ミュージシャンや芸術家、芸人や俳優など、個性が切磋琢磨し合う「高円寺」

そんな高円寺に2021年、“個性的な鉄板焼き店”がオープンしました。

今回の目的地は個性が強すぎる「鉄板酒場 チヨハチ」です。

  • Google Tag
  • 緊急事態宣言

    ※営業時間が異なる店舗がございます。店舗の感染症対策情報等と合わせ、直接店舗にお問い合わせいただくか、公式サイトでご確認ください。

  • 免責

    ※記事内で使用されている写真は、コロナ禍以前に撮影したものも含まれています。

  • Google Tag
  • 昭和レトロとカッコイイを兼ね備えた「鉄板酒場 チヨハチ」

    お店は高円寺駅の南口から、Pal商店街のアーケードを抜けルック商店街へ入った先に見えてきます。

    大正モダン昭和レトロといった言葉が似合うような、これまでの鉄板焼き店のイメージとは一線を画す外観が印象的です。

    オープンしたばかりなのに老舗感満載で、まるでタイムスリップしてきたかのよう。

    店内に入ると、左手にテーブル席があり、右手にはカウンター席が。

    今回は1人のため、カウンター席でしっぽり飲み。

    スライドショーには JavaScript が必要です。

    カウンター席頭上には、赤青緑と色とりどりに光る仕掛けが施されています!

    透かし彫りの欄間のようになっており、透けた向こう側の色が変わっています。

    店内もどこか懐かしさを漂わせながらもキリッとしたカッコ良さが独特の雰囲気を生んでいます。

    まずは、ドリンクを注文していきましょう!

    オリジナルドリンクが鉄板料理と合う!

    一杯目は「ビアチュー 418円(税込)」

    聞きなれない名前ですがそれもそのはず…

    オーナーの千代田英治さんが「濃いソース味の料理にビールは重すぎる。でもビールのキレのいい苦味も欲しくなるはず」と考案した、オリジナルドリンクなんです!

    チューハイに生ビールの泡で蓋をするというビアチューは、一口目の口当たりはビールなのに、そのあとに流れ込んで来るのはチューハイの軽やかなアルコール感。

    たしかに、ビールと酎ハイの魅力を併せ持ち、鉄板系等のこってりメニューには合いそうです!

    こだわり詰まり過ぎ!「”ビジュアル系”豚平焼き

    そこで注文したのが「豚平焼きチヨハチ流 858円(税込)」

    ふっくらと焼きあがった玉子に、たっぷりのソース&マヨ

    そこに、こぼれ落ちんばかりの山盛りネギたっぷり。色合いも美しくまさに”ビジュアル系”の豚平焼きです!

    食べてみた第一印象はもちろんマヨソースの味ですが、その後にガッツリしたお肉の食感が押し寄せてきました。

    その正体は、中にゴロゴロと入ったチャーシューの塊!

    甘めのタレが染み込み、柔らかいながらも食べ応え抜群です。

    実はこのチャーシュー、豚骨ラーメン じゃぐら」という人気ラーメン店と同じものを使っているんです!

    どちらのお店も千代田さんが経営しているため、このようなコラボが実現できました!

    また、豚平焼きをうまくまとめているのが、大量のネギ!

    京都から直送で仕入れており、ネギ特有の辛味は全くありません!

    シャキシャキの歯ざわりと香り高い風味が特徴的です。

    「こんなにこだわるなら、豚平焼き専門店でいいじゃん」と言いたくなるほど(笑)。

    「ビアチュー」にハマったら”マンモスジョッキ”がお得!

    たくさん飲みたい私やあなたにぴったりなのが「ビアチュー(マンモス) 968円(税込)」

    この巨大さ、お分りいただけますでしょうか!?

    鎮座すると言うべきか、そびえ立つと言うべきか、、

    メガよりもさらに巨大な特別なマンモスジョッキは、持ち上げるだけでも「よいしょ」と言いたくなるほどにたっぷりの量が楽しめます!

    ここで常連の方しか知らない”裏技”を紹介!

    ちなみに、メニューには書かれていませんが、ポッカレモンの追加が無料です!

    酸味が加わってさらにさっぱりとした味わいになり、喉越しも良くなります!

    店員さんに直接お願いすると出してくれますよ!

    ちなみに、この裏技を知っているのは”常連さんとこの記事を読んでくださっている方だけ”

    スピードメニューも普通じゃ終わらせない!

    さっぱり系は「ペペロン枝豆 418円(税込)」がおすすめ!

    茹でた枝豆にペペロンチーノの味付がされていて、ピリッとした絡みとニンニクの風味でさらにお酒が進みます。

    「スピードメニューも普通じゃ終わらせない」という徹底したこだわりが見えてきます。

    レトロなデザインはトイレにも抜かりなし!

    その隙のないこだわりは店内の装飾にも。

    なかでも一度見て欲しいのがトイレです。

    飲食店のレポ記事でトイレを推しているものなんてほとんど見かけませんが、チヨハチはトイレもオススメです!

    この、見たこともない手洗い場!

    どこまでカッコつければ気がすむんだチヨハチ!吐き気がするほどロマンチックだな!(褒め言葉)

    ビアチューと鉄板料理で酔いしれよう!

    いかがだったでしょうか?

    お店に料理にどれも個性が詰まっていました!

    今回はカウンターでしっぽりと楽しみましたが、コロナが落ち着いたらテーブル席で鉄板を囲んでワイワイといただきたいお店です。

    ▼他のメニューはこちらで確認できます!(クリックで拡大できます)

    鉄板酒場 チヨハチ
    営業時間 11:30〜20:00(時短営業中)
    定休日 なし
    電話番号 03-6314-2818
    席数 カウンター10席、テーブル18席
    個室 なし
    住所 東京都杉並区高円寺南3-21-16
    地図 Googleマップ
    アクセス 高円寺駅から徒歩9分
    新高円寺駅から徒歩4分
    公式サイト 鉄板酒場チヨハチ
    ▼▼予約&クーポン確認▼▼
    ぐるなび予約 食べログ予約
  • 問い合わせ

  • 記事修正リクエスト

    ※「価格が違っている」「閉店している」等、記載内容に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • ISE
  • UZOU