【2024最新版】市販の白髪染めトリートメントおすすめランキングTOP7

白髪が目立ってきた方におすすめなのが、「白髪染めトリートメント」です。

今回は、実際に白髪染めトリートメントを購入・検証し、おすすめの商品を紹介します。

「美容院で白髪染めをしたいが、時間が取れない」という方も多いでしょう。

白髪染めトリートメントなら、自宅で手軽に白髪染めができます。市販品は近所のドラッグストアなどで手軽に購入可能です。

しかし、いざ購入するとなると、種類が多くどれが良いのか迷う方もいます。

白髪染めをもっと気軽に楽しみたいエイジング世代の方々は、ぜひご一読ください。

目次

市販の白髪染めトリートメントおすすめ7選

ここではドラッグストアでも購入できるおすすめ白髪染めトリートメントを7つご紹介します。
効果と値段、カラーの種類や放置時間に注目してみてください。

ランキングの選定基準
  • 染料…頭皮に優しい天然染料の商品を厳選
  • 価格…5,000円以下の商品を厳選
  • 口コミ・評判…Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングで評価が星4以上の商品を厳選

KAMIKAカラートリートメントは白髪、頭皮、ツヤ髪ケアができる

おすすめポイント
  • 毛先や頭皮もケアすることができる
  • パサつきのないツヤ髪を実現
  • 髪を傷めず白髪を染める半永久染料
  • 手についてもサッと落とせる
価格5,800円(税込)→公式サイトなら2,470円(税込)
内容量350g
ローズブラウン、アッシュブラウン
所要時間10分〜15分


KAMIKAカラートリートメントは、白髪を染めながら傷んだキューティクルを補修する高品質な商品です。放置時間は最短10分で済み、時短ケアを求める女性におすすめです。

KAMIKAカラートリートメントは、「白髪ケア」、「頭皮ケア」、「ツヤ髪ケア」の三つの効果があり、コストパフォーマンスが非常に高いです。

頭皮ケア成分として、頭皮環境を整え、髪の育成を促すボタニカルエキス(ゴボウ根エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、オタネニンジン根エキス、ハマメリス葉エキス、ブドウ葉エキス)が配合されています。

また、補修成分としてγ-ドコサラクトンが含まれ、ドライヤーの熱でキューティクルを補修できます。

KAMIKAカラートリートメントの詳細はこちら

ルプルプエッセンスは髪の毛と頭皮の負担をできるだけ抑えられる

おすすめポイント
  • やさしく染めることができる天然色素配合
  • 毎日染めても髪を傷めない
  • 優れた保湿力&自己修復力のあるカゴメエキスを配合
  • 94%美容成分を配合
価格3,300円(税込)→公式サイトなら1,980円(税込)
内容量200g
ソフトブラック、ブラウン、ダークブラウン、ベージュブラウン、モカブラウン、ナチュラルブラック
所要時間10~30分

ルプルプエッセンスは、髪と頭皮への負担を抑える天然色素を配合し、肌が弱い方でも使える白髪染めトリートメントです。

海洋由来の保湿成分Wフコイダンが、染めるたびに潤いを与えます。

微アルカリ性で染まりやすく、通常の放置時間は10分程度ですが、しっかり染めたい場合は20〜30分をおすすめします。

放置中はラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油の爽やかな香りが癒し効果をもたらします。

白髪染めをしながら、日常のストレスも軽減できる商品です。

ルプルプエッセンスの詳細はこちら

サロンドプロ カラートリートメントは濃く染まりキープ力もある

サロンドプロ カラートリートメント
おすすめポイント
  • 高コストパフォーマンス
  • 短時間で白髪をケアが可能
  • 染まり具体がさらにアップ!
  • 髪のハリコシアップも期待できる
価格689円(税込)
内容量180g
ナチュラルブラウン、ダークブラウン、アッシュブラウン、ローズブラウン、ナチュラルブラック
所要時間5分

サロンドプロ カラートリートメントは、浸透カラー処方で白髪を濃く染め、髪色を長持ちさせる商品です。

うるおい成分としてローズマリーエキスとウコンエキスが配合され、つややか成分には椿オイル、はり・コシ成分には海藻エキス、毛髪保護成分にはホホバ油が含まれています。

これにより、髪のハリやコシをアップさせ、潤いのあるツヤ髪を実現します。また、白髪特有のキラキラを抑えるアンチグリッター処方が採用されており、「白髪は染まったが不自然に光る」という悩みを解決します。

