IMG_9589
最新エンターテイメント“VR” を楽しめる空間が東京都渋谷区に2016年12月16日オープンしました。その名も「VR PARK TOKYO」。最先端のVRアトラクションを楽しめる施設として注目を集めている新スポットです。

IMG_9573
VR(バーチャルリアルティー)とは、VRゴーグルなどの機器に投影される映像や音響などの演出により、その空間への没入感を生みだす最新テクノロジーのことで、仮想現実とも呼ばれています。

そんな、五感を楽しませる“異世界トリップ”にすっかり虜となった現実逃避ジャンキーの筆者。VR PARK TOKYOでさらなる高みを目指しちゃうぞっ。と意気込んでいるので、VR初心者も同志も是非とも参考にしちゃってね。

  • Google Tag
  • Google Tag
  • 入場まで

    DSC03481
    仮想現実トラベラーが降り立ったのは渋谷駅から歩くこと約5分、アドアーズ渋谷店。VR PARK TOKYOはここの4Fに入っています。

    IMG_9562
    VR PARK TOKYOでは、Webでの事前予約が可能で、入り口にある受付で予約メールの画面を提示することで入場ができます。
    利用料金は、事前予約の場合は80分遊び放題コースで1名2,900円となっており、当日入場1名3,300円

    受付を済ませると、入場パスやガイドマップ、VRゴーグルを装着する際に付けるマスクを渡されます。

    DSC03222
    入場までのあいだ、スタッフからVR PARK TOKYO内で遊ぶ上での注意事項などの説明タイムがあります。

    DSC03463
    説明が終わるといよいよ入場。4Fのワンフロア全体に7個(2017年4月現在)のアトラクションスペースが設けられており、その光景はまるで遊園地のようです。

    IMG_9567
    アトラクションによっては終了時間前に受付を締め切ってしまう場合があるので、絶対に体験したいアトラクションは最初に並んでおくのがマスト。とはいえ巷の某テーマパークほどの並列・攻略スキルは要されないので、フリードリンク片手に「これめっちゃ楽しそ~」ってものにとりあえず並んでおけばOK。

    DSC03470
    また、入場特典としてアドアーズ全店で使用可能なゲーム無料クーポン期間限定グッズなどがプレゼントされるのもうれしいポイント。

    OBAKEREA VR Creeping Terror

    DSC03247
    シアター型ホラーアトラクション「OBAKEREA VR Creeping Terror」。VR技術で再現される最大限の恐怖を体感できます。

    DSC03231
    VRゴーグル装着前に別室で映像を見せる入念な恐怖刷り込み大作戦に表情がこわばる筆者。どうやら捜査員となって行方不明の少女を探しに行ってくれ。ちなみに監禁されているらしい場所がめっちゃヤバイし怖いしビビるぜってことらしい。

    IMG_9564
    めっちゃ怖いの苦手だしオバケとかまじやめな?って感じだけど、“するは一時名は末代”なんてことわざがあるくらいだからいいとこ見せたるわ精神で挑んだけれどこの表情ですわ。恐怖で早口になるやつですわ。

    どう怖いかをネタバレ要素なしに端的かつ聡明に説明すると、眼前にバケモンがギャーっつって出てきてギミックチェアがガコガコってなってヤダよ~ってなったの。もうなんか怖いの。って感じでした。

    DIVE HARD VR

    IMG_9569
    新手の目隠し拷問なう☆ではありません。高所脱出型VRアトラクション「DIVE HARD VR」です。

    DSC03251
    「これのどこが高所やねん」とツッコミ発動しかねませんが、ここは仮想現実提供テーマパーク。その証拠を以下に添付いたします。ご査収ください。

    DSC03257
    VRゴーグル内に投影されるのは、おっと危ねぇこんちわっす!といった具合の圧倒的高所。足がすくむ超高層ビルの上で、映画さながらのガンアクションを繰り広げるミッションクリア型ゲームです。

    足元を覗けば吸い込まれてしまいそうな高所恐怖症瞬殺ゲーム。度胸試しに最適なドキドキ感を楽しめます。

    対戦!ハチャメチャスタジアムVR

    DSC03402
    悲しいかな、バリバリ最強運動音痴が調子こくとこうゆう光景が繰り広げられますよ。という一枚なんですが、ことの顛末を語らせていただきますね。

    IMG_9646
    この日、筆者が挑んだのは「対戦!ハチャメチャスタジアムVR」。先日の秋葉原記事で見事なフォームを披露したことから自身に野球のセンスを見いだし、対戦型野球ゲームでドヤろう。「あだちまる子って野球のフォームかっこよくね?」と巷で話題になろう。そう画策しました。若干のガニ股具合に気づくこともなく。

    IMG_9574
    このときの私は、誰もが一度は遊んだことがある、あの“野球盤”を最新のVR技術で再現した「対戦!ハチャメチャスタジアムVR」の魅力を伝えることより、自身のいいとこ魅せたい欲求のほうが上回っていました。2人で遊ぶ場合はピッチャーとバッターに分かれてプレイしますが、私を見て!状態に陥っていたため1Pでバッターに徹することにしました。

