IMG_6254
東京都町田市にある小動物とのふれあいのできる小さな動物園「まちだリス園」。園面積の約半分を占める「放し飼い広場」、ウサギやモルモットを抱っこできる「ふれあい広場」や野菜を餌やりできる「モルモットスペース」などがある“ふれあい体験スポット”です。

IMG_6291
「友達 作りかた」「友達 できる 場所」とネット検索するのが恒常業務の友達少なめあだちまる子が、まずはけものとフレンズになるべく、触れあい率高めかつ初心者歓迎ムードただよう小さな動物園「まちだリス園」にやってまいりました。

IMG_6348
小動物ジャパリパーク「まちだリス園」のケモナーメソッドを、癒やしの写真とともにIQ溶け気味あだちまる子がご紹介。

  • Google Tag
  • Google Tag
  • 入園

    IMG_6282
    まちだリス園鎌倉街道沿いにあり、小田急町田駅北口21番バス乗り場より「本町田経由野津田車庫行(55系統)」、または「鶴川駅行(53系統)」で約20分「薬師池」下車すると前方右側に見えます。マイカーでの来園の場合は、薬師池公園の駐車場に駐車することができます(平日無料)。

    IMG_6096
    近隣には約500品種4000株の様々なダリアが咲き競う「町田ダリア園」や、新東京百景や東京指定名勝に指定された「薬師池公園」があり、自然と動物に触れあえることができるスポットが周囲一帯に広がっています。

    IMG_6413
    チケットを受け取りリス園に足を踏み入れれば、リスの鼻部分になれる顔ハメパネルがお出迎え。若干の高難易度に友達と奮闘しながら記念撮影した写真を2分割し、それぞれのスマートフォンのホーム画面に設定するみたいなおとぎ話も実現できそうな仕様です。

     IMG_6427
    園内マップが記載されたリーフレットを手に、フレンズ探しへいざ参ろう。

    モルモットスペース&ウサギスペース

    IMG_6233
    園内を進めば見えてくる「モルモットスペース&ウサギスペース」。ここではモルモットやウサギがモフモフ寄り添ったり、駆けずり回ったりしながら、人間がくれるレタスやニンジンを待ちわびています。

    IMG_5811
    売店横で販売されているモルモット&ウサギ用のエサ(100円)を購入し、触れあい準備を整えよう。

    IMG_6404
    購入したエサを手にモルモットのもとへ。見てください、「ニンジンくれ」って気持ちが強すぎるのかモルモットさんのおててがくぱぁしています。この一瞬、この世界にかわいい以外がない。

    IMG_6400
    早速エサを受け渡すと「これだよこれを待ってたんだよおぉ」とモルモットたちが鼻息荒く押し寄せるため、多大な「必要とされてる」感を得ることができます。

    IMG_6401
    奥義その1、レタス真拳「慈恵のダブルハンド」。

    IMG_5957
    この奥義を使用することによって、相手にゴーストバスターズの「マシュマロマン」風ポーズを一定時間付与することができます。

    IMG_6403
    奥義その2、レタス真拳「猫背の真骨頂」。

    IMG_5919
    この超奥義は私生活の堕落さが必要とされるため、修練を積んだ一部の玄人、もしくは堕落素質を持つ者にのみ許されし奥義。習得したあかつきには「なんかめっちゃビョーンって二足立ちして顔面がドーンって近づくやつ」を見ることができます。

    IMG_6258
    リス園内孤高の兎形目、うさぎさんの逆襲。うさぎ真拳「アベックレタス」の究極奥義に筆者眼福ノックアウトで試合終了。

    園内の動物たち

    IMG_6242
    園内にはネズミやリスの仲間たちがたくさんいます。このように説明パネルとともに……って、これ、アニマルガールフレンズ発見したであります!!

