1. TOP
  2. 巣鴨地蔵通り商店街の名物から穴場まで厳選14スポット!

巣鴨地蔵通り商店街の名物から穴場まで厳選14スポット!

IMG_3796-1
おばあちゃんの原宿こと「巣鴨地蔵通り商店街」。やすらぎと生活空間が同居する活気に溢れた街には約170の加盟店舗が軒を連ね、地蔵尊縁日(4のつく日)には片側に200近くの露天商が立ち並びます。

IMG_3046
そんなおばあちゃんたちの笑顔輝く”笑”店街マストスポットから穴場まで、ヤングでナウいあだちまる子が”ぶらり・お参り・ゆったり”見どころ紹介。

access_map

出典:http://www.sugamo.or.jp/accessmap.html

今回はJR巣鴨駅方面からスタートし、都電庚申塚駅方面を目指してテクテク散策してまいります。

すがもんのおしり【恋愛成就・案内所】

IMG_3065
まず目に飛び込むのはこちらの白くて大きな物体。その名も「すがもんのおしり」。巣鴨地蔵通り商店街公式イメージキャラクターとして親しまれている”すがもん”のおしりを模したオブジェが鎮座しておられます。

IMG_28981
モフモフのおしりにさわると恋が実るという都市伝説のもと、どうにかあやかろうと必死にフュージョン化を試みているだけで、トチ狂ってしまったわけではありません。

IMG_3970
併設されている案内所では、すがもん公式グッズや恋愛成就の絵馬お守り巣鴨地蔵通り商店街マップなどが手に入るので散策前に是非立ち寄りたい場所です。

住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3丁目32⇒Googleマップ

河村屋【玉ねぎのお漬物】

IMG_3919
「すがもんのおしり」の向かい側にあるのは、江戸文化文政期創業の創作漬物屋「河村屋」。

IMG_3923
玉ねぎをまるまる一個漬け込んだ「玉ねぎのお漬物 580円」、沢庵の上質部分を大振りにカットし長時間漬込んだ「大福神漬」などの創作漬物が人気を呼び、お土産や食卓の一品として広く親しまれています。

IMG_3054
人気ナンバー1の「玉ねぎのお漬物」をパクリ。シャキッとした食感玉ねぎの甘味が口に広がります。「醤油味」「赤ワイン漬」、冬季限定の「味噌味」「柚子味」が展開されており、サラダやご飯のお供としてもいただける逸品です。

営業時間:9:00~18:30
定休日:年中無休
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3丁目21−15⇒Googleマップ

雷神堂 巣鴨本店【手焼きせんべい】

IMG_2992
「お口サッパリしたらしょっぱいの食べたくなったね……?」と虚ろな目で問いかけるわたしが指差すのは、110種類以上の薄焼き・厚焼きお煎餅がずらりと並ぶ「雷神堂 巣鴨本店」。

IMG_3876
定番商品として大人気の厚焼き薄焼き各種、お醤油がたっぷり染み込んだ「割り餅」やおこげさんはもちろんのこと、お地蔵様の形を模った「地蔵せんべい」や、かわいい絵柄やメッセージの入った「名入れせんべい」はお土産にもピッタリ。

IMG_2991
「おったまげ!」と手に取ったのは「納豆チーズせんべい 145円」。納豆とチーズの濃厚な味わいせんべいの塩味のタッグがクセになるこちらの商品、絶賛ボリボリ食べながら執筆中。(お土産に購入した。)

IMG_2986
さらなる変わり種商品を紹介すべく手に取ったこちらのせんべいには「十度づけ」の文字が。醤油の重ね塗りと乾燥を10日間繰り返し完成される黒光りボディ。

巣鴨が生み出した美術品として江戸東京博物館に寄贈しちゃいたくなるフォルムに見惚れつつ、いざ実食。

IMG_2983
醤油の積載荷重は重めで堅硬、腹白でございます。濃口の旨さは酒のアテに持ってこいです。お値段は185円

営業時間:9:00~18:30
定休日:年中無休
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3丁目33−9⇒Googleマップ

玉屋【パワーストーン・守護石調べ】

IMG_3063
続いてやってきたのは雷神堂の向かい側、通りの左に面する「玉屋 巣鴨」。

IMG_3855
まばゆい光を放つ天然石アクセサリーが店内に多数ディスプレイされています。

IMG_3017
こちらのお店では、無料生年月日・干支・星座から導き出した自分だけの守護石を店員さんが教えてくれる「守護石調べ」というサービスがあります。

IMG_3015
というわけで私も鑑定していただきました。カードには守護石のみならず、ラッキーカラー・月別誕生石・生まれた日の石も記されており、自分や大切な誰かへのプレゼント選びに役立ちそうです。

営業時間:9:30~17:30
定休日:年中無休
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3丁目20−16 月岡ビル1F⇒Googleマップ