    DSC03395
    人ってこんなクソダサいスイングできる?と誰もが目を疑うあだまる打法は、読者の心を離す一途をたどるばかりです。しかし彼女は仮想現実の中。次々と迫りくる魔球に「キャー!(魅せます、私の曲線美)」とか「ワー!(神スイングでPV数ブチアゲ天国ってかぁ?)」などとのたまいながら興じるわけです。

    DSC03402
    仮想現実に引き込まれ見失う自身のアウトなフォーム。その姿をおさめた写真に後日のたうち回ることのないよう謙虚に生きたいと誓う筆者を反面教師に、仮想現実内のスタジアムで仲間と共にかっ飛ばそう。

    協力!GHOST ATTACKERS VR

    IMG_9572
    ゴースト退治専門家となり、相棒のドローンと一緒に洋館に棲みついたゴーストを退治する「協力!GHOST ATTACKERS VR 」。協力型ガンシューテイングゲームです。

    IMG_9570
    ゴースト退治専門家」というバチボコかっこいい稼業を担うこととなったあなたは、相棒の指示に従い襲いかかるゴーストを撃退していきます。

    DSC03273
    チームワークの乱れは顕著に結果としてあらわれるため、全4ステージを見事クリアしたカップルには筆者より「名誉ソウルメイト賞」を授与します。

    SALOMON’s CARPET VR

    IMG_9576
    空飛ぶ魔法の絨毯を体現した写真~?こんな感じですか~?あれ~?これじゃあサーファーだ~、あはは~ジャンガジャンガ……とやってきたのは冒険VRライドアトラクション「SALOMON’s CARPET VR」。

    DSC03359
    魔法の絨毯で大空を疾走する爽快感を味わいながら、 襲いかかるモンスターと戦うアクションゲームです。

    IMG_9573
    手に持つコントローラーは仮想現実内では魔法の杖と変化し、気分はまるでファンタジーの世界の主人公。絨毯は倒れない程度に縦横無尽に稼働し、手すりにつかまっていないと振り落とされてしまいそうな感覚をおぼえます。にしても、風に吹かれる私のこの写真、ポスターに使ってほしいな?

    DSC03360
    はたから見たらすっとんきょうなザマですが、終盤に対峙することとなる凶悪な巨大ドラゴンとのバトルは思わず声を上げるほどの臨場感。VR PARK TOKYOの中でも人気なアトラクションのため、並ぶこと必須です。

    CIRCLE of SAVIORS BEGINNERS

    IMG_9575
    幻想世界の主人公になり、剣や詠唱魔法を駆使して敵を倒す「CIRCLE of SAVIORS BEGINNERS」。

    サークルオブセイバーズgif
    次々と迫りくるポップで狂気な敵モブたち。四方八方から襲ってくるためぼやぼやしたら即ゲームオーバー。自身の討伐スキル、そしてスタッフや同行者の助言や指示をもとにラスボスまで辿り着けることができるのか。ひと汗必須なリアルバトルアクションゲームです。

    DSC03337
    戦いの様子は横のディスプレイにも映し出されるので、オーディエンスも大興奮間違いなし。敵やステージ、武器が週替りで選べるので、訪れるたびに様々なパターンが何度も楽しめます

    JUNGLE BUNGEE VR

    IMG_9584
    世界初、屋内でバンジージャンプが体験できる「JUNGLE BUNGEE VR 」。ビビリな筆者にとって背中で繰り広げられる光景は戦慄そのものです。

    DSC03414
    戦慄の原因はコレ。吹き抜けの上をハーネスで吊るされた状態で、映像に合わせて何度も上下を繰り返すため、胴体と足の接続部分がヒュンってなるアレになります。コレとかアレって言われてもわからないって?タマヒュンだよ!

    DSC03416
    足がつかない恐怖、内臓が浮き上がるフワッと感。そして、ターザンのごとくジャングルを飛び回る躍動感はVRでしか味わえない感覚。上昇と落下体験を何度も楽しめる新感覚アトラクションでレッツ完熟類人猿だ。

    まとめ

    DSC03306
    初体験のスリルワクワク、そしてVRのハイテクノロジーを体感できる最新エンターテイメント空間。気軽に訪れることができる渋谷で、“初めて”がいっぱいの異空間テーマパークをさまよい楽しまなきゃモッタイナイ。

    ※価格はすべて税別表記です。

    名称 VR PARK TOKYO
    定休日 無休
    営業時間 10:00~23:25
    入場料 【事前予約】2,900円(税込)
    【当日入場】3,300円(税込)
    アクセス JR渋谷駅より徒歩7分
    住所 東京都渋谷区宇田川町13-11 KN渋谷1ビル4F

     

  • Content Search Window
  • POPIN