1. TOP
  2. あの人もライブした!渋谷の歴史あるロック喫茶「B.Y.G」

あの人もライブした!渋谷の歴史あるロック喫茶「B.Y.G」

 2016/01/25 カフェ

BYG-12

かなりお久しぶりです。アンダーグラフ真戸原です。

季節は秋も終わり冬の真っただ中。年も2016年となりました。

そんな僕が今回取材したのは、渋谷にあるB.Y.Gというお店。
といっても取材したのは、真夏の事。
なので写真の服装がTシャツですが気にしないでください(笑)

B.Y.Gは喫茶店・レストランでもあり本格的なライブも行われている、歴史ある「ロック喫茶」。

先にいうと、僕は魅了されてしまった。みなさんも、きっとそうなるはず。

外観

さて、まずお店の入り口はこんな感じ。

BYG-1

蔦に囲われた外観が、関西出身の僕には大好きな甲子園を思い出させます(笑)

場所は渋谷駅から道玄坂を少し上り右に入ったあたり。百軒店(ひゃっけんだな)という、元々は渋谷の中心街だった地域だ。

B.Y.Gが誕生したのは1969年とのことなので、このあたりが中心街だったころから渋谷の街とともにあり続けている。

BYG-4

歴史を感じるデザインと色の店看板。

東京に来て15年にもなるのに、失礼ながら僕はこのB.Y.Gという歴史あるロック喫茶を知らなかった。
勿論ライブをした事もなかった。

1階:歴史あるサインたち

BYG-7

入口の扉を開けると、ビートルズやビーチボーイズのレコードや、マリリンモンローの写真が飾られてある、全体が木製で出来ている。うむ、好きな感じだ。
そう思いながら、なんだか、普通のライブハウスとは違う、空気を感じる。

BYG-8

BYG-19

なんか空気が重いような、深いような、なんか何とも言えない空気感。
だけど、嫌な感じじゃない。

僕が生まれ育った街の近くには、古本屋さんが何故か沢山あった。
小学校の頃は、その古本屋さんを自転車ではしごして回った。
すると、僕の生まれる前の鉄腕アトムや鉄人28号のマンガ本が売られていたり、古い小説が山積みで置いてあった。そして「いらっしゃいませ」も言わない店員さんが奥に座っている。あの感じ。そこには作品の歴史が充満している。

その空気をなんとなくお店に入った時に感じた。
その理由は後に書くとして、入口からすぐ右にはカフェスペース。

BYG-12

壁にはわかりやすくサインが書かれている、、、。

あれ、これもまた今までと違う感覚、、、。

 

この際だから言ってしまうが、僕はライブハウスの楽屋などにか書かれてある、

落書きだったりどこのだれかわからないサインだったり、鏡にまで貼ってあるバンドのステッカーが好きじゃない。

いったい何の意味があってこんなに壁を汚すんだ。しかもほとんどの落書きが気持ち悪かったり下ネタだったり、、、。

公園の公衆トイレを連想させるあの雰囲気が苦手だ。父が左官という職業というのもあってか、壁に落書きが沢山あるのが苦手だ。

しかし、BYGは違った。落書きなんかじゃない。なんかそう感じたのだ。

 

BYG-9

ロンドン、リバプールでライブしたとき、書かれてあるものと同じにおいがする。

何時から日本のライブハウスが落書きだらけになったか知らないが、本来はきっとこんなB.Y.Gの壁のようなそんな意味があったんだと思う。

それは、落書きではなく、この場所に音楽という魂を残していった証。またこの場所に敬意をもってのサイン。

それが遠目から見てもわかった。

 

あきらかに普通のライブハウスとは、歴史も思いも違うのだと。

近づいてサインを見てみると、、、

BYG-16

ほら、いきなり、泉谷しげるさん。そのすぐ下には、Superflyさん。

店内にはあの伝説のバンド「はっぴいえんど」がここでライブをした時の写真まである。

 