価格もリーズナブルで、毎日トリートメントとして使えるだけでなく、放置時間はわずか5分という効率的な白髪染めトリートメントです。

サロンドプロの詳細はこちら

プリオールは5分放置するだけ

プリオール
おすすめポイント
  • 放置時間5分!で白髪ケア
  • 髪のダメージを補修しながら保湿できる
  • 根元からふわっと立ち上がる髪へ仕上がりを実現

プリオールは、シャンプー後に5分放置するだけで、少しずつ白髪を目立たなくする白髪染めトリートメントです。

トリートメント成分と滑らかスムース成分を配合し、毛先まで滑らかな仕上がりを実現します。

さらに、天然海藻エキス保湿成分とミネラル&コラーゲン含有補修成分が、ダメージ髪を補修しつつ保湿効果を発揮します。

プリオールは塩基性染料フリーでアレルギーテスト済みなので、安心して使い続けられます。価格も手頃で、初めて白髪染めトリートメントを使用する方にもおすすめです。

プリオールの詳細はこちら

ベルタは50代女性におすすめ

おすすめポイント
  • シリーズ累計600万個達成 満足度97.4%
  • 放置時間おおよそ5分
  • コラーゲン・ヒアルロン酸など保湿成分を配合
価格4,980円(税込)
内容量200g
ソフトブラック、ダークブラウン
所要時間5~10分

BELTAヘアカラートリートメントは、最短5分で髪を傷めずに染められる製品です。50代女性の白髪対策に特化し、業界トップクラスの65種の美容液成分を配合しています。

この製品は、HC染料が毛の奥まで浸透し、塩基性染料が髪表面に吸着するW染毛処方で、髪と頭皮に優しく白髪を染めます。ナノ化成分3種が髪にハリ、コシ、ツヤをもたらし、うるおいを補修します。

また、敏感肌の方も安心して使える8つの無添加フリー設計を採用しています。BELTAは、使用するたびに白髪を自然に着色し、50代の髪の悩みに対応する推奨製品です。

ベルタの詳細はこちら

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントは色落ちがしにくい

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント
おすすめポイント
  • 週1回でOK 髪色を維持
  • 髪のダメージを補修 ツヤツヤヘアを実現
  • 5種の海藻成分を配合
価格1,650円(税込)
内容量150g
ブラック、ナチュラルブラック、ダークブラウン、ライトブラウン
所要時間5~10分

こちらはCMでもお馴染みの50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントです。週に1度、10分程度置くだけで白髪染めケアができ、色落ちしにくい白髪染めトリートメントです。

5種類の海藻成分が髪のダメージを補修し、ツヤのある髪に仕上げます。また、濡れた髪にも乾いた髪にも使用できます。(濡れている状態では、水気をしっかり拭き取ってから使用してください)

白髪ケアに時間をかけたくない方におすすめです。

50の恵の詳細はこちら

利尻ヘアカラートリートメントはカラーバリエーションが豊富

利尻ヘアカラートリートメント
おすすめポイント
  • 髪・頭皮にやさしい無添加でノンシリコーン
  • 天然由来の食物色素を配合している
  • 植物由来28種の美髪成分を配合
価格3,300円(税込)
内容量200g
ナチュラルブラウン、ブラック、ライトブラウン、ダークブラウン
所要時間10分

利尻ヘアカラートリートメントは、ジアミン、パラベン、鉱物油無添加でノンシリコーンのため、髪と頭皮に優しい白髪染めトリートメントです。

4つのイオン色素とナノ分子カラーが美しい髪色を実現し、天然由来の植物色素が髪と頭皮を優しく染めます。植物由来の28種の美髪成分が若々しく艶やかな髪に仕上げ、保護成分とダメージ補修成分が髪を保護し、ダメージを補修して滑らかにします。豊富なカラーバリエーションも魅力です。

