆったりと過ごせましたよ。不思議と心が軽くなる、1日の“余白”のようなランチタイムでした。

    あなたも西新宿へ行く機会があれば、「愚羅奈陀」へぜひ行ってみてください!

    愚羅奈陀
    営業時間 11:30-14:00/17:30-23:30
    定休日 日祝
    電話番号 03-3378-1034
    席数 20席
    個室 なし
    住所 東京都新宿区西新宿4-12-15
    地図 Googleマップ
    アクセス 西新宿五丁目駅より徒歩2分
    JR新宿駅西口より徒歩15分
    小田急小田原線新宿駅より徒歩15分
    公式サイト 愚羅奈陀
    ▼▼予約&クーポン確認▼▼
    ぐるなび予約 食べログ予約 ホットペッパー予約

    ゆかりごはん

  • 問い合わせ

  • 記事修正リクエスト

    ※「価格が違っている」「閉店している」等、記載内容に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • ISE
  • UZOU