みなさんこんにちは。お風呂やサウナが大好きな、ライターの卜沢彩子です。

最近は空前のサウナブーム。毎日のようにメディアやSNSで様々な施設が取り上げられていますよね。

しかし私のような女性のサウナ好きもいるのに、男性専用サウナが多かったり、男女OKであったとしても男性の設備のほうが充実していたり、なにかと差を感じることが多いんですよね。

実は男性が多い施設に女性1人で行くと、居心地が悪いときもあります……。

そんな中、神田に女性にも優しいサウナ施設「サウナラボ神田」ができたと聞きました!なんでも、おしゃれな内装で本場フィンランドの本格サウナを体験できるとか!

女性サウナーなら気になるに決まってる!というわけで、お店で体験させていただきました!

  • 免責

    ※記事内で使用されている写真は、コロナ禍以前に撮影したものも含まれています。

  • Google Tag
  • Google Tag
  • 神田で3店舗目!「サウナラボ」とは?

    「サウナラボ」は、本場フィンランドのサウナを再現した本格派サウナ。女性にも優しいおしゃれなお店として有名です。

    名古屋と福岡に店舗があり、ドラマ「サ道」では名古屋店が取り上げられました。

    サウナラボを運営しているのは、サウナ・カプセルホテル「ウェルビー」を展開する株式会社ウェルビーです。

    オーナーは“サウナ界のゴッドファーザー”とも呼ばれる米田行孝さん。フィンランド式サウナを広めた第一人者とも言われています。

    男性専用サウナのウェルビーはサウナーに大人気で、毎年プロサウナーが選ぶ「サウナシュラン」にサウナラボ含め各施設が入賞しているんですよ。

    これは期待できますね!

    「サウナラボ神田」は神保町駅A9出口から徒歩3分4月にオープンしたばかりの文化複合施設「神田ポートビル」の中にあります。

    入口から右手に進むと階段が。すぐ下に「サウナラボ神田」の受付がありますよ。

    体験!おしゃれで設備充実のサウナ


    ※クリックすると拡大します

    「サウナラボ神田」のサウナエリアは、女性用エリア「IKEA」男性用エリア「OKE」に分かれており、水曜日には男女が入れ替わります

    1回90分で、完全予約制なので混みすぎなくて安心ですね。

    【女性エリア】
    ◆サウナ
    ・フォレストサウナ
    ・IKEサウナ
    ◆アイスサウナ
    ◆内気浴ゾーン

    【男性エリア】
    ◆サウナ
    ・フォレストサウナ
    ・OKEサウナ
    ・からふろ

    ◆アイスサウナ

    休憩スペースなどのサウナエリア外は、男女兼用です。

    ロッカールーム/アメニティ

    ロッカールームは木のぬくもりを感じられる空間になっていて、フィンランド感満載です。ロッカー前に腰掛けスペースもありますよ。

    ロッカーの中には、ポンチョサウナハットタオルがあります。

    共有スペースではポンチョ着用必須、サウナ内ではお好みでOKです。

    シャワーのときに脱ぎ着しなくて済むので、サウナ内ではポンチョなしがおすすめです!

    洗面台には、ドライヤー・コットン・ブラシ・クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液など各種アメニティが揃っていて、手ぶらで利用できます。

    女性用「IKEエリア」

    女性用サウナには、「フォレストサウナ」「IKEサウナ」の2つのサウナがあります。温度は72℃です。


    写真提供:ゆかい

    「IKEサウナ」は黒の畳張り。薄暗い空間にライトアップされた池が浮かび上がる、幻想的な和風庭園のような部屋です。

    こちらも床が高くなっていて、セルフロウリュできるストーブが2つあります。畳に横になりながらゆっくりと汗を流すことができます。

    サウナとは思えない上品な空間です。

     

    「フォレストサウナ」はベーシックなフィンランドサウナです。座面が高く、サウナストーブが低い位置にあるので、しっかりと暖まることができます。

    桶の中には、水に浸したヴィヒタが!!ヴィヒタは白樺の枝を束ねたもので、本場フィンランドでは2000年前から使われているものです。バスルームやサウナ内で、全身を叩くようにして使用します。