利尻ヘアカラートリートメントの詳細はこちら

市販の白髪染めトリートメントの選び方

さまざまな種類の白髪染めトリートメントが市販されていますが、初めて購入する方はどれを選んでいいかわからないでしょう。

そこで、ここでは白髪染めトリートメントの選び方のポイントについて解説します。

選び方のポイント
  • 自分の理想の染まり方と色合い
  • 頭皮ケアもできる成分が配合されているか
  • 継続的に使用できる価格かどうか

自分の理想の染まり方と色合い

白髪染めトリートメントでよくある失敗は、「染まっているけど白髪がキラキラ目立つ」というものです。

これは、髪色とトリートメントの色に差があると起こります。この失敗を防ぐためには、自分の髪色に近い色を選びましょう。

黒髪ならブラック、少し茶髪ならダークブラウン、明るめならライトブラウンやナチュラルブラウンが適しています。

しっかり白髪をカバーしたい場合は、HC染料&塩基性染料がW配合されているトリートメントを選ぶと良いでしょう。

頭皮ケアもできる成分が配合されているか

近年、市販で頭皮ケアができる白髪染めトリートメントも登場しています。これに注目してみてはいかがでしょうか。

頭皮ケアは白髪予防に役立ち、髪の老化防止にも効果があります。エイジングケア成分が頭皮の保湿や保護を助け、負担を減らして健やかな髪と頭皮を維持します。

継続的に使用できる価格かどうか

白髪染めトリートメントは、毎日または数日に一度の継続使用が必要です。そのため、費用が思ったより高くなることがあります。

しかし、値段だけを重視すると、頭皮に影響が出るなどのトラブルを引き起こす可能性もあります。各商品の内容を詳しく比較検討することが重要です。

また、市販品を購入するよりも、公式サイトから定期購入する方が、通常価格よりもお得に買える場合があるので、確認してみてください。

白髪染めトリートメントのメリット・デメリット

白髪染めトリートメントには様々なメリットがあります。
また白髪染めトリートメントは白髪染めシャンプーと似て非なるものであることも覚えておきましょう。

白髪染めトリートメントのメリット
  • 手軽に使えること
  • 髪への負担が少ないこと
  • トリートメント効果があること

手軽に使えること

白髪染めトリートメントとシャンプーの主なメリットは手軽さです。どちらも白髪を染める成分を含み、多忙で美容院に行けない人にとって、市販の白髪染めトリートメントは自宅で簡単に白髪を染められるという利点があります。

美容院の利用には営業時間や予約の制約がありますが、市販品ならその心配がありません。白髪染めシャンプーは日常使用で徐々に白髪を目立たなくし、特別な手間が不要です。対照的に、トリートメントは放置時間(約10分)が必要ですが、美容院へ行く手間を考えればはるかに簡単です。

購入時には放置時間が重要なポイントとなります。さらに、白髪染めトリートメントは白髪を目立たなくするだけでなく、髪のダメージも補修できる点が大きな利点です。

髪への負担が少ないこと

また、白髪染めトリートメントのメリットは髪への負担が少ないことです。白髪染めシャンプーと同様、瞬時に染まるわけではありませんが、毎日継続使用することで徐々に白髪が目立たなくなります。白髪染めシャンプーは白髪が目立たなくなるまでに1カ月程度かかることもありますが、白髪染めトリートメントはそれよりも短期間で効果が現れます。

強い薬剤を使わず、髪のキューティクルを開かせたりメラニン色素を分解したりしないため、髪への負担が軽減されます。年齢とともに増える白髪とは長く向き合う必要があり、強い薬剤をできるだけ控えるのが賢明です。頭皮や髪に優しい白髪染めを使いたい方には、白髪染めトリートメントがおすすめです。

トリートメント効果

白髪染めトリートメントに期待できるのは、トリートメント効果があることです。商品によって異なりますが、頭皮ケアや美髪ケアができる成分が配合されているものもあります。

トリートメントは、髪の内部に成分を浸透させ、髪の状態を整えるものです。髪の傷みケアや補修ケア、質感のコントロールなどの効果があります。白髪染めをしながら髪を労わることができるこの効果は、白髪染めシャンプーにはない特徴です。


白髪染めトリートメントにもデメリットがあるので、こちらも確認しておきましょう。

白髪染めトリートメントのデメリット
  • 効果の持続性が期待できない
  • カラーバリエーションに制限がある
  • 短期間では効果が薄い

効果の持続性が期待できない

白髪染めトリートメントのデメリットは、使い続けなければ効果が持続しないことです。多くの商品は二週間程度で褪色してしまいます。また、色落ちした際に紫色になるなど、目立ってしまうことがあります。

色落ちとともに、色移りの問題も懸念されています。染めた髪の色が枕や布団、洋服などに移ることがあります。一般的な二剤混合式のヘアカラー剤は、キューティクルを開いて髪の内部のメラニン色素に色を付けるのに対し、白髪染めトリートメントは髪の表面を染めるため、こうした問題が起こりやすいです。

色落ちが発生すると「白髪染めに失敗した」と感じる方もいるでしょう。そのため、神経質な方にはおすすめできません。事前に白髪染めトリートメントの特性を理解した上で使用することが重要です。

色落ちの対策として、髪をしっかりすすぐことや、白髪染めトリートメントの後に色移りしても問題ないタオルで丁寧に髪の水分を取ることで、色落ちや色移りを防ぐことができます。

カラーバリエーションに制限がある

白髪染めトリートメントは、豊富なカラー展開の染粉と比較すると、カラーの選択肢が限られます。しかし、最近ではその手軽さから需要が高まり、カラーバリエーションが増えています。購入前に自分の髪色に合ったカラーを選ぶことが重要です。