元祖東京塩大福みずの【塩大福】

IMG_3043
「まあるい綺麗な石を見ていたら、まあるい白い甘いモチモチのやつが食べたくなったなぁ。」食い意地娘が向かった次なる場所はこちら「元祖東京塩大福みずの」。

IMG_3820
ロングセラー商品として半世紀以上多くの人に愛されている、巣鴨を象徴する名物品塩大福」の元祖のお店です。

IMG_3036
説明もほどほどに、早速頬張ってみた大食漢娘。もっちり伸びる柔らかい餅に包まれたあんこの塩味と甘味の黄金比はまさに絶品。

巣鴨に来たら是非いただきたい大きな福(大福)は、どこか懐かしく素朴な味わいです。

営業時間:9:00~18:30
定休日:不定休
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3丁目33−3⇒Googleマップ

とげぬき地蔵尊 高岩寺

IMG_3023
とげぬき地蔵尊」の名で親しまれる「高岩寺」。とげぬき地蔵は高岩寺の本尊で延命地蔵として祀られており、とげぬき地蔵様に祈願すると病気が治ったり、寿命が伸びると言われています。

P1070782
山門をくぐったすぐ正面には大きな香炉があり、線香の煙が立ち昇っています。

P1070790
しっかり拝礼したところで、高岩寺へ来たら是非チェックしたいポイント3つをご紹介。

【洗い観音】

IMG_3047
高岩寺には「洗い観音」という観音菩薩様も祀られており、洗い観音に水をかけ、布で洗うと自分の悪いところが治ると信仰されています。先ほどの常香炉や洗い観音の写真を見る限り、どうしても私はアタマを治したいようです。

【原田耳かき店】

IMG_3028
高岩寺境内を見渡すとひときわ目立つ小さな露店「原田の耳かき店」。ご主人の手によって耳かき一本一本をそれぞれの耳の形にあわせ短時間で作り上げます。

P1070767
日本一高い耳かき」を自称するだけあって高額ですが、1日に20本程度しか出来ず一度作れば50年以上はもつということを考慮するとお買い得に思えてきます。

営業時間:9:00~17:00頃
定休日:不定休(雨の日など)
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3丁目35−2⇒Googleマップ

【とげぬき地蔵尊御影】

IMG_3021
とげぬき地蔵は秘仏なので姿を拝見することはできませんが、縦4センチ横1.5センチの和紙の中央に尊像の姿が描かれた御影100円があります。

P1070807
痛いところに貼ったり飲んだりすると治るといわれ、高岩寺本堂で授与しています。

IMG_3051
飲むお守り”とも言われている御影を早速体内に取り込むべくパクリ。

IMG_3048
お姉さんのようにそのまま飲み込もうとすると喉に引っかかり、「まさに喉仏ですね!」なんてご冗談も飛び出す事態に陥るので、良い子の皆さんはコップの水に浮かべ一緒に飲みましょう。

古奈屋【カレーうどん】

IMG_2995
お姉さんのように御影をそのまま飲み込んで「まさに喉仏ですね」状態になった悪い子に朗報。カレーうどんで仏様を胃に運びましょう。

toppageimage

出典:http://www.konaya.ne.jp/

高岩寺の脇道を入った左側に位置する「古奈屋」は、食材選びから調理に至るまで徹底的にこだわったカレーうどん名物。写真はえび天カレーうどん1,380円

1983年から続く人気店であり、全国展開する古奈屋の本店。巣鴨に来たら並んででも食べるべし。

営業時間:[平日]11:00~16:30(L.O.16:00)・[土日祝]11:00~18:30(L.O.18:00)
定休日:毎週火曜他
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3−37−1⇒Googleマップ

甘露七福神【塩あんみつ】

IMG_3035
仏様を胃に運び終えた貴方はこう思うでしょう。「甘いの食べたいな……」「きっと胃の中の仏様も甘いのを欲しているはずだよな……」と。

そんな寸劇を頭の中で繰り広げながら古奈屋の通りを左に曲がれば辿り着くのは、「甘露七福神」。

P1070760
甘露あんみつぜんざいおしるこなどの甘味の宝庫であるこちらのお店でぜひとも頂きたいのは、塩大福で有名な巣鴨ならではの特別オリジナルメニュー塩あんみつ

「長寿法」を意味する”マクロビオティック”の考えをもとに、白砂糖・乳製品・卵・人工甘味料・着色料を一切使わず、入手可能なかぎりのオーガニック素材を基本としたやさしい風味日本初マクロビオティック甘味処です。

営業時間:11:00~18:00
定休日:木曜日(縁日の場合は水曜日)
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3丁目37−5⇒Googleマップ

