1. TOP
  2. これを読めば楽しさ10倍!ディズニー・アート展の見どころナビ!

これを読めば楽しさ10倍!ディズニー・アート展の見どころナビ!

 2017/07/13 イベント

DSC00252

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

お台場の日本科学未来館で開催されている「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」。ミッキーマウス誕生から最新作「モアナと伝説の海」まで、約90年分のディズニー作品の原画が500点も展示されています。初期から現代まですべてのディズニー作品を網羅した展示会は日本初の試みです。

ちなみに、90年近い歴史をもつディズニーには6500万点以上もコンセプトアートからスケッチ、原画、セル画、近年の3DCG作品に関するデータなどが保管されているそうです。

今回展示されている原画は、そのほとんどが日本初公開のものばかり。期待で胸が高まりますね!

DSC00029

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

そんな「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」の見どころを、映画コミュニケーターの杉本結がナビゲート。ディズニー作品の魅力や裏話もあわせて沢山の写真でご紹介します。実は・・・美女と野獣のTシャツを着てはりきっております(笑)。

入場

DSC09883
「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」はお台場の日本科学未来館の企画展示ゾーンで行われています。

DSC09885

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

入り口からミッキーマウスがお出迎え。では、さっそく中へ入ってみましょう。

DSC09888

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

まず入場して最初にオススメしたいのが音声ガイド

この音声ガイドわかりやすくて、聞きやすくかなり大好評だそう。

ナビゲーターは声優の山寺宏一さんと「モアナと伝説の海」でモアナ役の吹き替えを担当した屋比久知奈さん

見逃しがちなポイントまで二人の案内にそって歩きながら聞いていると、見逃すことなく自然と理解が深まっていきます。

音声ガイドも準備したら早速奥へと進みます。

アニメーターズ デスク

DSC09890

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

この紙がひらひら舞ってる一枚一枚もディズニーキャラクターが描かれているんですよ。

体験型!いのちを吹き込むペンシルテスト powered by teamLab

20170607_085501_HDR

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

入ってすぐに待ち構えるのは数々の巨大スクリーン!

DSC09902

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

スクリーンの近くに立つとパラパラ漫画のように動き出します。

どんなキャラクターがいるのかは会場に行ってからのおたのしみ!!

動き出すいのち~重力をもったキャラクターたちの誕生~

次のエリアの入口にはなんと、ウォルト・ディズニーとミッキーマウスが写る大きなパネルが。残念ながら写真で紹介する事は出来ませんが、必ずチェックして下さい!

DSC09949

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

そして、こんなに可愛いミッキーマウスの壁をくぐると、そこにはミッキーマウスの主要キャラクターの原画が!

DSC09942

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

どれも古くて貴重な一枚。今とは少し違うキャラクター達がそこにはいる。

IMG_8151-1

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

このアート展で忘れてはいけないポイントのひとつ。そう隠れミッキーがこんなところに!

これは回転する円筒をスリットからのぞき込むと絵が動いて見える「ゾートロープ」。

DSC09938

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

ぜひのぞいてみてください!三種類の絵が楽しめますよ。

最初の入り口でみたパラパラ漫画やゾートロープのように、何枚もの紙に絵を描いて動いて見える様にすることで躍動するキャラクターが生みだされてきたのでしょう。

DSC09921

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

そして1928年世界初の短編トーキーアニメーション「蒸気船ウィリー」からウォルト・ディズニーの絵に「いのちを吹き込む魔法」の歴史は始まったのです。この時代はちょうどサイレントからトーキーに移り変わっているまさにそのまっただ中。サイレントからトーキーへの移り変わりと言えば名作「雨に唄えば」。ぜひチェックしてみてください!

魔法のはじまり~あくなき研究と開発の日々~

世界初の長編カラーアニメーションってなんだか知っていますか?

