1. TOP
  2. 六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」の楽しみ方ナビ!

六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」の楽しみ方ナビ!

 IMG_3566
夜景100選にも選ばれている、東京随一の夜景スポット、六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」。東京の中心に位置し、展望台からは東京タワーや東京スカイツリーなどの首都東京のランドマークはもちろん、天気が良い時はなんと富士山まで見えるのです!

今宵はどんなキレイな夜景に出合えるのか……夜景さながら美しいポンちゃんこと綾部りさちゃんと一緒に行ってきました!夜景だけじゃない、「東京シティビュー」の楽しみ方もご紹介します!

 展望台は六本木ヒルズの中に

IMG_3581
どーんとそびえ立つ六本木ヒルズ。「東京シティビュー」のチケットカウンターは、ミュージアムコーン(展望台・美術館の入り口)のエレベーターを上がった3階(森タワー)にあります。

P1070034
チケットを入手したら、チケットカウンターのある3階から直通エレベーターで52階へ。この辺りからもうドキドキワクワクが止まりません!!

海抜250メートルの屋内展望台

スカイギャラリー

P1070236
高ぶる気持ちをグッと抑えながら、エレベーターで到着したのがココ!海抜250メートルの位置にある屋内展望台の「スカイギャラリー」

P1070048
入り口を入るとすぐに大都会の夜景がお目見えします。ボルテージも一気に上がって、思わず「おお〜〜!」って声が出ちゃいますよ!

P1070199
「東京シティビュー」で一番人気のビューエリアが、東京タワー・お台場方面の景色が望める、この「スカイギャラリー1」東京スカイツリーやレインボーブリッジといったTHE東京なランドマークも見られます。

P1070317
晴れた日には富士山がみえる「スカイギャラリー2」。デートの際はここから座って夜景を楽しむのがオススメです。

P1070319
上から見下ろす大都会の夜景。こんなに煌びやかな街で暮らしてるんだな〜なんて思いながらずーっと眺めていると、だんだん自分がちっぽけに思えてきて……。なんだか浸っちゃってもう大分満足。

いやいや、お楽しみはまだまだこれからなんです!

 

東京タワーと記念撮影!

P1070054
東京タワーを望む場所で、写真を撮ってくれるサービスがあります。その名も「TOKYO SKY SHOT」。

IMG_3570
撮った写真は、こんなおしゃれな写真入りミニカードにしてくれるんです。1組に1枚、無料でプレゼントしてくれるのでとってもお得!写真はプロのカメラマンさんが撮ってくれるので、夜景も顔もしっかりキレイに写ってます。大きなサイズの写真も別途購入もできますよ。

TOKYO SKY SHOT詳細

<52階展望回廊>
営業時間:10:00~20:00  (金・土・祝前日は21:00まで)
料金:1,300円(税込)
サイズ:2L

<屋上スカイデッキ>
営業時間:16:00~20:00※開催は土・日・祝のみ
料金:2,000円(税込)
サイズ:6W

 

イベントが楽しい!

多彩なイベントもたくさん行われています。訪れた時は、「星空のイルミネーション」というイベント(注:現在終了)が開催されていました。プラネタリウムやプロジェクションマッピングを用いてイルミネーションの起源となった星を輝く星を再現し、夜景と合わせて楽しむ、リアルとバーチャルが融合したもの。一部だけご紹介しますね。

映画『君の名は。』とのコラボ

P1070041-2
大ヒット映画『君の名は。』とコラボしたプログラム「星にタッチパネル劇場」。窓にプロジェクションマッピングが映し出され、自分のスマートフォンで夜空の星を操ることができるという参加型プログラム。

 P1070066-2
『君の名は。』をはじめ、新海誠作品のワンシーンが巨大スクリーンに映し出される、ファンにはたまらないプログラムでした!

 

全方位型「空宙プラネタリウム by MEGASTAR」

P1070255
宇宙に降り立ったかのような気分になれる、全方位型「空宙プラネタリウム by MEGASTAR」プラネタリウム・クリエーターの大平貴之さんがプロデュースしています。

P1070268
美しい星空が広がる空間。みなさん座ったり、歩いたりして思いおもいに星を楽しんでいました。

 

宇宙空間を歩く「3D SKY WALK」

P1070298
こちらもプラネタリウム・クリエーターの大平貴之さんによって新開発されたウォークスルー型「3D SKY WALK」。膨大な数の星のきらめきが立体的に浮かび上がる空間は、本当にキレイすぎてうっとり。

P1070303
満点の星が輝く宇宙空間を散歩しているような、不思議な感覚にテンションもMAX!

 「星空のイルミネーション」は終了しましたが、「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」が2017年4月7日(金)から6月25日(日)の期間開催されます。また、毎月第4金曜日は、天文学の専門家の解説を聞きながら夜空を楽しめる「六本木天文クラブ スカイデッキ星空観望会」のイベントが開催されます。詳しくは東京シティービュー公式HPをご覧ください。

海抜270メートルの屋上展望台「スカイデッキ」

「東京シティビュー」の展望台は2階層に分かれていて、今までご紹介してきた屋内展望台のさらに上、なんと屋上に「スカイデッキ」(※別途追加500円が必要。4歳〜中学生は300円)があります。ちなみに、オープンデッキのビル展望台としては日本一の高さと敷地面積を誇るそうですよ。早速行ってみましょう!

P1070070
じゃ〜〜〜ん!!

