この季節になると、ますます恋しくなる下町グルメ、もんじゃ焼き。東京の月島と浅草には多くの有名店が軒を連ねています。その中から、今回は浅草のオススメもんじゃ焼き店を紹介!人気の【ひょうたん】や【六文銭】、乃木坂46のドラマのロケ地にもなった【かっぱ祭り】など厳選6店舗です!


浅草通のポンちゃんこと綾部りさちゃんが、ビール片手に小腹を満たしてきましたよ☆

  • Google Tag
  • Google Tag
  • もんじゃの紹介の前に!


    もんじゃ焼き店を紹介の前に、浅草駅の成り立ちから説明しますね。
    浅草駅は、つくばエクスプレスの浅草駅と、都営浅草線・銀座線・東武伊勢崎線の浅草駅という4つの鉄道が通っていて、それぞれが離れた場所にあります。


    銀座線浅草駅。


    つくばエクスプレス浅草駅の構内は、大迫力!


    改札を抜けると、目の前に明治後期の地図が掲げてありました。ワタクシは間違えて、しばらくこの地図を睨んでおりました……。

    これから紹介するもんじゃ焼き店について、「この駅がいちばん近いよ!」情報もあわせて紹介しますね。*実際に歩いた時間と感覚から、少しでも近い方を優先します。

    六文銭本店・六文銭支店 


    浅草に【六文銭本店】【六文銭支店】の2店舗を構え、メディアにもひっぱりだこの繁盛店です。こちらは支店の外観。

    出典:http://www.rokumonsen.co.jp/

    超人気の「牛すじもんじゃ」は、自家製の牛スジがこれでもか!というくらい入って税込856円!

    出典:http://www.rokumonsen.co.jp/profitable/camember.php

    いちばん人気の「カマンベールもんじゃ」(税込1026円)は、タバスコをかけるとイタリアン風でになって2倍楽しめます。

    出典:http://www.rokumonsen.co.jp/

    2つのお店の距離は近いので、満席の時は別の店舗へ行きましょう!

    六文銭本店
    住所:東京都台東区浅草1-16-9 ⇒Googleマップ
    営業日:平日 11:00~22:30、土日祝 11:00~22:30
    定休日:なし
    駅:銀座線浅草駅

    六文銭支店
    住所:東京都台東区浅草1-8-4 ⇒Googleマップ
    営業日:月~金曜日 11:00~22:30、土日祝 11:00~22:30
    定休日:なし
    駅:つくばエクスプレス浅草駅

    祭りばやし


    雷通りを一本入ったところにあるのが、


    【祭ばやし】さんです。


    店内には、芸能人たちのサインと、お祭りにまつわるモチーフがたくさん飾られていました。


    悩んだ末に、浅草らしい名前の「雷もんじゃ」(税込880円)を注文。具材は唐辛子・豚・いか・もち・ねぎです。

    それでは、祭りばやしさんで聞いた「もんじゃの焼き方」のポイントを紹介しましょう。


    1)具を鉄板の上に流し入れ、刻みながら混ぜます。


    2)土手を作り、生地を半分ほど流し込み、生地に火が通ってきたら土手を崩して全部混ぜます。
    3)再び土手を作り、残りの生地を流し込み、おかか・青のりをふりかけます。

    ☆あとちょっとで完成ですよ☆


    4)土手を崩してぐるんぐるん混ぜます。


    5)ヘラを使ってもんじゃの上の部分をスライドさせると、こんな感じで「おこげ」が。←完成!

    食べるのは、スライドさせて出来たおこげの部分。小ヘラを使ってかき集めながら召し上がれ。 最初のおこげを食べつくしたら、再びスライドさせておこげを作って……の繰り返し。


    ハイ、こんな感じでワタクシは、とってもきれいに食べ尽くしてしまいました!

    もんじゃ焼きが焦げず、最後までおいしい状態で食べられました。この作り方&食べ方は、祭ばやしさんがあみ出したのだとか。味は、唐辛子が効いていて、お酒によくあっておいしかった~~。


    ワタクシが注文した電気ブラシ+ラムネ+レモンの「下町サワー」は、お酒が弱くても一杯くらい飲みたいわ~という人にもオススメですよ。アルコール度数4%の甘口のサワーで、祭ばやしさんのオリジナルです。

    祭りばやし
    住所:東京都台東区浅草1-8-4  ⇒Googleマップ
    営業時間:月~金曜日11:30~16:00/18:00~23:30、土・日・祝11:30~23:30
    定休日:第2火曜日
    駅:つくばエクスプレス浅草駅

    江戸もんじゃ ひょうたん

    出典:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13008576/

    続いては浅草のもんじゃ屋さんの中でも一際行列が長い【江戸もんじゃ ひょうたん】。店内はゆったりしているので、家族連れにも人気のお店です。

    K Kawaguchiさん(@hamakn)がシェアした投稿

    写真の特選もんじゃ(1,550円)はゲソ、イカ、海老、明太子にお餅など具材がふんだんに入った一番人気のメニュー!1.5人前でボリュームも満点です。

    NStylesさん(@nstyles)がシェアした投稿

    定番の明太モチチーズもんじゃは1,220円です。

    日中は行列のお店ですが、19時頃に行くと並ばずに入れる事が多いそうです!行列が苦手な方は、閉店間際がオススメ!