誰もが知ってる作品なんです。

DSC09958

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

そう「白雪姫」です。最初のコンセプトアートは少し私たちが知る白雪姫とは違いますね。

ここから長い時間試行錯誤されて生まれたのでしょう。

写真では紹介できませんが「白雪姫の鏡」の展示もありますよ。

一体何が映し出されるかは行ってからのお楽しみ。

そしてここから更なるディズニーの挑戦が始まります。

DSC09975

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

ピノキオ」で挑戦したのはマルチプレーン・カメラを用いた奥行きと立体感の表現です。

DSC00013

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

実際にどのような効果なのか体験できるようになっています。

会場に足を運んで体験することで理解もより深まります!

DSC09980

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

ディズニーファンの中で人気の高い「ファンタジア」クラシックのコンサート・プログラムとアニメーション映像の融合を目指して作られた歴史的名作。

実は人気の高いエピソード「魔法使いの弟子」は実写化もされています!

この作品ではとにかく音にこだわりファンタサウンドという音響の録音・再生システムを開発したそうです。

DSC09999

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

続いては「ダンボ」。この作品では象であるダンボに台詞はなく、表情や仕草で感情を表現するという難題に取り組みました。象が空を飛ぶという発想が素晴らしいですよね!

そしてダンボに実写化決定のニュースが!監督はなんとティムバートンだとか・・・・・・。

一体どんな作品ができあがるのか期待と不安でドキドキします。

DSC09994

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

「バンビ」に関してはなんと実際に生きている子鹿を飼い、動きの研究をしたようです!これには驚きました!!

ここまで紹介した作品ができあがるまでには、ただアニメーションを作っているだけではなく音や感情、リアリティの追求など研究と開発の日々であったことは伝わりましたでしょうか?

これだけのことを1930年代後半から1940年代前半にかけて行っていたディズニー。素晴らしいという言葉では足りません!

DSC00014

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

続いては「ラテン・アメリカの旅」。私が唯一未鑑賞だった1本です。ウォルト・ディズニー達製作チームが実際に南米視察旅行に出かけて出来た、4本の短編アニーションで構成されている作品です。登場するのはディズニーでもメインのキャラクター達のようです。せっかくなのでこれを機にみようと思います。

魔法の使い手たち~表現の多様化とひろがる世界観~

DSC00026

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

このアシンメトリーになった独特の世界観。ここからは「ふしぎの国のアリス」の世界。

私が指さす先には不適に微笑むあの人気キャラクターが・・・・・・。わかるかな?

DSC00030

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

この頃からカラー・スタイリストとしてコンセプトアートを描いてきたのはメアリー・ブレアさん。彼女単体の個展が開かれるほどの人気があるんです。

DSC00033

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

私たちが知ってるアリスとは少し違うアリスが見れるのも、このような原画展に足を運んでこそ!コンセプトアートからどんどん話を何年も練りに練って、今の形に仕上がったのだと考えると感慨深いですね。

DSC00050

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

ここは「わんわん物語」の世界。作品は犬目線から描かれているので、しゃがんで世界に入り込みましょう。原作を持たないオリジナルストーリーであり、長編としては初めてシネマスコープ+という横長ワイド画面で制作された作品です。

DSC00064

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

この怖い絵は誰でしょう?これ「眠れる森の美女」に出てくるマレフィセントのコンセプトアートなんです。「マレフィセント」と言えばアンジェリーナ・ジョリーが演じて実写化したのが記憶にも新しいと思います。

DSC00066

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

ここでびっくりしたのは背景画が今までのものに比べてかなりリアルで美しい。手書きだとは信じられないレベルでかなり近寄って観てしまいました。

6年もの歳月を掛けて制作された大作であったというのも納得!

DSC00061

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

この絵といったら「101匹わんちゃん」。原作の時代そのままではなく、現代を舞台にするという新たな試みがなされています。

また名前の通り101匹の犬を描いていたら本当に終わりません。

今の私たちなら「コピペしたらいいじゃん!」って思いますよね?それを1961年に出来たこの映画の中でゼロックスによるコピーが導入されているのです!

DSC00058

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

さらに作品の中で登場する車の動きを忠実に再現するため、ミニチュアを作って走らせてみたりもしているのです。本当にディズニーの作品ってどれも手抜きがなくて素晴らしい!

