20170505-DSC06755
大人気企画「現在の新国立競技場」シリーズが4ヵ月ぶりの復活です。前回は2017年1月の新国立競技場の工事状況をお伝えしましたが、果たして4ヵ月が経過した5月現在はどこまで工事は進んでいるのか?ナビゲーターはグルメマン!4ヵ月ぶりに訪れた新国立競技場を見てこの表情です!果たしてどんな変化があったのでしょうか?

17/5/5現在の新国立競技場

新国立競技場2017-2
まずは、2017年の2月の新国立競技場の姿です。前回の記事は1月ですが、実は2月にグルメマンが一度訪れていたのです。しかし、あまりにも変化が無かったために、オクラに!悲劇!今回は、その時の写真と比べながら、紹介していきます。では現在の新国立競技場です!

20170505-DSC06731
どうでしょう!だいぶ変わりましたよね?新国立競技場も変化しましたが、グルメマンも一回り大きく変化したため、ややこしい1枚になりました。

端から詳しく、見ていきましょう!

新国立競技場2017-22
まずは国立競技場駅方面。前回は、何もなかった端っこのスペースに、

DSC06732
建物が増えてます!工事関係者が宿泊したり、休憩をとったりする施設でしょうか。

DSC06733
さらに、手前には大きな穴が!

新国立競技場2017-26
続いて、その隣を見てみましょう。前回はブルーシートが張られていた部分が、

DSC06734
完全にブルーシートは無くなり、しっかり整備されています。

DSC06743
そしてその手前には、前回は無かったコンクリート群の姿が!

新国立競技場2017-23
その隣にカメラを向けると、前回はシャベルカーとクレーン車という重機が中心だった風景が、

DSC06739
ガラッと変わり、オレンジと白の超巨大な重機が登場してました!

新国立競技場2017-24
こちらは新国立競技場の中央部分です。前回は地面に工事車両のみといった感じでしたが、

DSC06750
整備が進み、プレハブとまたまた先ほどの超巨大な重機が登場!

DSC06750-1
この一際存在感のある超巨大重機が気になったので調べた所、なんと国内最大級1,250tの物まで持ち上げる事が出来る最新鋭のクローラークレーンという事が分かりました。国内最大級のクレーンが出てきたという事は、そろそろ何か大きなが動きがありそうですね。全部で4台ありましたよ!

新国立競技場2017-25
そして明治神宮野球場方面は前回と比べ、

DSC06742
こちらもかなり整備がすすんでいる様子。

DSC06745
コンクリートの壁で作られた部屋のような物も発見しました。

作業予定に大きな違いが!

DSC06719
続いては恒例の作業予定チェック!この作業予定を、3ヵ月前の作業予定と比べる事で、違いが分かるはずです。さてどんな違いがあるのでしょうか?

新国立競技場2017-28
2月の作業予定表です。5月と比べてみると、

20170505-DSC06720
仮囲い、ゲート前整備工事躯体工事に変化していますね!躯体工事を調べてみると“建物の骨組み、壁、梁、床、柱、屋根など主要構造部をつくる工事の総称”とありました。しっかりとした地盤に、鉄筋コンクリートで基礎をつくる基礎工事が終わった後に行われる工事のようです。ということは、これから新国立競技場が本格的に形になっていくのでは!これは3ヵ月前と比べ大きな変化ではないでしょうか!

今後は、急劇に変化していきそうなので、1ヵ月おきに訪れ、工事状況を報告したいと思います!お楽しみに!