1. TOP
  2. 吉祥寺で見つけたおしゃれ雑貨屋さん7選を完全ナビ!

吉祥寺で見つけたおしゃれ雑貨屋さん7選を完全ナビ!

IMG_3294
「住みたい街ランキング」1位の常連”吉祥寺“。おしゃれなカフェや緑溢れる井の頭公園、少し路地を入ればレトロな飲み屋さんが立ち並んでいたりと独自の魅力で人々を惹きつけるこの街には、おしゃれ個性的雑貨屋さんが多数存在することでも有名です。

DSC00319
今回は吉祥寺の雑貨屋さんといえばココ!な人気店から、知る人ぞ知る名店まで目一杯ご紹介。カワイイものが大好きな女の子も、ワクワクしたい男の子もすっぽり魅了させる”宝物探し”の旅へ出発進行。

文房具 36(サブロ)【懐かし文具・吉ぞうさん】

IMG_3241
ユニークな文房具が揃う「文房具 36(サブロ)」。吉祥寺通りの小さなビルの2Fに位置するこちらのお店は、考えごとをしながら歩いていると見逃してしまいそうな店構えですが老舗の超有名店です。

DSC00158
老舗の文房具店と聞くと筆者はどうしても、ねりけしくんのコーラをいつまでたっても取り寄せてくれない近所のシーラカンス的な文房具店を懐古してしまうわけですが、36はご覧の通りシャレオツです。

DSC00174
シャレオツな36にかかればアラビックヤマトもこの通り。

DSC00181
吉祥寺の井の頭自然文化園で飼育されているはな子ちゃんをモチーフに制作された36オリジナル「吉ぞうさん」は大人気商品。吉祥寺非公認のそのゆるさは一度見たら忘れられません。

36チョイスの文具は、筆箱の中に忍ばせたい”ナツカシオシャレ”の宝庫です。

営業時間:12:00~20:00
定休日:火曜日
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目14−16 2F⇒Googleマップ

Cave(ケイブ)【カエルグッズ専門店】

IMG_3270
カエルの緑色を基調とした佇まいが目を惹く「Cave(ケイブ)」。ちなみにこれはババンババンバンバン(アビバノンノン!)のビバノンノン!のときの写真とかじゃないです。

DSC00054
ポップでおしゃれな店内には、世界中から取り揃えたカエルグッズが所狭しとディスプレイされています。

DSC00060
ここでしか手に入らない”かわいいカエル”や”かっこいいカエル”、見ているだけで楽しくなっちゃう”ちょっとおもしろいカエル”たちが「ケロケロッ」とお待ちしています。

DSC00033
雑貨屋さんという枠を超えた”カエルやさんCave”は中道通り、郵便局の横にあります。

営業時間:11:30~20:00
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目26−1⇒Googleマップ

HATTIFNATTの雑貨屋さん~みんなのお店~【オリジナル雑貨】

IMG_3249
吉祥寺という名の森の中にあるイッツアスモールワールドちっくな雑貨屋さん「HATTIFNATTの雑貨屋さん~みんなのお店~」。

DSC00370
店先に置いてある”宝の地図”を手に取り、一歩足を踏み入れればたちまち気分はおとぎ話の主人公。

DSC00336
そんなメルヘンな世界が広がる店内には「みんなのお店」と書いてある通り、沢山の作家さんたちのオリジナル作品が”宝箱”の中にディスプレイされています。

IMG_8136-1
作家さんそれぞれの小さな”宝箱”の中には、全女子のハートをギュッと掴んで離さない”ゆめかわ”な世界が広がっています。

営業時間:11:00〜19:00
定休日:月曜日・第三火曜日(祝日の場合は翌日休み)
住所:〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2丁目22−1⇒Googleマップ

LABRAVA(ラブラバ)【メキシコ雑貨】

DSC00290
フォークアート大国メキシコのクラフト・民芸・雑貨の専門店「LABRAVA(ラブラバ)」。メキシコってタコスやマラカスだけじゃないんだぞ。

DSC00317
多くの作家が個性と創造性を競うメキシコの代表的なフォークアート、彩色木彫り。ひときわ目を惹く極彩色のペイントが施されているのが特徴です。

DSC00309
民芸品の他にも、メキシコを連想させるミサンガやドス・カラスちっくな小物なども取り扱われています。

DSC00308
素敵な店主が迎えてくれるメキシコ独特のカラフルでユニークな雰囲気の店内は、異国に訪れたときのようなワクワクを提供してくれます。

営業時間:12:00~20:00
定休日:なし(買い付けの際は長期休業あり)
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目28−3 ジャルダン吉祥寺104⇒Googleマップ

petit(プチ)【雑貨とおもちゃ】

IMG_3219
中道通りにあるおもちゃと雑貨の名店「petit(プチ)」。その名の通りちびっこな店内には、ちょっと懐かしいアメリカのキャラクター日本のアニメのおもちゃで溢れかえっています。