店長さんに話を聞いた。

BYG-48

歴史ありますね、、、。ここ。

と失礼な質問をする僕に、店長さんは優しいまなざしで色々話してくれた。

「Charさんも高校生の時からよくコーヒー飲みに来たり、たまり場のようにいろんなミュージシャンがここでレコードを聞きながら時を過ごしてたんですよ」と。

そんな話、、、さすが東京だなと。時間を間違え渋谷から真夏の日差しの中走ってきた僕にごゆっくりどうぞと飲み物を差し出してくれ、

この空気感に浸る。

BYG-17

汗だくだな(笑)

なぜかというと、てっきり取材の時間を間違え大遅刻してしまったから、、、。
店長さんすいません、、、。

2階へ

BYG-22

階段を昇ると、、、

BYG-32

2階もカフェスペース。

BYG-27

おしゃれだ。一番好きな感じだ。

最高だ。

を繰り返す僕。

bygfood3

こちらはフードメニューの一部。(詳しくはお店のウェブサイトに掲載されています。)

地下:ライブスペース&バー

続いて地下へ。

BYG-36

じゃん!ライブスペース。最前列との距離1m。

だけど、この空間、たった1mしかないのに、もしここで「はっぴいえんど」が演奏していたら、実際1mしかない距離が、何百メートルにも感じてしまうだろうなって感覚。

演者の魂が積もり積もっている。そんな空間。

 

BYG-44

数段上がったところはカフェバースペースになっていて、こうやってライブを見ることが出来る。

椅子の色もテーブルも最高だ。

BYG-47

バーカウンターもある。

もうずっとここにいたくなる。

まとめ

BYG-43

何もかもが最高だったB.Y.G。

最後の一枚は、歴代のライブ写真。

はっぴいえんどさん、BIGINさん、トータスさん。

みんな好きなアーティストばかりが飾られていた。

知らなかったな。

 

帰り際、僕の一言、「デモテープ送るんで、ライブさせてください笑」

ライブハウスなんてどこも一緒と思っていた自分を恥じた。

 

BYG最高!

 

<店舗情報>
B.Y.G
〒東京都渋谷区道玄坂2-19-14
03-3461-8574
open17:30 / close 26:00
(日曜・祭日・ライブ時15:00~26:00)
B.Y.G 公式サイト

関連記事はコチラ↓
・レコードの良さを身体で感じる。渋谷「record bar 33 1/3rpm(33回転)」

・ボイメンの「BMショップ&カフェ」が渋谷に出張!突撃レポ

・渋谷駅コインロッカー情報!絶対空いてる『穴場アリ』

\ SNSでシェアしよう! /

東京ルッチの注目記事を受け取ろう

BYG-16

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京ルッチの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

真戸原 直人

真戸原 直人

アンダーグラフのボーカル・真戸原直人です。初代編集長・本田カズマ氏と同郷という事で東京ルッチに参加!
メールマガジン〜月曜日の楽しみ〜と題して、結成から今まで日々の色んな事を月曜日に発信。今年は一年限定で木曜日に故郷「枚方」についてもメンバーで書いてます!「ツバサ2014」が無料配信中!是非!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ex%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%83%bc4

    EXシアター六本木へのアクセスを写真で完全ガイド!

  • EXシアター-6

    大きいのにどの席からも顔が見えるライブハウス!EXシアター六本木

  • BYG-16

    あの人もライブした!渋谷の歴史あるロック喫茶「B.Y.G」

  • 33kaiten-4

    レコードの良さを身体で感じる。渋谷「record bar 33 1/3rpm(33回転)」

関連記事

  • 20160123-DSC01926

    コメダのチョコ祭りを一足先に実食レポ!あのメニューまでチョコに!

  • 20151202-DSC09079-1

    中目黒のピーナツカフェはスヌーピー天国!グッズも紹介

  • 20151112-DSC07272

    渋谷のスポーツカフェ・バーを突撃レポ!おススメ店舗6選!

  • 20161110-dsc07806

    カワイイモンスターカフェの楽しみ方と割引情報を完全ナビ!

  • gundam-cafe-34

    秋葉原「ガンダムカフェ」の人気メニューやグッズをご紹介!

  • 20170110-P1060895

    カフェ巡りで見つけた渋谷のオシャレなカフェ10選!