喜福堂【あんぱん】

IMG_3007
この娘っ子が手に持っているのは甘いやつですよね?そうです、また甘いやつです。でもこの甘いやつすんごい美味しかったんで紹介しますね。

P1070718
氷砂糖で練り上げた、こくと艶のある餡(あん)が特徴のあんぱん200円が人気の「喜福堂」。

店内は焼き立てホカホカあんぱんクリームパン、他にもたくさんの手作りパンの匂いで包まれており、カフェスペースもあります。

IMG_3004
初めて食べる焼きたてのあんぱんに至福の表情。温かいパンの中でとろける滑らかなすっきりとした甘さの餡は絶品です。

代々変わらぬ職人の技で作り上げられる”喜福堂のあんぱん”、ぜひご賞味あれ。

営業時間:10:00~19:00(売り切れ次第終了)
定休日:月曜日・火曜日(縁日・祝日は営業)
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3丁目17-16⇒Googleマップ

マルジ【赤パンツ】

IMG_3010
お待たせしました、巣鴨の代名詞と言っても過言ではない名物赤パンツ元祖のお店「マルジ」をご紹介。

巣鴨地蔵通り商店街のほぼ中央に位置する「マルジ4号館」で”赤の力”で元気と幸福をお届ける赤パンツが販売されています。

P1070710
写真の赤パンツ1,180円は酉年企画の福を酉(とり)込むフクロウ柄。

他にもマルジのアイドル「若ガエル」」や「すがもん」をあしらったかわいらしいデザインのパンツが多数取り揃えられています。

おじいちゃんおばあちゃんへの健寿の贈り物にいかが?

営業時間:10:00~17:45
定休日:年3日(不定期)
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4丁目22−7⇒Googleマップ

 

ファイト餃子【ホワイト餃子】

IMG_2973
おらが村の力自慢!みたいなお顔で紹介するこちらのお店は「ファイト餃子」。ファイトを体現したんですね。

巣鴨郵便局の一本手前の脇道に入り右手にあるこちらの店舗は、ホワイト餃子の技術連鎖店(餃子専門店ではない店舗)なのでラーメンチャーハンも楽しめます。

P1070702
パンや肉まんを連想させる厚い皮を油でパリパリに焼いたのが最大の特徴のホワイト餃子を店内はもちろん、テイクアウトでもいただけます。10個450円です。

意外な餃子の穴場である巣鴨の、長年愛されているソウルフードです。

営業時間:[平日]11:30~14:00、17:00~20:00[土日祝]11:30~(売り切れまで)
定休日:毎週火曜日(祭日は営業、翌水曜日休)/年末年始
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4丁目23−6⇒Googleマップ

ときわ食堂 庚申塚店【大人気店の穴場】

IMG_3009
巣鴨でお腹いっぱい美味しいものを食べたいときはココ!……と元気いっぱい紹介したいところですが、この行列に並ぶのはさすがに気が引ける。

でも「ときわ食堂」の揚げたてサクサクのアジフライ430円や新鮮なお刺身が食べたい……。

IMG_2977
そこで見つけたこちらの店舗。本店と変わらぬウマさと笑顔で迎えてくれる「ときわ食堂 庚申塚店」です。

巣鴨駅方面の本店に比べ、比較的スムーズに入店可能なので散策がてら足を伸ばしてみてはいかがだろう。

営業時間:[月~金]10:00~23:00(L.O.22:30)、[土・日・祝]9:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:年中無休
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4丁目33−2 藤川ビル1階⇒Googleマップ

まとめ

IMG_2978
800mにわたる商店街を端から端まで実際に足を運び厳選した今回の14選は、ほんの一部に過ぎません。高岩寺の「とげぬき地蔵尊」と眞性寺「江戸六地蔵尊」の2つのお地蔵様と巣鴨庚申塚に守られた信仰の街には、活気温かさが交え、訪れる人々に元気笑顔を与えてくれます。

\ SNSでシェアしよう! /

東京ルッチの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京ルッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あだちまる子

あだちまる子

東京のディープや名所を食い気と妄想で紹介します。

日サロに通いつつ家にこもってラジオを聞くネオギャルニート時代を経て、現在はライターをしている雑食で知育中の人です。
働くこと、運動すること以外はだいたい好き!
よかったらTwitterネトストしてくださいね。

この人が書いた記事  記事一覧

  • めざせインスタマスター【原宿編】フォトジェニックスポット13選

  • 今こそ秋葉原!定番観光スポットから新名所までおすすめ13選

  • 山と川しかない東京の秘境「白丸駅」で下車をするべき理由

  • 浮気調査や指紋採取!池袋の探偵カフェ「プログレス」で本物の探偵に出会う

関連記事

  • 羽田空港駐車場の料金から驚きのサービスまで完全ナビ!

  • 池袋に国際空港だと……?豪華ディナーとVRで極上ファーストクラス体験

  • 葛西臨海水族園でデート!あのマグロの群泳が完全復活!

  • 上野公園で800本の桜を楽しむ!【2016花見情報】

  • 東京駅の待ち合わせ場所はこれで安心!最新版を写真付き解説

  • 豊島園の映画館!ユナイテッド・シネマとしまえんで4DX体感