いや〜“和食”って良いですよね〜。(いきなり、しみじみとすみません。。)

ほかほかのご飯に、温かいお味噌汁。
メインの一品に、脇を固める副菜。

栄養バランスもよく、四季折々の海・山の幸が味わえる!

筆者の“日本人に生まれて良かった〜”と思える瞬間ランキングTOP3には確実にランクインします。

今回はそんな和定食を愛する筆者が、本当はあまり人には教えたくない…隠れ家のようなお店をご紹介します。

  • Google Tag
  • 緊急事態宣言

    ※営業時間が異なる店舗がございます。店舗の感染症対策情報等と合わせ、直接店舗にお問い合わせいただくか、公式サイトでご確認ください。

  • 免責

    ※記事内で使用されている写真は、コロナ禍以前に撮影したものも含まれています。

  • Google Tag
  • 全席個室で落ち着く〜。田町「滴屋(しずくや)」

    JR田町駅から徒歩7分の場所にある「おまかせ料理 滴屋(しずくや)」。

    一軒家を改築した趣のあるたたずまいは、まるで老舗旅館のような雰囲気です。

     

    中に入ると、1階はテーブル個室。今回案内していただいた2階にはテーブル席と座敷が広がります。ちなみに全席個室なのも嬉しいところ。

    畳の上に座布団が敷かれる空間。妙に落ち着きを感じるのは、筆者だけでしょうか?

    店内にBGMはなく、その潔さが逆に心地良い◎目指すは第二の我が家”という同店のコンセプトに、見事にマッチしています。

    1,000円のランチメニューを注文!“アジじゃない”なめろう丼が到着

    滴屋のランチタイムは11時30分~14時30分。

    ランチはほとんどのセットが1,000円(一部1,200円メニューもあります)メインに小鉢などのアイテムが数品ついてきます。

    情緒溢れる“和空間”…。きっとお値段もそこそこするのかと思ってましたが、意外とリーズナブル!!

    今回注文したのは「なめろう丼  1,000円(税込)」。待つこと10分ほどで着丼です!

    忙しい方が多いビジネス街・田町に店を構えているからなのか?私が畳の上で足を伸ばして、筆者が足を伸ばし落ち着いていたからなのか?注文~提供までが早い!…と感じました。

    そしてこのなめろう。定番のアジではなく、じつは鮪(マグロ)のなめろうなんです。珍しいですよね?

    メインである丼のほかに、“かしわ天麩羅・小鉢・香物・味噌汁”が付いているのでボリュームも満点♫

    はじめて食べるその味に、胸を膨らませつつ実食スタート!

    ご飯の上にた〜〜〜〜っぷりと盛られたなめろう。ほどよく脂がのっていて、つやつやと光り輝いています。

    筋がないので、鯵(アジ)のなめろうよりも口当たりはなめらかで、とろけるような食感!!よくある表現ですが、歯がなくても食べられる♫

    いや、なんなら飲めます(笑)

    生姜とみその味がきいているので、あえてお醤油はつけずに、提供されたままの味を十分堪能していただきたい…。ご飯がとにかく進んでしまいます。

    ちなみにご飯やおみそ汁はおかわり無料!学生さんの多い地域でもあるし、これはありがたいですよね★

    たっぷりのなめろうだけでも嬉しいのに、いくらも一緒に味わえるなんて…♡♡♡

    幸せの縮図はこの丼の中にびっしり詰まっていました!

    具材を単体で食べるもよし!ごはんと一緒にかき込むもよし!
    色々な楽しみ方ができる丼って、食べているだけで心が踊りますよね♫

    “赤・黄色・緑”と具材のいろどりもキレイで、おなかだけではなく心も同時に満たされます。

    サクッ&ジュワ〜!!お店の名物がサイドメニューで味わえる

    こちら副菜の“かしわ天”。揚げたてなので衣はサクサクじゅんわりとあふれる肉汁はほんのり甘く、これまたご飯が進む!すすむ〜〜〜!!

    サイドメニューなんて立ち位置にいるのはもったいないくらいに美味しい!!

    それもそのはず、このかしわ天は「滴屋」のランチメニューの1つにも採用されてる、名物であり人気商品!

    姉妹店の「一滴八銭屋 新宿本店(“食べログ2020年うどん百名店”選出)で提供されている”大山鶏のかしわ天と同品なのだそう。

    ランチの一部サイドメニューにも付いてくるので、ぜひ味わってみてくださいね★

    人気メニューは即完売!ランチタイムは14時30分まで

    皿をなめたくなるほどにおいしい!”ということからその名がつけられた、なめろう。

    今回その気持ちが痛いくらいに分かる、筆者でした(笑)

    ごちそうさまでした♫♫♫

    ちなみに、滴屋のランチタイムは11時30分~14時30分。筆者は13時前に到着したのですが、すでに「松花堂弁当」「鯛なまめし」「地鶏の照り焼き重」は完売していました。

    とくに、“一番人気”の「松花堂弁当」はあっという間に売り切れてしまうので、開店と同時に到着していないと食べられない可能性大!早めの来店をおすすめします。

    静かな雰囲気で和定食を楽しめる「滴屋」。忙しい合間にとるランチタイムが、“和の心”感じるゆったり空間で、落ち着いたひとときを過ごせそうです。

    滴屋
    営業時間 11:30~14:30
    17:00~22:00
    定休日 土、日、祝日
    電話番号 03-5418-4038
    席数 54席(テーブル38、掘りごたつ8、座敷2)
    個室 あり(2〜20人可)
    全席個室
    住所 東京都港区芝5-12-12
    地図 Googleマップ
    アクセス JR「田町」駅から徒歩7分
    公式サイト 滴屋
    ▼▼予約&クーポン確認▼▼
    ぐるなび予約 食べログ予約 ホットペッパー予約

    まおみ

  • 問い合わせ

  • 記事修正リクエスト

    ※「価格が違っている」「閉店している」等、記載内容に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • ISE
  • UZOU