1. TOP
  2. 銀座のパン屋|何ものにも染まらない個性を貫くお店11選!

銀座のパン屋|何ものにも染まらない個性を貫くお店11選!

 2017/06/28 グルメ

IMG_1791
何につけても老舗の高級店が並ぶ銀座という街。この地でお店を出し、数多の競合店を相手に勝負するのは並大抵のことではありません。

IMG_1894-675x506アイキャッチ
そんな銀座で人気のパン屋さんは日々の探求を怠らず、こだわりを誠実に貫いてきたお店ばかり。何ものにも染まらない個性の強さを感じます。今回は、銀座のパン11選をご紹介。ナビゲーターはお菓子作家の山本蓮理です。

ザ・シティ・ベーカリー 東急プラザ銀座店

IMG_1747
銀座駅直結の「東京プラザ銀座店」内にある「ザ・シティ・ベーカリー」。ガラス張りのスタイリッシュなお店です。

IMG_1749
お店の中央には「SABA」の看板。イカスミパンとカレー風味の鯖がやみつきになる「スパイシーさばサンド 税抜680円」は、お店一押しの商品です。黒いパンに紫の野菜、そして鯖…インパクトしかありません。
ハード系ブレッドのサンドイッチは、ほかにも「生ハムとブリーチーズ 税抜680円」、「スモークサーモンとクリームチーズ 税抜680円」があります。

IMG_1907
半円型の厚いパイ生地
に、トマト、チーズ、バジルが挟まれた「マルゲリータ 税抜390円」を実食。バターをたっぷり使い、何層にも折り込まれたパイ生地のサクサク感がたまりません。チーズは厚みがあり、たっぷり入っていて食べごたえ抜群。トマトは大き目でジューシー、バジルは存在感があります。ワインやビールなど、お酒にも合いそうな一品でした。

ザ・シティ・ベーカリー 東急プラザ銀座店
住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 B2F ⇒Google map
営業時間:7:30~22:00
定休日:東急プラザ銀座店に準ずる

みやざわ

IMG_1766
サンドイッチが有名な喫茶店「みやざわ」。オレンジ色の看板が目を引く、レトロな外観が目印です。朝11:30からなんと翌朝4:00まで営業しています。そのため銀座の夜の世界でも重宝され、長年愛されてきました。

A Yさん(@ykc_a)がシェアした投稿

大人気の「たまごサンド 税込850円」は大きめにカットされた卵とパンにしっかりぬられたバター、塩気の強い味付けが特徴。気軽につまめるサイズ感がフィンガーフードとしても人気で、お土産にも重宝する一品です。「ヒレカツサンド 税込950円」、「ミックスサンド 税込850円」も人気商品です。

みやざわ
住所:東京都中央区銀座8-5-25 西銀座会館1F ⇒Google map
営業時間:11:30~翌4:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日

ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ GINZA SIX店

IMG_1785
銀座最大級の商業施設「GINZA SIX」の中にある「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」

IMG_1788
フランス製のビオ小麦粉
を使ったパンが並び、オーガニックにこだわりのあるパン屋さんです。東京にはこの一店舗のみしかありません。

IMG_1786
シンプルな「パン・サレ 税込195円」は、たっぷりのバターとフランス・ゲランド産の海塩を使ったどんな料理にも合うパン。

IMG_1787
デニッシュも充実。アーモンドクリームと洋ナシがのった「ポワール 税込281円」、ピスタチオ入りのアーモンドクリームに2種類のチェリーをのせた「スリーズ 税込281円」など。アーモンドクリームと果物の組み合わせはコクとさわやかさが共存し、甘めのデニッシュによく引き立ちます。

Le Boulanger de Monge GINZA SIX店
住所:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2F ⇒Google map
営業時間:10:30~20:30
定休日:GINZA SIXに準ず

ジャン・フランソワ GINZA SIX店

IMG_1789
GINZA SIXの地下2階は、人気パン屋さんが並んでいます。先ほどの「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」と、こちらの「ジャン・フランソワ」です。