DSC00068

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

ウォルト・ディズニーが生前に手掛けた最期の作品ジャングル・ブック

なんと先に声優が録音をしてから、その音に合わせてアニメーションを作ったというのが驚きです!!

DSC00074

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

「ジャングル・ブック」も最近、実写化されましたね。やっぱりCGってすごいですよね!実写版は第89回アカデミー賞(2017)視覚効果賞を受賞しています。

新たな次元へ~デジタル、ミュージカルの海へ~

ここからのエリアは耳を澄ましてみてください

各作品ごとにエリア分けされていて、その作品の曲が流れているのを聞きながら原画が見られるようになっています。

DSC00093

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

このエリアの最初は「リトルマーメイド」のブース。この頃からディズニーの音楽をハワード・アッシュマンとアラン・メンケンが担当しています。

DSC00088

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

音楽を聴きながら見る原画は見応えたっぷり!

リトルマーメイドから三年後に誕生したのがなんとあの名作・・・・・・、

DSC00098

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

そう!「美女と野獣」です。アニメーション史上初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされました。その年のアカデミー賞では歌曲賞、作曲賞を受賞しています。ミュージカルアニメーションとして最高の評価を得た作品です。

DSC00105

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

そんな美女と野獣ですが・・・実は制作時間が短すぎて冒頭部分に出てくる背景は「バンビ」からもらってきたものであったり、野獣が最初は四足歩行だけど途中から二足歩行になっちゃったという話は美女と野獣のDVDの副音声で明かされています。興味がある方はぜひチェックしてみてください!!

DSC00103

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

美女と野獣といったら実写版がエマ・ワトソン主演で大ヒット公開中。最近ちまたでは黄色い服が飛ぶように売れているらしいです。結婚式のドレスも黄色の人気が高まっているそうです。ここのブースは混み合いそうですね。

DSC00113

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

次のブースはがらりと雰囲気が代わり「ライオン・キング」のゾーンです。

クライマックスで描かれるヌーの大群が暴走するシーンでは、最新のCG技術を導入し約2分半のシーンを制作するのに1年半もの時間が費やされたそうです。とても驚きました!

ここは原画展でじっくり見て欲しいポイントです。

DSC00114

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

ポカホンタス」が生まれたのは1995年。アメリカ大陸に住むポカホンタスとイギリスからやってきた探検家ジョン・スミスの交流を描いたラブストーリーです。

この頃から少しずつディズニープリンセスは、夢見る少女から強い女性が描かれることが増えてきたように思います

DSC00117

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

ディズニー作品として初めてアジアを舞台にした作品「ムーラン」。

中国のことを知るために3週間ほどスタッフは現地に滞在して観察や記録、スケッチをしたようです。

つながるいのち~多様な社会や地球の未来に向けて~

1995年、世界初の3DCGアニメーション映画「トイ・ストーリー」が公開されました。アニメーションは3DCG時代へと突入。そしてピクサーと一緒になってからはより社会的なテーマを扱う作品が増えてきた印象です。

DSC00128

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

グリム童話「髪長姫」を原作に、ディズニー長編アニメーション50作記念作品として制作されたのが「塔の上のラプンツェル」。コンセプトアートの段階では少しおどろおどろしい雰囲気があったりもしますが、長い髪の毛が怖いものとして描かれるのではなく、ディズニーの魔法にかかればそれが一つの個性のように描かれています。また、長い髪がまるで生きているかのように、活き活きと感情をもっているかのごとく表現することに挑戦しているのです。

378
実はラプンツェルの大ファンの杉本は自身の結婚式で「ラプンツェルヘアー」に挑戦しました(笑)。

普段なかなか挑戦できないだけに結婚式では人気のヘアースタイルです。

DSC00133

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

実は、ラプンツェルで流れる曲も結婚式で使用されることが多く人気です。

DSC00137

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

さぁ、お次は「シュガー・ラッシュ」。ゲームに登場するキャラクターたちを主人公にした異色の冒険ファンタジー。

DSC00139

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

題名の通りお菓子の国を、本物のお菓子で再現したジオラマなどもみられます。

シュガー・ラッシュ」の続編の公開も決まっているようなのでこれからも目が離せない!