ここが「スカイデッキ」の入り口です。52階の屋内展望台からは、エレベーターで上がって来られます。息を切らしながら階段を上がる必要もなく、楽々到着しました!

P1070091
屋上は、ヘリポートが設置された、開放的なオープンエアの展望台。遮るものがなく、夜空と夜風をおもいっきり体感できます。普段、ヘリポートエリアは立入禁止ですが、「六本木天文クラブ」の星を楽しむイベントがココで定期的に開催されていて、その時だけは特別に入れるそうです。都会のヘリポートで星空観察なんておしゃれですよね!

P1070117
肝心の眺めは……はい、もちろん絶景です!

東京タワーもこんなにキレイに見えちゃいます。ガラス窓がない分、屋内の時よりも少し近くに感じられましたよ。

P1070159
北東方向には東京スカイツリー

P1070175
北西方向は新宿の高層ビル群の夜景が!

春には、青山霊園や代々木公園、新宿御苑の桜も眼下に眺められるそうです。

P1070147
「はぁ〜〜、本当にキレイ」

いつまでも眺めていたくなるほどの美しさに、大満足でした。

 

オリジナルグッズ

最後はおみやげを買って帰りましょう!52階の屋内展望台の一角に、「東京シティビュースーベニアショップ」というお店があります。「東京シティビュー」のオリジナルグッズはもちろん、東京や六本木ヒルズのおみやげもラインナップ。

IMG_3536
「どれにしようか迷う〜〜!」ってなっちゃうほど、数もバリエーションも豊富!

IMG_3522
こちらはボールペン画クリエイターの佐藤明日香さんが描いた、六本木ヒルズオリジナルパッケージのデコチョコ9個入り864円(税込)。ひと口サイズのチョコの中にはミルククリームが入っています。友だちに配るバラマキ用にもぴったり!

P1070346
トゥインクルスタープレート(S)2376円(税込)。こんなかわいいお皿があったら、毎日お料理したくなっちゃいますよね。

P1070347
宇宙モチーフのハンドメイドアクセサリー。左の2つは、宇宙パズルのペアネックレス2700円(税込)。右は月のワルツネックレス1700円(税込)。

P1070345
東京シティビューから眺められる風景写真がプリントされたトートバッグ4320円(税込)。「TOKYO CITY VIEW」というシリーズで、ほかにもクリアファイルやポストカードなどがありました。

 

お得情報!展望台の入館料で森美術館も入館可能

IMG_3563
「東京シティビュー」のチケットがあれば、同ビル53階にある「森美術館」にも入館ができる事もあります(展覧会会期中のみ)。夜景もアートも同時に楽しめちゃうなんてとってもお得!ただし、全ての展覧会が観られるという訳ではなく、別途料金が発生する場合もあるので、事前に確認をしておくのがオススメです。

 

まとめ

P1070126
今回は夜に訪れたので夜景ルポになりましたが、青空が広がる日中や、街が赤く染まるサンセットタイムの景色も格別です!時間帯や季節によっても景色が変わるので、何度も訪れたい方は、東京シティビュー、スカイデッキ、森美術館を1年間何度でも楽しめるお得な年間パスポート6000円(税込)を購入するのがオススメです。大人のデートや独り静かに夜景に酔いしれたい時はもちろん、県外から東京に来た友人を案内するのにもいいなと思いました。ぜひ、晴れた日を狙って遊びに行ってみてくださいね。

 

名称

東京シティビュー

アクセス

東京メトロ 日比谷線「六本木駅」1C出口より徒歩0分(コンコースにて直結)

都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」3出口より徒歩4分

都営地下鉄 大江戸線「麻布十番駅」7出口より徒歩5分

東京メトロ 南北線「麻布十番駅」4出口より徒歩8分

東京メトロ 千代田線「乃木坂駅」5出口より徒歩10分

入場料

一般:1800円/シニア (65歳以上):1500円/学生 (高・大学生):1200円/子供 (4歳〜中学生):600円

営業時間

平日および休日:10:00-23:00(最終入館 22:30)/金・土・休前日:10:00-25:00(最終入館 24:00)/スカイデッキ:11:00-20:00(最終入館 19:30)

定休日

不定休(※スカイデッキは雨天・濃霧などの天候不良、及び強風により予告なく閉鎖する場合あり)

住所

〒106-6155 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F

地図

\ SNSでシェアしよう! /

東京ルッチの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京ルッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

綾部りさ

綾部りさ

子役から芸能活動を開始し、現在は女優の他、タレントとして自身で主催公演をプロデュースしてます。イベントのMCとしても活動してます。低音ハスキーボイスが特徴で愛称は『ぽんちゃん』です!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 渋谷のオシャレなカフェ!デートにもぴったりなお店10選

  • 東京のハロウィンイベント!絶対行きたい仮装パレード12選【2017】

  • 山手線で一番マイナーな駅「鶯谷」の魅力を探してきた!

  • 十条銀座商店街で食べ歩き!絶対行くべきお店11選!

関連記事

  • TBSの赤坂サカスを隅から隅まで楽しむ方法!

  • お台場のモンスターハンターワールド2016完全ナビ!グッズも紹介

  • NHKスタジオパークを120%楽しむ方法!【完全版】

  • お台場「東京トリックアート迷宮館」で不思議おもしろ写真を撮りまくれ!

  • 無料で楽しめる消防博物館の見どころ完全ナビ!

  • 池袋駅の待ち合わせ場所まとめ!東西南北の出口を全て紹介!