    ヴィヒタが吊るしてある施設はたまに見かけますが、女性が行けるサウナでは少ないのではないでしょうか。

    血行促進、殺菌・保湿作用により、汗をかきやすくなったり、肌の引き締めやハリを保つ効果があるそうです。

    ヴィヒタ初体験!はたくと身体が暖まり、爽やかな香りも漂ってリラックスできます。

    柄杓で水をすくってサウナストーンにかける「セルフロウリュ」ができるのも嬉しいポイント。

    湿度を上げることで汗をかきやすくなり、乾燥も防げるので髪や肌にも◎。漬けてあるヴィヒタの森の香りもさらに広がります。

    サウナで汗をかいたあとはシャワーブースで汗を流します。

    各ブースに、フィンランド発のアメニティ「OSMiA(オスミア)」のシャンプー・コンディショナー・ボディソープがあります。

    使ってみると森の香りに包まれている気分…。使用感も◎

    シャワーは温度調整ができてお湯と水が使えます。シャワーの水は20℃と冷水というほどは冷たくはないので、汗を流したあとは「アイスサウナ」でさらに冷やします

    「アイスサウナ」の重い扉を開けると……真っ白まるで北欧のコテージの外にいる気分です。凄まじい冷気のおかげで、座っている私の姿もご覧の通り。

    写真だと分かりませんが、中には凍ったヴィヒタが吊るしてあり、壁は霜が大量についた小屋のようなデザイン。

    ゴォーという音が、雪国の吹雪の音のように聞こえます。

    アイスサウナは-25℃で、すごく寒いのかと思いきや、緩やかに身体が冷えていく感覚です。

    アイスサウナの外は、やさしい照明やヒーリング音楽の流れる空間になっていて、ここで身体を休めることができます。

    この後のととのい方は穏やか。ふわっとやわらかく身体がほぐれていく感覚です。

    水風呂が苦手な人におすすめですね。

     

    「サウナラボ神田」では、サウナ⇒アイスサウナ⇒休憩を3、4セット程度繰り返すのが目安になっています。

    通路横には無料で飲める冷水があり、切り株の椅子に腰を掛けて休むこともできます。

    女性用エリアにだけある「内気浴スペース」は一人用。膝を曲げれば、なんとか横になれました……!

    腐葉土を使った、本物のハーブが植えられている森の和室のようなスペース。周りを気にせず一人で静かに瞑想し、心身に向き合うことができます。

    男性用「OKE」エリア

    男性用サウナには、「フォレストサウナ」「OKEサウナ」「からふろ」の3つのサウナがあります。「OKEサウナ」「からふろ」は男性限定です。

    サウナ室の温度は、95℃です。


    写真提供:ゆかい

    男性用サウナで一番人気は「OKEサウナ」

    「サウナの三種の神器といえば桶、柄杓、ヴィヒタ。その桶の形のサウナに入るのは、サウナーの憧れなのでは!?」というオーナーの想いから作られたサウナだそうです。もちろんロウリュ可能


    写真提供:ゆかい

    一人用瞑想サウナ「からふろ」。ひと目を気にせずゆっくり瞑想ができるサウナです。

    そのほか、フォレストサウナは女性用と同様、ヴィヒタが使えてロウリュもすることができます。しかも貸切です!

    休憩スペース「ライブラリー」「ヴィヒタマウンテン」

    サウナエリア外は男女共用。こちらはポンチョを着るか、自分の洋服に着替えて利用しましょう。

    「ヴィヒタマウンテン」は休憩スペース。横になって身体を休めることができます。

    横にはヴィヒタが吊るされた椅子のスペースもあります。

    サウナ上がりには「フォレストライブラリー」でゆっくり。大きなテーブルにサウナに関する本が並んでいます。こちらはサウナ利用時間後も、一日利用することができます。

    電源はありませんが、Wi-Fiがあるので軽く作業もできますよ。サウナ後も木に囲まれたおしゃれな空間で、リラックスしながら過ごすごとができます。

    名物は「ウィスキング体験」


    写真提供:ゆかい

    「サウナラボ神田」の名物は「ウィスキング」。「サウナラボ」には、特別ウィスキングプログラムが用意されています。

    ウィスキングとは、白樺やオークなど植物の枝葉を束ねた「ウィスク」を用いて行うリラクゼーショントリートメントです。

    サウナラボでは、基本プランの「サウナリトリート 15,000円(税込)」と、月替りでテーマが変わる「サウナリチュアル 20,000円(税込)」の2つのプランがあります。


    写真提供:ゆかい

    カウンセリングから始まり、フィンランドサウナの中ではちみつやウィスクを使ったトリートメントなど、体質に合わせた施術を行ってくれるそうです。

    今回は残念ながら体験はできませんでしたが、SNSでの評判を見るだけでも、贅沢で神秘的な体験ができそうなのが伝わってきますね!