そして2014年に一世風靡したあの作品がやっとやっとここで登場!

DSC00142

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

アナと雪の女王」!映画館に連日通う人が続出したり、主題歌が大ヒットしましたよね!

写真中央には、作中に登場するあの「家族の肖像画」が。目に焼き付けておきましょう!

DSC00145

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

ここまでじっくり見て回ると1時間以上はたちっぱなしの状態。そして人気のエリアであるここは人があふれている日もあるようです。

杉本は楽しくてはしゃぎすぎてそんなことあまり気にならなかったのですが、どうやら疲れた人たちが大勢ここのベンチに座っているみたい。

ここのエリア以降はいくつか座れる場所がありますよ!

DSC00151

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

アナ雪と言えばもちろん「雪」!雪を表現するために、新たなシステムを開発。約200種類もの雪の結晶のモデルを作り上げたそうです!

ディズニーの進化は止まりませんね。

DSC00154

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

ヒロという少年が活躍する「ベイマックス」。

主人公のヒロとロボットのベイマックスとの冒険と友情を描くストーリーです。

DSC00153

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

この街は、サンフランシスコと東京からインスピレーションを得て作り上げたそう。

ベイマックスの原題は「Big Hero 6」というくらいヒーロー物でもあるのです。

DSC00164

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

2016年の「ズートピア」を観たときの衝撃は忘れられません。動物の世界「ズートピア」を舞台にうさぎの新米警察官とキツネの詐欺師のコンビが活躍する新感覚のバディー・ムービーです。だけどみているうちに動物が人間のようにさえみえるほど内容は社会派なのです。

2017年のアカデミー賞長編アニメーション映画賞をみごと受賞しています

DSC00172

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

本年公開「モアナと伝説の海」は、海に選ばれた少女モアナが愛する人々と滅び行く世界を救うため悩み傷つきながらも大海原での冒険を繰り広げるストーリー。

最新技術の導入により「水」の表現はリトルマーメイドと比べものにならないほどリアルで鮮明なものになっています。

DSC00168

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

最近のディズニー映画には、実は他の作品のキャラクターがこっそり現われているんです!

モアナに出てくるディズニーのキャラクターを探すために、杉本は字幕と吹き替え二回劇場へ足を運びました。モアナではアナ雪のキャラクターやリトルマーメイドなどなど、たくさん隠れているので今後見直すときには要チェックです!

そして、このエリアの最後にある「アニメーション・シアター」には、大きなスクリーンがあり「ディズニープリンセスの移り変わり」などテーマごとにまとめられた動画を見ることが出来ますよ!ここまでみてきた作品の総復習が様々な角度からされていて面白い!

以上が原画の展示エリアです。見どころは伝わったでしょうか?

グッズショップ

20170607_101758

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

原画展を楽しんだ後はグッズショップへ!

600アイテム中420アイテムはここでしか手に入らないので欲しいと思ったら買いです!

DSC00236

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

これは買うしかない!この展示会の原画が載っている図録2,800円(税別)。表紙のデザインが2種類ありますよ!

DSC00239

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

いっぱいあって迷っちゃう豆皿650円(税別)。品切れのデザインもあるくらい人気です!

DSC00248

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

グラス800円(税別)は、涼しげでこれからの季節にぴったりですよね!

カメラマンとして同行してくれていた新婚のグルメマンが2つ買っていました。

DSC00231

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

ポストカードは200円(税別)から揃います。様々なデザインとサイズがありますよ。

私もこのアリエル購入しました。

DSC00212

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

クリアフォルダMagic450円(税別)。ただのクリアフォルダではないんです。白い紙をいれると原画がみれるんですよ。お土産の中でもかなり人気が高い商品です。

DSC00216

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

私が購入した中で大正解だったのがこのビニールポーチ700円(税別)。カバンの中でぐしゃっとなっちゃう紙類をきれいに収納できます。

DSC00214

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

これ買っとけば良かったと後悔したマスキングテープ500円(税別)かなり可愛かったです。オススメ!!