    IMG_5985
    まちだリス園のプレーリーちゃんことオグロプレーリードッグは、プレーリー式のごあいさつ熱烈キスの披露はしてくれませんでしたが、眼前で見る勇ましくも愛おしい姿に思わずほっこり。キミは町田リス園のフレンズなんだね!(元ネタ:けものフレンズ)

     IMG_6434
    テンジクネズミ科の最大種「マーラ」(写真左上)や、ペットとしても飼育できる小動物「シマリス」(写真右上)、世界で最も騒々しいといわれる「アカリス」(写真下)などもいます。

    この他にも様々な生物が展示されています。そちらはこの後、順にご紹介。

    ふれあい広場

    IMG_6187
    園内のぬくもり体感率ナンバー1スポット「ふれあい広場」。土日祝の10:30~12:00・13:00~15:30の各時間に開放されており、入場料100円を支払うことで約10分間小動物との蜜月タイムを味わえます。

    IMG_5823
    今日は小さいお子様にも安心なおとなしいモルモットさんを抱っこできるとのこと。

    IMG_6389
    スペース内のベンチに座るとほどなくして職員さんがモルモットを手元に運んでくれます。……にしても人馴れがスゴイ。写真の通り暴れることなくすっぽりと腕の中におさまってくれる優秀ワイフ・ハズバンドです。

    IMG_5974
    「あんた、そんなにモルモットのぬくもり摂取したら今晩母性のおねしょするわよ。」遠い故郷の母の声が聞こえた気がした。そんな母性のおもらし仕様となっております。

    休息タイム【記念写真館・リス園フード】

    名前を“恵”や“愛”に改名しちゃいたいほどの温もりを感じとった筆者。心は洗われ、こりゃまさに女神転生かな?なんてベンチに腰掛け来世に期待していると、目に飛び込んだ一枚の張り紙。

    IMG_5942
    「アイスキャンデー いちご」の文字が食い気をそそる。

    IMG_6080
    ミルク味を手に取るふつつか者をよそ目に、いちご味をGET。(各140円)

    IMG_6051
    レジに向かう途中、目に入ったこねたり焼いたり忙しそうなリスさんのイラスト。思わず胸を打たれ、慈愛の精神を携えた私はこちらの「まちだリス園オリジナルレシピ りすクッキー(130円)」も迷わず購入。

    IMG_6383
    すでに3口ほどかじったあとに写真を撮るあたりに食い意地根性が垣間見えますが、サッパリ甘くてペロッといけた。合計6口くらいで平らげた。

    IMG_6079
    暖かい日差しと湧き上がった母性に頭はポカポカ。きつね色に焼けた「りすクッキー」をまじまじ眺めているうちに筆者は妄想の世界に引き込まれていった。

    ―空は青く澄み、恋人たちは寄り添い動物たちにエサを与える。
    「次ここに来るときは、あの家族のように子供と3人でベンチに座ってリスのクッキー食べたいな〜」
    彼女がそう言うと、彼は彼女の頭に手を添えポンポンと優しく叩いた。
    「今のポンポン、『うん』って返事のつもり〜?もぉ、ケンジったら恥ずかしがり屋なんだから。」
    少し気だるそうに笑いながら立ち上がったケンジは「クッキー買おうか」と言って売店へと向かった。
    ケンジの背中を追いながらリサは思う。
    (本当はケンジの口から“未来のコト”が聞きたいよ…!この空のように私の気持ちも晴れる日はくるの…カナ…?)

    IMG_6359
    「この流れ的には絶対このあとリサの働くネイルサロンの内装工事でイケメン空間デザイナーが現れて心フラつくね。乙女ゲームジャンキーなめんな。」架空の2人の恋の行く末に思い馳せながら1人ベンチに座り、自身の妄想に読者感想文を寄せる私の絵。クッキーはおいしかったです。ここまででこんな私の友達に立候補してくださる慈恵団はいらっしゃいますか?

    IMG_6388
    恋ダンスの練習中みたいなポーズですけど、私さすがに時代の流れとか案外わかってて、これは記念写真館の紹介なんですね。

    IMG_6385
    さっきまでの乙女ゲームストーリー案ちっくな空想なんてなかったかのように、満面の笑みとピースサインでブース内を占拠しましょう。

    IMG_5788
    するとこの通り。人間の体ほどある進撃のリスとのツーショット写真を撮ることができます。通常の撮影の場合は500円でプリント写真を、画像データ付き撮影の場合は700円でプリント写真+画像データのダウンロードができます。リス園の思い出にいかが?