DSC00077
店内はまさに宝箱。思わず手に取ってしまう懐かしいおもちゃやレアモノがびっちり陳列されています。

DSC00084
吉祥寺在住の大御所、楳図かずお先生の「まことちゃん」や「バカボン」、「鉄腕アトム」などが陳列されているコーナー。カオスな世界に引き込まれます。

DSC00063
また、毎年秋に東急吉祥寺店の一角で開催されている吉祥寺おもちゃ市場はプチが主催しており、子供から大人まで楽しめる名物イベントです。

営業時間:11:30~21:00
定休日:年末年始
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目17−2⇒Googleマップ

オニグンソー【アメリカ雑貨・トイ】

IMG_3238
古着・アメリカ雑貨といえばココ。レトロでポップな吉祥寺の秘密基地「オニグンソー」です。

DSC00240
扉を開ければ広がる”おもちゃ箱の世界”。あなたの中の少年少女が目を輝かせることでしょう。

DSC00272
アメリカ&ヨーロッパ古着アメリカンTOYが床から天井までディスプレイされています。

IMG_3226
レアなサウスパークグッズを多数取り揃えているのがオニグンソーの自慢ポイント。その界隈の人にとっては垂ぜんモノらしいので、無知なあだちまる子は顔マネしてみました。

営業時間:11:30~20:00くらい(日曜日は19:00まで)
定休日:不定休
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目28−3 ジャルダン吉祥寺117⇒Googleマップ

Wickie(ビッケ)【北欧雑貨・キッチン雑貨】

IMG_3218
最後を飾るに相応しいおばショットでお送りする雑貨屋さんは、中道通りセブンイレブン横に位置する「Wickie(ビッケ)」。

DSC00125
ARABIAに代表される北欧のアンティーク、ヴィンテージ品のキッチン雑貨を中心に取り揃えられています。

DSC00145
中でもオススメなのが食器類。おしゃれなキッチン雑貨やアンティークに興味があるお友達へのギフトにもピッタリです。

DSC00132
貴重なヴィンテージのスヌーピーなども多数取り扱われており、雑貨選びを楽しませてくれます。また、WikieのInstagramでは店内にある雑貨の写真や商品情報がチェックできます。

営業時間:[平日]12:00~20:00、[土日祝]11:00~20:00
定休日:なし
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町3丁目2−9 網野ビル1F⇒Googleマップ

まとめ

IMG_3293
井の頭公園のスワンボートでカレと愛を育んだあとはヴィンテージトイメキシコ雑貨で目を輝かせる彼の横顔に陶酔。お友達とメルヘン雑貨カエルグッズでひと盛り上がりしたあとはハーモニカ横丁で一杯。おしゃれなカフェでコーヒー休憩をはさみつつ、おうちや筆箱に彩りを加えるレトロ文具北欧雑貨をひとつ、ふたつ。雑貨と思い出の”宝物”を探しに吉祥寺へお出かけしてみるのはいかがだろう。

吉祥寺のディープスポットハーモニカ横丁の見どころは「吉祥寺ハーモニカ横丁のグルメ&飲み屋おすすめ15選!」をどうぞ!

\ SNSでシェアしよう! /

東京ルッチの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京ルッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あだちまる子

あだちまる子

東京のディープや名所を食い気と妄想で紹介します。

日サロに通いつつ家にこもってラジオを聞くネオギャルニート時代を経て、現在はライターをしている雑食で知育中の人です。
働くこと、運動すること以外はだいたい好き!
よかったらTwitterネトストしてくださいね。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 山と川しかない東京の秘境「白丸駅」で下車をするべき理由

  • 浮気調査や指紋採取!池袋の探偵カフェ「プログレス」で本物の探偵に出会う

  • サラリーマンと怪獣たちの秘密のオアシス「怪獣酒場」が新橋に誕生

  • 立川、海開きしたってよ “タチヒビーチ”でBBQや南国気分を味わえるぞ

関連記事

  • 立川、海開きしたってよ “タチヒビーチ”でBBQや南国気分を味わえるぞ

  • 桜新町、桜上水は『桜』が付くけど、一体どっちが桜の名所?

  • 明治大学博物館には恐怖の拷問器具が!まるで拷問博物館!

  • 科学技術館は不思議でおもしろい展示が沢山!【体験ナビ】

  • 数十万のランチュウも!?阿佐ヶ谷の釣り掘り「寿久木園」で金魚を釣ろう!

  • 東京の小さな動物園「まちだリス園」でフレンズたちと触れあってきた