    予約ページは公式HPSNSで告知されるそうなので、ぜひチェックしてください!

    担当者さんにいろいろ聞いてみた!

    「サウナラボ神田」のスタッフ・石山さんに、お話を伺いました!

    男性用と女性用、それぞれのサウナについて教えて下さい!

    女性用サウナは「IKEサウナ」、男性用サウナは「OKEサウナ」が特徴的ですね。特に「OKEサウナ」は、壁が斜めになっていて少し歪んで見えるのですが、「自分の芯を一本持つ」「見つめ直す」ということもテーマになっています。

    名古屋のサウナラボは、サウナスペースが男女一緒でしたが、今回神田はサウナスペースが男女別なのはなぜですか?

    女性のお客様により安心してご利用いただけるようにです。サウナラボは「女性に開かれたサウナ」というのがコンセプトで、「女性に優しいサウナ」を目指しています。女性スタッフが多く働いており、女性目線での視点を取り入れた施設運営を心掛けています。従来の男性中心のサウナのイメージを一新するような、おしゃれで落ち着ける空間も意識していますね。

    人気のウィスキングも最初は女性限定でしたよね。

    まずは機会の少ない女性のお客様に優先的にご案内したいと思いそうしていましたが、現在は男性の予約も可能です。ウィスキングは名古屋・福岡の「サウナラボ」でも提供しており、これからもたくさんの方に広めていきたいと思っています。

    ウィスキング、受けてみたいです……!どこを見てもおしゃれな空間で、女性の私もすごく安心して過ごせるお店だと思いました!

    予約方法やキャンセルについて

    完全予約制で公式サイトからのみ予約可能。支払い方法はクレジットカード決済予約は当日を含め一週間表示されていて、毎日0時に6日後の予約枠が解放されます

    1回90分制で、90分以上を希望の場合は複数枠予約が必要です。予約時間を超過して来店した場合でも、退館時間は変更されないので注意して下さい。

    キャンセルは予約日時の24時間前までは全額返金、その後は全額キャンセル料として扱われるのでご注意を。

    男女入れ替わりのない平日の月・火・木が予約を取りやすいそうです!

    サウナグッズのショップやキッチンも♬

    B1の「サウナマーケット」は、サウナに入らなくても利用可能。個性豊かなサウナグッズを販売しています!

    芸術的なサウナハットがずらり!インテリアにもなりそうですね。

    これらはリトアニア人のサウナハットアーティスト・ヴィクトリアさんの作品。現在はドイツ在住で、このサウナハットたちもドイツから輸入されているそうです……!

    桶と柄杓もたくさんあります。

    テントサウナのために買っていく方が多いんだとか!

     

    他にもシャワーブースで使用されていたアメニティや、温度計、書籍など様々なサウナ関連グッズが販売されています。

    1Fには「KITCHEN SAUNA」というカフェがあります。

    フィンランドフードや、気仙沼の「アンカーコーヒー」によるサウナコーヒーや、「ほぼ日」のフレッシュジュース「畑deしぼり」など飲み物や軽食を注文することができます。

    サウナハットの販売なども行っていますよ。

    まとめ

    「サウナラボ神田」は、フィンランドの森の中にいるような、他では味わえない感覚が味わえるサウナです。

    人数制限もあり、サウナの中で気兼ねせずに寝転べるところも素晴らしい!アイスサウナによるクールダウンも、水風呂ほど刺激が強くないので、サウナ初心者にもおすすめです。

    都会の真ん中で「北欧の森」をぜひ味わってみて下さい!

    サウナラボ神田
    営業時間 SaunaLab 11:00~21:00(入館受付は10時45分から
    (1F Kitchen SAUNA 11:30-20:00 L.O.19:30)
    定休日 なし
    電話番号
    料金 90分2,700円(税込)
    住所 東京都千代田区神田錦町3丁目9−3 B1F⇒Googleマップ
    アクセス 「神保町駅」A9出口から徒歩3分、東京メトロ東西線「竹橋駅」から徒歩3b2分 神田駅から徒歩15分
    公式サイト サウナラボ神田
    SNS

    Twitter / Instagram

    卜沢彩子

  • 問い合わせ

  • 記事修正リクエスト

    ※「価格が違っている」「閉店している」等、記載内容に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • ISE
  • UZOU