1. TOP
  2. 渋谷の喧騒から離れて本と向き合えるブックカフェ「森の図書室」

渋谷の喧騒から離れて本と向き合えるブックカフェ「森の図書室」

 
近年、都内には個性的なブックカフェが増えていますよね。本の品揃えに拘ったところから、カフェに力を入れているところなどなど、本当に様々!今回ご紹介するのは、本好きもカフェ好きも楽しめる、渋谷の中心部にありながら静かな癒しの空間「森の図書室」です。

本(だけ)が友達、フリーアナウンサー八木志芳がレポートします。

入り口から異空間


森の図書室の場所は渋谷駅のハチ公口から徒歩7分。道玄坂の上、「道元坂上交番」を過ぎたところにあるビルの一室です。看板に❝森❞とありますが、写真のカフェを目印にする方が分かりやすいと思います。


入り口の前に立つと控えめな目印の下にインターホンが。扉には鍵がかかっていてインターホンを押さないと入れない仕組みです。

予想外の入り口に少し戸惑いつつインターホンを押してみると・・・


目の前に本棚が!!えっ?ここ入り口じゃないの???すると・・・


本棚がスライド。まるで、主人公を異空間へと誘うファンタジー映画のような演出。遊び心たっぷりで、店内への期待も高まります。

大人のための図書室


店内に入ると目に飛び込んでくるのは、壁一面に並ぶ本。シンプルで温もりのあるインテリアに落ち着きを感じます。


店内奥の本棚は存在感たっぷりで一際目を引きます。


一番人気の席は窓側の広いマットレス席。

 
靴を脱ぎ寝転んで本を読みたくなる、人をだめにしそうな席です(笑)

本と人をつなげる、つながる


本棚を見ていると一つの疑問が。「本の並びの法則がわからない!」

実はこれ、あえてランダムに並べているんだとか。

森の図書室のコンセプトは『本と人がつながる場所』

<熱心な読書家><本を読まない人>の中間の、本を読むのは好きだけど何を読んでいいかわからない人へ向け、新たな本との出会いを提供しているんです。


作者名やジャンルで並んでいると、興味のあるところにしか行かなくなっちゃいますもんね。


不規則に並べられた本の中から気になるタイトルの本を手に取ると、知らない作家さんや、普段読まない洋文学だったりして面白い。

ちなみに手に取った本は、適当に本棚に戻してOK。ずぼらな性格な私には嬉しい仕組みです。

「自分で読みたい本を決められない」という方にはこちら!


箱の中身はなんだろなぁ

 
ババン!コースター!!こちらにはオーナーおすすめの本の感想文が書かれています。


私が引いたのは直木賞受賞作、佐藤賢一著「王妃の離婚」。

コースターには本に合わせたオリジナルイラストも描かれています。可愛い。


コースターの本は入り口正面の本棚に並んでいます。


コースターは全部で24種類。引いたコースターは持って帰ることができます。嬉しい。

本を楽しくむ仕掛けがいっぱい

森の図書室は本を読みながら食事やお酒が楽しめる場所でもあり、メニューも充実。


メニューの中には有名作品の中に出てくる飲み物や料理を再現したものが沢山あります。

@u___5がシェアした投稿

写真はラピュタトースト600円。あなたが想像で味わった料理たちが目の前に出てくるかも??

また、バーカウンター横には。利用者の感想文がびっしりと貼られたボードがあります。

 
一枚一枚読んでいると利用者の読書愛とお店への愛も感じます。本探しの参考にもなりますね。ちなみに利用者にはネットで森の図書室のことを知った遠方の方も。九州や長野にも会員がいるそうですよ。

また、森の図書室では定期的に読書会を開いています。

こちらは、好きな本を持ち寄って本を読むというその名の通りのイベント。持っていきたい本がなくても、参加者の方がオススメの教えてくれるそう。1人での参加者が多いようなので、初めての人でも、友達のいない私でも安心です。

利用システム


森の図書室は会員制。

年会費10,800円(学生は 5,400円)を払うと、席料500円が無料になったり、入り口ドアを開けられるカードキーがもらえるなどの特典があります。

もちろん、会員にならなくても利用できます!その場合は毎回、席料の500円がかかります。

フリーWi-Fi&フリー電源なので、コワーキングスペース的に利用されている方や勉強されている方も多いそうですよ。時間制限なしなので、何時間でもいられそうです。

なお、本は会員・非会員関係なく、無料で借りることができます。

まとめ


取材中も「ここは渋谷なの?」と思えるぐらい周囲の音が気にならない落ち着いた雰囲気。

本が好きな方はもちろん、本が好きじゃない方でも何度も利用したくなる隔絶された癒しの空間でした。

ちなみに、最近はデートスポットにもなっているらしく、特に付き合いたてのカップルが多いんだとか!

好きな本の話を聞けば相手の趣味趣向がわかりそうですもんね。納得。

もちろん、1人で利用しやすい雰囲気なので、私はガンガン1人で行こうと思っていますよ。

《森の図書室詳細》
営業時間:[平日]12〜17時/18〜24時[土日祝日]12〜24時
定休日:不定休
アクセス:渋谷駅ハチ公口から徒歩7分
住所:東京都渋谷区円山町5−3萩原ビル3F⇒Googleマップ

\ SNSでシェアしよう! /

東京ルッチの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京ルッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

八木 志芳

八木 志芳

フリーアナウンサー/ラジオDJ/イベントMC/ナレーター/話し方講師/女子アナ47
福島と東京のラジオ局で約7年アナウンサーをしていました。
音楽・マンガが大好き。
定期的にライブハウスに行かないとダメな人です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 渋谷の喧騒から離れて本と向き合えるブックカフェ「森の図書室」

  • マンガコンシェルジュがいるマンガサロン「トリガー」は漫画好きの楽園だ!

  • 初心者や一人でも楽しめる!ボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE」

関連記事

  • ボイメンの「BMショップ&カフェ」が渋谷に出張!突撃レポ

  • 碓井玲菜の古着屋さん巡りVol.3「フラミンゴ原宿 マバタキ店」

  • オシャレでコスパが良すぎると噂の青山学院大学の学食を食べてきた!

  • 普通じゃものたりないあなたへ!個性で勝負する渋谷スイーツ11選!

  • フレンチフライ専門店「アンドザフリット」の人気の秘密は?

  • K-POPの新星「iKON」が渋谷をジャック!現地レポ!