ここでしか購入できない商品が多いのでお友達や家族へのお土産にも最適。

そして思ったより一つ一つの商品の価格設定がお手軽プライス!気になった商品は買いそびれないようにご注意を!

無料のフォトスポット!

せっかくきたからどこかで記念撮影したいですよね?

ここで良い撮影スポットをご紹介します。

※展示会場内は撮影禁止です。

DSC00247

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

展示会場を出た横にこんなエリアがあるんです。ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」とコラボしたフォトスポットです。

今回チームラボは原画展の入り口から入ってすぐのパラパラ漫画も担当しています。

DSC00244

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

早速、杉本が挑戦。

思ったよりすぐに撮影されるからポーズに困ってるとすぐ撮られちゃいます。

チームラボ1

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

こんな感じにとれました。撮影を行った6月はベイマックスでしたが月ごとにキャラクターが変わるそうです!是非チェックしてみましょう。

観覧料・会場・期間

DSC09883
観覧料・会場・期間をご紹介。なんと東京だけではなく全国をまわる予定になっています。

<観覧料 (税込)>

当日 団体
大人(19歳以上) 1,800円 1,600円

中人(小学生~

18歳以下)

1,200円 1,000円
中人 土曜 1,100円 900円

小人(3歳~

小学生未満)

600円 500円

<会場・期間>

東京
期間:2017年4月8日(土)~9月24日(日)
会場:日本科学未来館 企画展示ゾーン
開館時間:10:00〜17:00《入場券の購入および会場への入場は閉館時間の30分前まで》
     金曜、土曜、祝前日、お盆は21:00まで開館!
休館日:火曜日《ただし、7月25日、8月1日、8日、15日、22日、29日は開館》

公式サイト : http://da2017.jp/
お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

大阪
期間:2017年10月14日(土)~2018年1月21日(日)
会場:大阪市立美術館

新潟
期間:2018年2月17日(土)~5月13日(日)
会場:新潟県立近代美術館

仙台
期間:2018年6月16日(土)~9月30日(日)
会場:宮城県美術館

まとめ

DSC00148

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」を取材し、ディズニーの長い歴史とその中で生まれた技術は、本当にたくさんの挑戦から生まれていることがわかりました。

そしてひとつの作品にいのちが吹き込まれる瞬間に出会えるのが原画展という貴重な機会です。

土日祝日、これからの夏休みは大変混み合うことが予想されます。

そんなときはディズニー・アート展待ち時間Twitterから混み具合のチェックができますよ。

貴重な機会なのでディズニーファンの方はお見逃しなく!

<関連記事>

お台場『日本科学未来館』を上手に楽しむ10のポイント

[cft format=0 ]

\ SNSでシェアしよう! /

東京ルッチの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京ルッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

杉本結

杉本結

好きなことは全部したい。映画を通じたコミュニケーションのとりかたを様々な形で考えています。女性は常にキラキラしていてほしい。ボディージュエリーの講師の資格持ってます。本業は臨床検査技師。様々な資格や業界の視点を活かしたライター業もしています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • これを読めば楽しさ10倍!ディズニー・アート展の見どころナビ!

  • フランス映画祭2017|楽しみ方徹底ガイド【後編】

  • フランス映画祭2017|全11作品の見どころ徹底解説【前編】

  • 無料で楽しめるショートフィルム映画祭!SSFF&アジア2017の注目作品と開会式レポ!

関連記事

  • 国際展示場(東京ビッグサイト)のランチ!絶品お昼ご飯13選!

  • 東京スカイツリー(R)が「進撃の巨塔」と化した…「進撃の巨人」大型コラボイベント

  • ダイバーシティはガンダムだけじゃない!注目スポット11選

  • 3日間限定!『ヴーヴ・クリコ 』のハロウィンイベントが六本木で開催!

  • 東京スカイツリー(R)で「リサとガスパール」とコラボしたクリスマスイベント開催中!

  • 池袋パルコにオープンした「ミニオン大脱走CAFE」でフォトジェニックなご飯を食べてきたよ