ライ・チャンがゆく!新宿「台湾佐記麺線&台湾バル888」の麺線に大感激!


こんにちは、東京ルッチ編集部です!

スポーツとグルメが大好きな台湾出身タレント、ライ・チャンがゆく!シリーズグルメ編です。

今回は西新宿にある、台湾佐記麺線&台湾バル888を取材してきました!

ライ・チャン
お店の名前が長くてとても気になっていたお店です!バルなの?麺線専門店なの?わくわくします!

 

台湾佐記麺線&台湾バル888とは?


台湾佐記麺線&台湾バル888は新宿駅西口から徒歩10分ほどの場所にある台湾料理専門店。

ランチタイムは台湾佐紀麺線として台湾の国民食「麺線」を中心としたメニューを販売し、夜になると台湾バル888になり、台湾のお酒を販売する居酒屋へと変わります!

昼と夜で別の顔をもつとてもユニークなお店です!

ライ・チャン
だからお店の名前が長いんですね~!

外観と内観


台湾佐記麺線&台湾バル888は西新宿の路地裏にあります!
こちらの緑色の大きな看板が目印です!


店内はカウンターのみで8席。

店主との距離も近く、1人で来るお客さんも多いのだとか!

台湾にちなんだ装飾もあり台湾をしっかりと楽しめる空間です!

 

メニュー


こちらは佐記麺線のメニューです。
台湾の国民食の麺線がメインのメニューとして販売され、そのほかにも台湾くるくるおにぎりなどのサイドメニューもあります!

パクチー好きの方にはたまらない追っかけパクチーもできますよ!


こちらは台湾バル888のメニュー。

台湾ビールを中心に台湾のお酒やお茶、料理はお酒に合うおつまみからご飯ものまで幅広く販売されています!

 

ライちゃんオススメのメニューを実食!


それではライちゃんの気になるメニューを実食です!

今回はディナータイムにお邪魔したので台湾バル888のメニューから3品実食しました!

ライ・チャン
さっきご飯を食べたばかりなのに麺線をみたらもうお腹ペコペコ…!早く食べたい!

大根餅


まず最初に実食したのが大根餅(530円)

こちらは毎日当日に仕込んで作られるお酒にも合う一品!

大根の存在感が魅力的です!


大根餅が大好きだというライちゃん。

すかさず箸を取り出し大根餅を掴みます。


それなりに大きい大根餅をまさかの一口で頬張るライちゃん。

そのお味は?


ライ・チャン
美味しい〜〜〜!美味しすぎる!これ本当に美味しいので食べてみてくださいー!

と美味しさをあまりに共有したすぎたのか編集部に大根餅を差し出すライちゃん。

その優しさに甘えて一口頂きましたが、モチモチのお餅の中にシャキシャキの大根の食感が楽しくとても美味しいです!

味も染みていてお酒のおつまみにも合いそう!

 

看板メニュー佐記麺線


続いて実食したのがランチタイムにも販売している看板メニューの佐記麺線(写真は大サイズ600円)。

カツオだしがふんわりと香り見るからに美味しそうな一品…!


ちなみに佐記麺線ではウスターソースなどの調味料も一緒に出してくれます!

このウスターソースを大量にかけるのが台湾流なんだとか!


ライ・チャン
麺線は本当に大好きです!どれだけお腹いっぱいでも食べられます!

と言いながらお得意のレンゲを持つライちゃん。麺線は箸ではなくレンゲでいただくのが主流なんです。

既にウスターソースが大量にかかっています。いざ実食です!

ものすっごい幸せそう。

ライ・チャン
美味しすぎるー!とろとろのスープに麺が絡んで最高!モツも一緒に食べたから幸せいっぱい〜♪

と本当に麺線が好きだと伝わる表情で語るライちゃん。

いつも通りお裾分けをしてもらったのですが、とろとろのスープは濃厚ながらもさっぱりとした味わいでウスターソースがものすごく合います。

海鮮の出汁も日本人の味覚に合うようにアサリが使われているとのことで、万人に愛される味だと感じました。

大サイズでもペロリと食べられてしまう美味しさです!