IMG_1791
フランス最優秀料理人賞
を受賞したこともあるジャン・フランソワ・ルメルシエがプロデュースするパン屋さんです。素材の味が引き立つ優雅なパンは、本場フランスのパンを見事に再現しています。銀座店は全体的にに甘めのパンが充実していました。写真中央のピンクのパンは「クロワッサン・ハイビスカスフランボワーズ 税抜290円」。ハイビスカスの南国を思わせる華やかな香りと、フランボワーズのさわやかな酸味を感じるクロワッサンです。

IMG_1790
ジャン・フランソワで10年間不動の人気No.1「クロワッサン・フランソワ 税抜220円」は珍しいリボン型のクロワッサン。パリパリの食感とバターの風味が忘れられない一品で、今も日々新しいリピーターを獲得しています。

ジャン・フランソワ GINZA SIX店
住所:東京都中央区銀座6-10 GINZA SIX B2F ⇒Google map
営業時間:10:30〜20:30
定休日:GINZA SIXに準ずる

ブーランジェリーレカン

IMG_1810
老舗のフレンチレストラン「ロテスリーレカン」に併設されたパン屋さん「ブーランジェリーレカン」。東銀座駅近くの路地にあります。

IMG_1813
ショーケースの中には上品に並んだパン。ひとつひとつにこだわりをもって作られている印象が伝わります。

IMG_1811
気になったのは「赤ワインのカンパーニュ」シリーズ。赤ワイン(カベルネ・ソーヴィニヨン)を作る際に出るブドウの皮をピューレ状にしたものを練りこんだカンパーニュです。このパンを食べれば、赤ワインに含まれるポリフェノールまで取り入れることができます。さらにイチヂクのドライフルーツやくるみなど、美容と健康に良いもの尽くし!レーズンをプラスした「赤ワインのカンパーニュとノア・レアン」、栗をプラスした「赤ワインのカンパーニュと栗」、ドライクランベリーを加えた「赤ワインのカンパーニュとクランベリー」の3種類があり、いずれも税抜350円です。

IMG_1902
一体どんな味がするのか気になって「赤ワインのカンパーニュと栗」を購入。

IMG_1908
かわいらしいまん丸の形の中に、ぎゅっと栄養が詰まっています。色はほんのりワインレッド。食べてみると、ドライフルーツのねっとりと熟成された甘みが広がります。ほのかに赤ワインのテイストも混じっていて、体を刺激しない優しい甘さ。プチプチとした食感はドライイチヂクです。くるみの食感はちょうどよいアクセント。栗は大き目にごろっと入っていたり、時折小さく顔を出したり。全体にほっくりした温かみを加えています。芳醇で、ひたすらいろんな味が湧き出てくる泉のようなパンでした。

ブーランジェリーレカン
住所:東京都中央区銀座5-11-1 ロテスリーレカン ⇒Google map
営業時間:10:30~21:00
定休日:無休

アメリカン

IMG_1816
食パン一斤
を使った、豪快なサンドイッチが食べられる「アメリカン」。お昼前からランチ目当てのお客さんが列を作っている大人気店です。有名人にもファンが多く、サインもたくさん貼ってあります。お店の中で食べることも、テイクアウトも可能。

DSC02243
定番は「たまごサンドイッチ」食パン一斤に、溢れんばかりのたまごが挟まれています。写真は「たまごサンド&ツナサンド」なんとこれで税込み500円!!

DSC02241
パンが厚すぎてかぶりつくのは至難の業。少しずつ攻略していきます。店内でも食べる場合は、半分食べたところでギブアップしてしまうお客さんも多く、その場合は残り半分をお持ち帰りもできます。

サンドイッチの種類は、ほかにも「りんご入りチキンサンド」「ハンバーグサンド」があり、どれも500円。「パストラミビーフサンド」「ローストチキンサンド」のみ600円です。

アメリカン
住所:東京都中央区銀座4丁目11-7 ⇒Google map
営業時間:朝:8:00~10:30/午後:12:00~18:30
定休日:土曜日・日曜日・祝日

スワンベーカリー 銀座

IMG_1819
昭和通り沿い、東銀座二丁目の信号のすぐそばにある「スワンベーカリー」。リーズナブルで豊富な種類が嬉しいお店です。併設された大規模な「スワンカフェ」では、スワンベーカリーのパンを使ったリッチなサンドイッチが食べられます。