白髪染めトリートメントは、メラニン色素を分解するのではなく、既存の髪色にコーティングするように色を付ける方法です。そのため、地毛を明るくすることは難しく、白髪に色を入れる、または既に明るくなった部分を暗くすることが主な用途です。

また、白髪染めトリートメントを使用する際に、酸化染毛剤やヘアマニキュアなど他のカラーと併用すると、予期しない色味になることがあります。これらは染色のメカニズムが異なるため、併用は避けるのが無難です。

短期間では効果が薄い

また、白髪染めトリートメントのデメリットは、短期間の使用では効果が薄いことです。通常の白髪染めなら、塗り方や放置時間を守れば、一度でしっかり染め上がります。しかし、白髪染めトリートメントは一度で完全に染まるタイプではありません。毎日使用して色を定着させる必要がありますが、その間にも色落ちが始まります。

短期間の使用では良い効果が得られず、ネットの口コミで「白髪染めトリートメントは全然効果なし!」と書き込む人もいます。しかし、白髪染めトリートメントが全く効果がないわけではありません。性能を理解し、気長に使用することが大切です。

市販の白髪染めトリートメントのよくある質問

市販の白髪染めトリートメントを使うときの注意点は何ですか?

市販の白髪染めトリートメントを使う際には、まずパッチテストを行うことが重要です!アレルギー反応がないか確認するために、使用前に少量を肌に塗って24時間観察しましょう。また、説明書に記載されている使用方法をしっかり守ることが大切です。例えば、髪が濡れていると色が均一に染まりにくくなるので、乾いた髪に使うことをおすすめします。さらに、色が付着しやすい服やタオルを避け、汚れても構わないものを使うと安心です。

白髪染めトリートメントの効果を長持ちさせるにはどうしたら良いですか?

白髪染めトリートメントの効果を長持ちさせるためには、いくつかのポイントがあります。まず、染めた後の髪を洗う際には、シャンプーの選び方に気をつけましょう。カラーケア専用のシャンプーを使用することで、色落ちを防ぐことができます。また、紫外線は色落ちの原因となるため、外出時には帽子をかぶったり、UVカット効果のあるヘアスプレーを使用するのがおすすめです。さらに、ヘアケアオイルを使うことで、髪に潤いを与え、色持ちを良くすることができます!

市販の白髪染めトリートメントは敏感肌でも使えますか?

敏感肌の方でも使える市販の白髪染めトリートメントはたくさんあります!例えば、ルプルプエッセンスは髪の毛と頭皮への負担を抑えた処方で、敏感肌の方にも優しい製品です。また、天然成分を多く含む製品を選ぶことで、肌への刺激を軽減することができます。使用前にパッチテストを行うことも大切です。無添加や低刺激と記載されている製品を選ぶと、敏感肌の方でも安心して使用できます。

白髪染めトリートメントの頻度はどれくらいが良いですか?

白髪染めトリートメントの使用頻度は、製品によって異なりますが、一般的には週に1〜2回の使用が推奨されています。例えば、プリオールは5分放置するだけで効果が出るので、忙しい方でも手軽に使えます。また、髪のダメージを抑えるために、毎日使用することは避けた方が良いです。自分の髪質や白髪の量に応じて、適切な頻度で使用しましょう。定期的に使うことで、色持ちも良くなり、綺麗な髪を維持できます!

白髪染めトリートメントと通常のヘアカラーの違いは何ですか?

白髪染めトリートメントと通常のヘアカラーには、いくつかの違いがあります。まず、白髪染めトリートメントは髪や頭皮へのダメージが少ないのが特徴です!トリートメント効果があり、髪に潤いを与えながら染めることができます。一方、通常のヘアカラーは染まりが良く、持続性も高いですが、化学成分が多く含まれているため、髪や頭皮に負担がかかることがあります。短期間で手軽に白髪をカバーしたい方には、白髪染めトリートメントが適していますが、しっかりと染めたい場合は通常のヘアカラーを選ぶと良いでしょう。

白髪染めトリートメントで理想の髪色を目指しましょう

今回は、市販の白髪染めトリートメントのメリット・デメリットと選び方を紹介しました。これらの製品はドラッグストアで手軽に購入でき、忙しい女性にとって便利な白髪ケア方法です。

白髪染めトリートメントは白髪染め、トリートメント、頭皮ケアが一度にでき、天然由来成分配合で肌の弱い人も安心して使用できます。選ぶ際は特徴と違いをリサーチし、口コミや評判も参考にして自分に合った製品を見つけましょう。

目次