    江戸もんじゃ ひょうたん 
    住所:東京都台東区浅草1-37-4 Googleマップ
    営業:11:00~21:00
    定休日:第2・第4火曜(祝日及び8月・年末年始は休みなく営業)
    駅:銀座線浅草駅

    海鮮もんじゃ もすけ


    月島・両国にも店を構えるもんじゃ焼き店。浅草では【海鮮もんじゃ もすけ】と【海鮮もんじゃ えもん】という店名で展開しており、今回は【海鮮もんじゃ もすけ】を紹介します。
    代表の家業が築地で明治4年に創業した水産会社で、毎朝、新鮮な魚介類や野菜を仕入れているとのこと。8種類のダシと素材にこだわったメニューが評判です。
    平日夜のこの日も、店内は満席状態でいっぱいで、並んでいる家族連れの姿が。


    「海鮮スペシャルもんじゃ」(税込1980円)には、エビ・ホタテ・カニ・あさりなど、贅沢な素材がこれでもか!ってくらいてんこ盛りです。看板メニューの「明太子もちもんじゃ」(税込1380円)の明太子も、大きいー!

    海鮮もんじゃ もすけ 
    住所:東京都台東区浅草1-5-1 Googleマップ
    営業:11:302200
    定休日:無休
    駅:銀座線浅草駅

    続いて、西浅草界隈から2店舗を紹介します。


    西浅草は、つくばエクスプレス浅草駅・東京メトロ田原町駅からは、降りてすぐ。
    東京メトロの浅草駅・都営浅草線・東武スカイツリーラインの浅草駅からは、徒歩10~15分ほどの界隈です。


    道具街で有名な合羽橋(かっぱばし)も、この西浅草ですよ。

    かっぱ祭り

    出典:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13058638/

    浅草のもんじゃ焼き店の記事を書いていて、SNSでやけに出てくるな~と思っていた【かっぱ祭り】さん。
    実は、乃木坂46の主演ドラマ『初森ベマーズ』で、ロケ地として使われていたのでした!


    ドラマは2015年のものですが、いまもファンの間では聖地になっているようです。

    この投稿をInstagramで見る

    かっぱ祭り 女将(@kappa_okami)がシェアした投稿

    そして、ドラマ以降お店の名物となった乃木坂焼き。

    店内には乃木坂グッズも沢山飾ってあり、ファンの方も多い店ですよ。

    かっぱ祭り
    住所:東京都台東区西浅草1-3-14 ⇒Googleマップ
    営業時間:月~土曜日17:00~23:00、日・祝17:00~22:30
    定休日:水曜日、第二火曜日*不定期のお休みが多いので要確認
    駅:つくばエクスプレス浅草駅

    浅草もんじゃ七五三


    合羽橋交差点からすぐ、かっぱ橋本通り沿いにある【浅草もんじゃ七五三】。


    メニューを開くと、もんじゃ焼き、お好み焼、鉄板焼をメインにサラダからデザートまでズラリ。


    お店の人にお願いすれば手際よく作ってくれるのですが、自分で作ってもOK。もんじや初心者さんは
    壁に貼ってある作り方を凝視しながらチャレンジしてね。


    看板メニューの「七五三かっぱもんじゃ」(580円)の具材は、だし汁に、桜えび・切いか・
    そば・あげ玉。このように、キャベツを使っていのが、昔ながらのもんじゃ焼きなのです。

    ソースせんべいもセットで付いてくるので、もんじゃをせんべいに乗せて食べるのがツー。


    イマイチもんじゃ焼きの作り方が不慣れなワタクシに変わり、ポンちゃんがすべてひとりで
    作ってくれました。めっちゃ働いていたポンちゃん。感謝!


    【浅草もんじゃ七五三】さんでは、ベースのルーに軽く味がついています。もし味付けなしの
    シンプルなルーがお好みの場合は、お店の人に言ってくださいね。対応してくださいますよ。


    スタンダードな味のもんじゃ焼きは、何回食べても飽きないですねぇ。


    続いて実食したのは「明太もちチーズもんじゃ」(1380円)。主な具材は品名の通りですが、
    うれしいのは、この具材たち。ワクワクするほど大きいじゃありませんかっ!


    明太子が入っているので、仕上がりはかなり赤っぽくなる模様。おもちはすぐに溶けてしまいました。

    もんじゃ焼き屋さんへ行くなら、ビール片手に誰かと「はふはふ」食べたいですよね~。
    ということで、妄想タイムを挿入しましょう。


    「彼女とビールなうに使っていいよ」


    こちらの写真もビールなうに使いたいところでしたが、本題へ戻りましょう。

    ビールはもちろんですが、【浅草もんじゃ七五三】さんを堪能しつくすなら、ぜひお冷を飲んで
    みるべし。すべての料理とお冷やに「天然活水」を使っているので、とっても美味なのです。

    浅草もんじゃ七五三
    住所:東京都台東区西浅草2-23-7 ⇒Googleマップ
    営業時間:11:30~22:30
    定休日:月曜日
    駅:つくばエクスプレス浅草駅

    まとめ


    今回紹介した他にも、浅草には有名なもんじゃ焼き店が軒を連ねています。ただし、週末ともなれば、
    どのお店も予約必須。京都と並んで国際的な観光客地の浅草なは、365日活気にあふれているのでした。
    次の週末、まずは気になるもんじゃ焼き屋さんを予約して、浅草観光してはいかがでしょう?

    《関連記事》

    昼のみならホッピー通りへ!
    👉浅草の昼飲みスポット「ホッピー通り」ではしご酒を楽しんできた!

    浅草には行きたいスポットが沢山!こちらの記事をどうぞ!
    👉絶対に楽しめる!浅草の人気観光スポットまとめ【2019】

    浅草の激うまランチをまとめました!
    👉浅草のランチ15選|実食して探したコスパ抜群の絶品お昼ご飯

  • 記事修正リクエスト

    ※「価格が違っている」「閉店している」等、記載内容に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • ISE
  • UZOU
  • PopIn