IMG_1821
ベーカリーの人気No.1は、「北海道産コーンとチーズのパン 税抜130円」。北海道・十勝産のスーパースイートコーンを生地に練りこみ、ダイスチーズを包んだパンです。ふわりとしたソフトな食感で、大人から子供まで楽しめます。

IMG_1823
人気No.2は、「Happyクリームパン 税抜190円」。北海道のミルクを使用したパンはほんのり甘く、中にはカスタードとホイップクリームの2層のクリームが入っています。同じ「Happy」シリーズの「Happyあんぱん 税抜160円」も銀座店おすすめの一品。中には粒あんとクリームチーズが入っており、表面は羊羹でコーティングされている和洋折衷の創作あんぱんです。

スワンベーカリー 銀座
住所:東京都中央区銀座2-12-15 ⇒Google map
営業時間:[月~金]7:30~19:00/[土]9:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

ビゴの店 ドゥース・フランス

IMG_1836
銀座マロニエゲートの地下2階にある「ビゴの店 ドゥース・フランス」。ドンクから独立したフィリップ・ビゴが設立した添加物を一切使わないフランスパンのお店です。店の壁の至るところでビゴさんが見守っています。

IMG_1837
定番のクロワッサンから、クロックムッシュ、ピザなど、親しみやすいパンが並んでいます。

IMG_1839
「スーリーペペ 税込216円」
は、フランスで幸運を呼ぶとされているねずみの形をしたパン。中にはカスタードクリームが入っています。

IMG_1899
「フーガス~グリュイエール~ 税込378円」
を実食。この大きさ!!なんと直径27㎝驚異のビッグサイズです。フーガスとはこの葉っぱのような形のことで、フランスのパンでは定番ですがこんなに大きいのは見たことがありません。

IMG_1910
食べてみると歯ごたえしっかり。グリュイエールチーズの風味と塩気が全面にいきわたっています。トースターで焼いてみると、カリカリのチーズがさらにカリカリになって香ばしさ全開!思わずビールがほしくなりました。なんといっても大きいので、食事の付け合わせにちぎりながら食べるのもいいかもしれません。

ビゴの店 ドゥース・フランス
住所:東京都中央区銀座3-2-1 マロニエゲート2 B2F ⇒Google map
営業時間:11:00~21:00
定休日:銀座マロニエゲートに順ずる

セントル ザ・ベーカリー

IMG_1831
究極の食パンとサンドイッチを味わえると好評の「セントル ザ・ベーカリー」。人気の高さから、食パンは一人一日3本までと制限されています。 どの時間帯に行っても常に列ができており、30分以上は並ぶこと必至。だけどそれに値するだけの味が、このお店にはあるのです。

@tikakotoaikoがシェアした投稿

併設のレストランではさらに食パンを堪能できるメニューが満載です。朝10時からは食パン食べ比べが可能。2~3種の食パンとジャムやバターの組み合わせを楽しめます。

サンドイッチは11時から注文可能。中の具材に合わせて使用する食パンも変えており、「オムレツサンドイッチ 税抜800円」、「べジ・ポテトサンドイッチ 税抜1,500円」、「フルーツサンドイッチ 税抜1,800円」などでは国産小麦の角食パンを使用。「ハムステージサンドイッチ 税抜1,600円」、「ビフカツサンドイッチ 税抜6,000円」!!!!では、北海道小麦のプルマンを使用。「BLTサンドイッチ 税抜1,200円」、「クラブサンドイッチ 税抜2,400円」では、カリカリに焼いて食べるのにおすすめな山型のイギリス食パンを使用しています。

セントル ザ・ベーカリー
住所: 東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル 1F ⇒Google map
営業時間:10:00〜20:00
定休日:月曜日

アンティーク 銀座本店

DSC02235
かわいらしい外観で笑顔になれる「ハートブレッド」を提供する「アンティーク」。何度もテレビで取り上げられており、女性に人気のパン屋さんです。パンはオリジナリティにあふれた甘いものが主体で、ハード系はあまり見当たりません。

