仲見世通り-23
浅草「仲見世通り」は「雷門」から「浅草寺」へと続く長さ約250mの名物商店街!通りにはお菓子や工芸品、おみやげ物を取り扱う約90店舗(周辺も含めるともっと!)が軒を連ねています。

今回はそんな下町の活気溢れる浅草『仲見世通り』に行ったときに押さえておきたい、仲見世通り周辺の有名店をご紹介します!(※厳密には仲見世通り沿いではないお店も紹介します)

  • Google Tag
  • Google Tag
  • グルメ

    浅草きびだんご あづま

    仲見世通り-6
    浅草きびだんご あづま」は、江戸時代に実在した門前の「きびだんご」を再現し、実演販売しています。

    なんと多い日には1日で1万本も売れるのだとか!5本330円。

    仲見世通り-7
    夏季は「冷し抹茶」冬季は「甘酒」を味わうことができます。これができ立ての名物「きびだんご」によく合います。

    新仲見世通りには「浅草うまいもん あづま」という系列店もありますよ。

    営業時間:9:00~19:00(無くなり次第終了)
    休業日:年中無休
    場所:雷門から浅草寺の方へ進み一つ目の交差点の左側

    仲見世 杵屋(なかみせ きねや)

    仲見世通り-10
    仲見世 杵屋」は上質の食材を使用した「揚げおかき」「炭火焼せんべい」が有名なお店。

    仲見世通り-11
    「揚げおかき」は有名な宮黄金餅を使用。紅花油入りの特上油で揚げています。

    仲見世通り-12
    アツアツ!サクサクとした食感がたまりません!1カップ300円。

    また「炭火手焼せんべい」魚沼産コシヒカリ等の銘柄米を使用。職人さんが備長炭で一枚一枚、丁寧に焼き上げています。

    営業時間:9:00~18:45
    休業日:年中無休
    場所:雷門から浅草寺へ向かって2つ目の交差点を過ぎて左側

    浅草ちょうちんもなか

    仲見世通り-4
    浅草ちょうちんもなか」は最中の専門店。

    その名の通りちょうちん型の皮お好きなアイスを挟みます。

    仲見世通り-5
    定番の「バニラ・抹茶・あずき・紅いも・黒ごま・きなこ」に加え、季節限定の「マンゴークリーム、ココナッツ」等、様々な種類の味が選べます。1個320円(バニラは300円)。

    営業時間:10:00〜17:30(※イベント日、夏季は延長有り。)
    休業日:不定休
    場所:雷門から浅草寺に向かって進み5つ目の交差点(伝法院通り・浅草柳通りと交差するところ)を過ぎて右側

    木村家本店

    仲見世通り-26
    木村家本店」は、明治元年創業の浅草で最も古い人形焼の名店

    仲見世通り-27
    形は「鳩、提灯、雷様、五重塔」の四種類(4個300円)他に「瓦せんべい」なども販売していますよ。

    営業時間:9:00~18:00
    休業日:年中無休
    場所:仲見世通りの最も浅草寺寄り

    浅草メンチ

    仲見世通り-15
    浅草メンチ」は伝法院通りの有名店。メニューは「浅草メンチ」のみ!

    仲見世通り-24
    ジューシーで肉の旨みが際立つ熱々のメンチカツです!1個200円。

    営業時間:10:00~19:00
    休業日:年中無休
    場所:仲見世通りから伝法院通り(雷門から5つめの交差点左折)に入り少し進んで右側

    浅草花月堂

    仲見世通り-20
    花月堂」は、直径約20cmの「名物ジャンボめろんぱん」が有名なお店。

    浅草寺付近に2店舗あり、上の写真は「雷門店」。本店は以前は「木村家本店」の角を曲がった場所にありましたが、西参道に移転しました。

    仲見世通り-28
    移転した本店。

    仲見世通り-29
    外はサクサク、中はふんわり!

    16時以降は売り切れる場合が多いのでお早めに!

    営業時間:9:00~18:00(ジャンボめろんぱんは無くなり次第終了)
    休業日:年中無休
    場所:雷門から1つ目の交差点(きびだんごあづまがあるところ)を左折して左側

    おみやげ物

    黒田屋本店

    仲見世通り-9
    黒田屋本店」は安政3年(1856年)創業の和紙専門店。
    和紙を使った「便箋」「はがき」「小物」などを取り揃えています。

    営業時間:11:00~19:00
    休業日:月曜日(祝日の場合は翌日)
    場所:雷門のとなり

    荒井文扇堂(あらいぶんせんどう)

    仲見世通り-8
    「荒井文扇堂」歌舞伎役者・落語家御用達の扇専門店。「扇子全般」「うちわ」「祝儀袋」を取り扱っています。

    すべて職人による手作り。種類も豊富です。オーダーメイドも可能

    営業時間:10:30~18:00
    休業日:水曜日・毎月20日過ぎの月曜日
    場所:雷門から浅草寺へ向かって2つ目の交差点を過ぎて左側(上述の「仲見世 杵屋」と隣同士)と、1つ目の交差点を左折してすぐ右側(上写真)

    浅草江戸切子 おじま

    仲見世通り-3
    浅草江戸切子 おじま」は、伝統工芸江戸切子」の職人による専門店。引き出物や贈呈品などの注文制作も可能です。

    営業時間:10:00~18:00
    休業日:年中無休
    場所:仲見世通りから伝法院通り(雷門から5つめの交差点左折)に入りすぐ右側

    おまけ:昔の仲見世通りの写真

    仲見世通り-1
    浅草駅の壁に掲示されている大正時代の仲見世通りの写真です。

    仲見世通り-2
    今は外国人観光客が大半ですが、同じような賑わいが続いてるのはすごいことですね!

    まとめ

    浅草寺周辺は、仲見世通りだけで約90店、他に新仲見世通りや伝法院通りなども含めたら数百ものお店があります。今回紹介した有名店はぜひ押さえてほしいですが、じっくりまわると1日じゃ足りないぐらい楽しむことができますよ!

    仲見世通り-18
    新仲見世通りの「かんざし屋」にてハゲかんざし。

    餃子の王さま-1
    路地裏に回ってコアなお店を発見するのもおすすめです。

    仲見世通りの他にも浅草にはいきたいスポットが沢山!こちらの記事をどうぞ!
    👉絶対に楽しめる!浅草の人気観光スポットまとめ【2019】

  • 記事修正リクエスト

    ※「価格が違っている」「閉店している」等、記載内容に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • ISE
  • UZOU
  • PopIn