 

魯肉飯


最後に実食したのが台湾料理の中でも日本でかなりの人気を誇る魯肉飯(ルーロー飯:600円)。

しっかりと煮込まれた豚バラが見るからに美味しそうな一品です!


麺線を食べてもまだまだ食欲全開のライちゃん。

最初の一口は絶対くれないのに食べるー?という動きで編集部の食欲を掻き立ててくれます。


そしてやっぱり安定のこのレンゲの角度です。

下手したらレンゲごと食べてしまうんじゃないかという勢いでルーロー飯を口に掻き込むライちゃん。

そのお味はいかがでしょうか?


ビビビッときたかのように感動するライちゃん。

これほどまでに食をエンターテイメントに表現できるライちゃんを尊敬します。

ライ・チャン
豚バラがトロトロ!味もしっかりついててご飯にもタレが染み付いてる!最高です!

編集部もなんとか少し実食させてもらいましたが男性受け抜群に感じました。

備え付けの野菜と豚バラ、そしてご飯で食べると幸福度がとても高いです。

そして台湾バル888のルーロー飯は脂身と赤身のバランスがよく、最後までくどくならずに食べられます。

麺線と共に必ず食べて欲しい一品です!

 

まとめ


新宿にある佐記麺線&台湾バル888はランチタイムは麺線をお腹いっぱい食べられ、夜は1件目からでも、〆の1件にも大満足のバルに変わる超万能な台湾料理店です!

日本の居酒屋ではなかなか食べられないおつまみや料理、そしてお酒を楽しめるので新宿に遊びにきた時にはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

≪佐記麺線&台湾バル888≫

営業時間:佐記麺線  11:30~14:00(L.O.13:50)
台湾バル888  18:00~23:00(L.O.22:30)
営業日台湾佐記麺線 月・水・金
台湾バル888 月・火・木・金・土
アクセス:新宿駅西口から徒歩8分ほど
住所:東京都新宿区西新宿7丁目12−12 sagiya ビル 1 階⇒Googleマップ

※「価格が違っている」「閉店している」等、記載内容の間違いが見つかりましたら『 記事修正リクエスト 』よりご連絡ください。

ライター紹介 ライター一覧

ライ・チャン

ライ・チャン

台湾出身の元テニス選手。17歳までJr.テニスプロとして世界ツアーをまわり活躍。
17歳の時に日本の高校にテニスでスカウトされて来日。大学卒業まではテニス一筋!
その後「台湾と日本の架け橋になりたい!」「もっと台湾を伝えたい!」という思いが強く
日本に残り活動中。趣味はランニング。一人旅。料理。ゴルフの打ちっ放し。
■オフィシャルブログ「LaiChan☆STYLE」
👉https://ameblo.jp/laichan-official
■DMMオンラインサロン「ライ・チャンの千客万ライ!!!」
👉https://lounge.dmm.com/detail/1286/

この人が書いた記事  記事一覧

  • ライ・チャンがゆく!浅草「安心や」で本場さながらの台湾唐揚げを食す!

  • 【随時更新】台湾人タレント、ライ・チャンがコンビニのタピオカドリンクを飲み比べ!

  • ライ・チャンがゆく!駒込「台湾キッチンかのか」の絶品料理に唸りっぱなし!

  • 【番外編】ライ・チャンがゆく!かすみがうらマラソンで10マイルを大完走!

関連記事

  • 新宿・NEWoMan(ニュウマン) のレストラン&カフェ【まとめ】

  • 現在の新国立競技場を激写した!今回は大スクープあり17/7/3

  • 飯田橋・神楽坂のディナー9選|雰囲気も料理も最高のお店【実食レポ】

  • 文房具が自由に使えて楽しい「文房具カフェ」へ行ってきたよ!

  • 新宿駅の改札内・改札外コインロッカー!穴場も必勝法も紹介

  • 新大久保の食べ歩き屋台グルメ7選|韓流雑誌の編集者がオススメ!