看板商品の「マジカルチョコリング 税込637円」は、リング型のデニッシュ生地にたっぷりチョコレートを焼きこんだパン。かわいらしいテイストですが、大きさは直径20㎝以上。重量感もあります。チョコレートは、少し焼くととろりと溶けだしてまた違った楽しみ方ができます。ビターなチョコチップとくるみも練りこまれているので、大きいながらも飽きずに食べることができます。
20㎝は大きすぎる!という方は、マジカルチョコリングの小さい版「ベイビーリング 税込205円」もありますよ。

アンティーク 銀座本店
住所:東京都中央区銀座3-4-17 OPTICA 1F ⇒Google map
営業時間:10:00~21:00
定休日:無休

木村家 銀座本店

IMG_1842
1930年創業、150年近く愛され続けている「木村屋」。百貨店でもおなじみですが、本店は銀座にあります。

IMG_1843
お店に入ると、まず最初に小ぶりのパンを販売するコーナー。表面にけしの実がまぶされた「けし 税込162円」、桜の塩漬けをのせた「桜 税込162円」など、趣向の凝らされたパンが10種類近く並びます。あんの代わりに大きな黒豆を包んだ変わり種も。

IMG_1846
店の奥に進むと、「あんバター 税込249円」 の山があり、「当店1番人気」の文字が。これに出会うためにここに来たんだ…と運命を感じ、

IMG_1900
即購入してしまいました。

IMG_1918
あんは、木村家自慢のほっくりとふくよかな甘さ。豆の味がしっかり生きて、歯ごたえもあります。バターはふわふわのホイップバター。くせのない味があんを引き立て、とろりと溶けていきます。パンが弾力のあるソフトフランスパンなので、ふわふわの中身とのコントラストをより感じることができて、新食感に感動。これが普通の柔らかいパン生地だったら全体がやわらかすぎて、なんとなく飲み込んでしまうものになっていたかもしれません。老舗から生まれた新しいスタンダードに脱帽の一品でした。

木村家 銀座本店
住所:東京都中央区銀座4-5-7 銀座木村家 1F ⇒Google map
営業時間:10:00~21:00
定休日:大晦日、元旦を除いて無休

まとめ

強い個性を感じる 銀座のパン屋さん11選、いかがでしたか?老舗から最新のお店までテイストは様々ですが、それぞれに「行ってみたい!」と思わせる魅力がありました。銀座に繰り出したときは、ぜひ心に決めたパン屋さんに足を運んでみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

東京ルッチの注目記事を受け取ろう

IMG_1894-675x506アイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京ルッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

山本蓮理

山本蓮理

夜が似合う音楽・言葉・お菓子作家。見た目によらず低い声で歌い、話す。「夢見菓子」という焼き菓子屋さんをやってます。お菓子作りの知識を活かして、東京のオススメスイーツを中心に紹介していきます!
【夢見菓子HP】http://yumemigashi.com/
【Twitter】@renlie
【Instagram】renlie0410

この人が書いた記事  記事一覧

  • IMG_0486

    自由が丘のパン屋|お洒落な街で日常を忘れて食べ歩きたいパン10選

  • 銀座スイーツアイキャッチ

    銀座のスイーツ|老舗和菓子店と新進気鋭の洋菓子店9選

  • IMG_1894-675x506アイキャッチ

    銀座のパン屋|何ものにも染まらない個性を貫くお店11選!

  • DSC09195

    表参道の屋台村「COMMUNE 2nd」は青空の下で昼飲みが楽しめる!

関連記事

  • dsc00310

    グルメマンがオススメする品川駅のお土産15選【2017】

  • 20160331-IMG_5231-1

    東京で絶品ケバブが食べたいなら六本木へ!【人気3店舗を紹介】

  • 20170610-DSC08997

    全国の農家・料理人が集結!青山ファーマーズマーケットが楽し過ぎ!

  • DSC07405

    お台場の『東京ラーメン国技館 舞』完全ナビ【全店舗メニュー紹介】

  • AKB48cafe-11

    秋葉原の新名所!AKB48カフェ&ショップ秋葉原

  • 神楽坂スイーツアイキャッチ

    神楽坂のスイーツ|優雅な気分でたしなみたいお店13選