碓井玲菜の東京の古着屋さん巡り! 今回は学芸大学にある「The Sun Goes Down(サンゴーズダウン)」をご紹介します。
下北沢、渋谷にある古着屋「THE SUN GOES DOWN」。 その3店舗目となるお店が学芸大学店です。アメリカやヨーロッパの古着に、古着のリメイクアイテムを扱いながら、各地で買い付けた40〜80年代の服は、米国、欧州の古き良きファッションを現在のスタンダード、そしてトレンドへとうまく溶け込ませてくれます。早速、玲菜ちゃんのコーデと共にその魅力に迫ります!

  • Google Tag
  • Google Tag
  • The Sun Goes Down

    2018年3月17日にオープンした「The Sun Goes Down 学芸大学店」。まだオープンして一年も経っていない店舗は、スタイリッリュさと温かみを兼ね備えた雰囲気のお店です。

    古着店らしからぬ、まるで珈琲スタンドやインテリアショップのような「こだわり」が詰まった独特の空気感が流れます。

    ヨーロッパヴィンテージを中心にクラシカルな落ち着いた衣類を厳選。古着慣れしていない方でも取り入れやすいラインナップです。

    上質な質感と遊び心のあるハンカチやスカーフは、プチギフトにぴったり!

    マフラーやグローブ、アクセサリーの数々。数は少ないもののどれも1点もの。質や保存状態もチェックしたうえで、厳選されたアイテムばかり。

    ちょっとわかりづらいですが、このスペースは木で囲われており小部屋のようになっています。

    スピーカーやドライフラワー、むき出しのコンクリートなど、こだわり抜かれた意匠からは、感度の高さが伺えることでしょう!

    お店のレコメンドアイテム

    そんな「The Sun Goes Down」のレコメンドアイテム3つをチェックしていきましょう!

    M-65ライナー:¥10,980

    USヴィンテージのデッドストック。アウター感覚で着るのも良いし、インナーダウンのような使い方をしてもOK。

    コート:¥24,980

    フランス製のフェイクファーコートは、独特の光沢や醸し出す雰囲気が特徴的。レディーなアイテムとの相性はいうまでもなく、デニムと合わせてカジュアルなスタイリングにも!

    ニットカーディガン:¥10,980

    70年代のL.L.Beanのニットカーディガン。今年らしいレトロクラシックなノルディック柄は一枚は持っておきたいイチ押しアイテム。

    玲菜ちゃんのコーデ

    それでは今回も玲菜ちゃんが自分でセレクトしたオススメのコーデをご紹介します!

    ワンピース:¥ 12,980
    ロングTシャツ:¥3,980

     

    no name
    女子ウケも男子ウケも良さそうなゆったりスタイル。トップスをTシャツにシフトチェンジしたら夏にも使えそうで◎。

    フリース:¥10,980
    Tシャツ:¥6,980
    パンツ:¥6,980

    玲菜
    今季絶対持っておきたいアウターNo.1のボアジャケット!とにかく見た目が可愛いですよね!スカートにもパンツにもオールマイティに使えるのでいろんなカラーのものが欲しくなります。

    ニット:¥12,980
    パンツ:¥9,980
    キャップ:7,980

    玲菜
    一枚でこんなに可愛いニットは初めて出会いました(笑)! 袖も大きめになってるところがお気に入りです。

    まとめ

    トレンドを取り入れながらも長く着用できる“良い塩梅”が整然と並ぶ店内は、気楽に入れる古着屋らしい心地良さを感じるはず。普段古着をあまり着ない人にも楽しんでもらいたいと、ジャンルレスにセレクトしたアイテムは、1点1点をオーナー自らがその目で確かめてきたものを反映。年代は、ヴィンテージからレギュラー、オリジナルまで、幅広く並びます。そのセンスの良さは訪れた人をとりこにする、そんな魅力にあふれています。

    《The Sun Goes Down》
    営業時間:14:00-23:00
    アクセス:学芸大学駅から徒歩約2分
    住所:東京都目黒区鷹番3-15-25鳥芳ビル1F-B ⇒Googleマップ

    ※表示価格は全て税込

    ≪関連記事≫

    中目黒・祐天寺・学芸大学のマストゴーな古着屋26店舗@碓井玲菜

     

  • 記事修正リクエスト

    ※「価格が違っている」「閉店している」等、記載内容に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • ISE
  • UZOU
  • PopIn