    リス放し飼い広場

    IMG_6273
    さて、そろそろ「ふざけてないでちゃんとレポートしろ」という声が聞こえてきそうな気がしないでもないので、まちだリス園の醍醐味「リス放し飼い広場」をご紹介。

    IMG_6274

    IMG_5840
    と、その前に「リスのエサ(100円)」を忘れずに。この日は休日ということもあり多くの来園者がリスさんの空腹を満たしているので一袋のみ購入しました。ちなみに放し飼い広場内でもエサを購入できます。

    IMG_5812
    放し飼い広場に向かう途中に展示されているアオジタトカゲのマンキンの爬虫類感を味わいつつ、いざリスの園へ。

    IMG_6352
    小高い丘のような外周200mの広場には約200匹のタイワンリス放し飼いされています。私のポーズに関してはこの際スルーでいきましょう。

    IMG_6264
    広場には木の板で作られた可愛らしいハウスがそこかしこに。

    IMG_5800
    中には写真のように「ども!」と顔を覗かせるリスさんがいることも。

    IMG_6342
    貸し出されているミトンを手に装着し、ひまわりの種をスタンバイ。リスさんには是非とも、ひまわりの種を授受したあかつきとして私とお友達になってほしい。

    IMG_6003
    だがしかし、そうは問屋が卸さない。リス召喚の儀が執り行われるレベルでひまわりの種を召し上がってくれない。

    IMG_6129
    広場内のヌシ、ケヅメ陸ガメのジュンコも心なしかエサに夢ちゅ……応援してくれているように見えます。

    IMG_6419
    思いが届いたのか、ついにその瞬間は訪れます。友達No.002リスたん爆誕の瞬間です(No.001はプレーリードッグたん)。

    IMG_6348
    そこからの私の快進撃ったらもうスゴイの。ってな具合であれよあれよと手元のひまわりの種は減っていくばかり。

    IMG_6254
    減っていくひまわりの種と比例するかのごとく、リスさんとの間柄は友達から親友、恋人を飛び越え伴侶と化します。それを証明するかのようなこのベストショットに言葉はいりませんね。

    IMG_6185
    あの頃のツンツンリスたんはどこへやら。

    IMG_6008
    おちゃめな表情まで見せてくれる有り様です。

    IMG_6227
    我が懇願スタイルの成果を自賛し見下ろす丘(広場)の景色は雄大に感じますね。

    IMG_5895
    なんて調子ぶっこき太郎ぶっこき娘でなめてかかってはいけません。紳士に、淑女に。ルールを守って必ずミトンを手に装着してエサやりをしましょうね。

    IMG_6036
    それにしても、癒された。

    お土産

    IMG_6088
    癒やしチャージも完了し、そろそろお帰りのお時間です。先ほど紹介した「りすクッキー」や「アイスキャンディー」が売られているこちらの売店はではお土産も販売しています。

    IMG_6422
    まちだリス園ギフトショップ一番人気ヌイグルミたち。生のモルモットさんやリスさんを帰宅したあとでも回顧させるリアリティと可愛らしさを兼ね備えた愛玩クオリティ。

     

    IMG_5845
    売り物ではありませんが、アカハライモリさんも売店内に展示されていたりします。

    IMG_6418
    パペットを両手に装着すると「パペットマペット」と口にせずにはいられないのが日本人の性。ドスコイ!と大手を振って鎮座する力士ヌイグルミや、リスさんワッペンがポイントのポロシャツも。なんでもござれなギフトショップでどれを選ぶかはセンスと自由です。

    まとめ

     IMG_6336
    動物たちの癒やしと温もり、自然に囲まれた園内。そしてスタッフの人達の明るさと温かさは多くの人たちに約30年のあいだ愛され親しまれています。そんな「まちだリス園」では月ごとに様々なイベントが催されており、訪れる人々を常に楽しませてくれます。都内屈指の歴史ある動物園で筆者同様、小さなフレンズを探しに出かけてみてはいかが?

    名称 町田リス園
    定休日 毎週火曜日(祝日の場合は開園、翌平日休園)
    年末年始、6月・9月・12月/第一火曜日~金曜日(園内整備)
    営業時間 10:00~16:00(4月~9月 日曜・祝日のみ 10:00~17:00) 
    ※入園券の販売は閉園時間の30分前で終了
    入場料 子供(3歳以上小学生)200円/大人(中学生)400円

    【団体割引】
    <20人以上>、65歳以上、障がい者】子供100円/大人300円

    アクセス 小田急町田駅北口(第一踏み切り50m先)21番バス乗り場
    より「本町田経由野津田車庫行(55系統)」、または「鶴川駅行(53系統)」で約20分「薬師池」下車。
    住所 東京都町田市金井町733-1
  • 記事修正リクエスト

    ※「価格が違っている」「閉店している」等、記載内容に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • ISE
  • UZOU
  • PopIn